2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は今年の3歳クラシックを賑わせたブラストワンピースを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬ブラストワンピースの戦歴

2018年のダービーの有力候補

 デビューから3連勝で毎日杯を制し、クラシックの有力候補へ。特にデビュー2戦目のダービーと同コースのゆりかもめ賞は、4馬身差の圧勝。毎日杯を制する以前から、ダービー馬候補と目されていた。満を持して迎えたダービーでは、1番人気は2歳王者ダノンプレミアムに譲ったものの、堂々の2番人気。しかし、スローペースの展開に屈し、自慢の末脚は先行勢を捉えられず、期待されたダービーは4着に終わった。

2018年の菊花賞1番人気

 秋のG1戦線へ向けて、ブラストワンピース陣営が選択したレースは新潟記念だった。神戸新聞杯などの菊花賞トライアルに出走せず、敢えて暑い時期、敢えて古馬との戦いと、消耗する要素が多々あるこの選択。陣営の意図には疑問が残るが、ブラストワンピースは古馬を一蹴。本番の菊花賞では1番人気に推された。しかし結果は4着と、ダービーに続いて馬券圏内を確保することは出来なかった。

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬ブラストワンピースの強味と弱点

安定感のある末脚

 クラシック本番では馬券に絡めなかったものの、きっちりと掲示板を確保した。ノーザンダンサー系らしい安定感、大崩れしない末脚は評価したい。鞍上の池添騎手がG1で強いことは、競馬ファンなら誰もが知る事実。今年はG1で結果を残せていないが、忘れた頃の一発がそろそろあっても不思議ではない。

クラシック連対歴の無い3歳馬

 3歳馬が強い有馬記念だが、過去10年、連対を果たしている馬はクラシックで連対歴がある馬だった。クラシックで連対歴のない3歳馬が馬券に絡んだ例は、2010年のトゥザグローリーの3着1回のみ。クラシック本番で結果を残せなった彼にとって、苦しいデータだ。

3歳牡馬のレベル

 今年の3歳勢が強い言われるのは、毎年恒例のことのように聞こえるが、今年の3歳牡馬勢のレベルはそれほど高くないのではと思われる。アーモンドアイ、ルヴァンスレーヴなどの活躍が目立つが、前者は牝馬であり、後者はダート馬。同世代のクラシック路線で人気に推されたステルヴィオがマイルCSを制したが、彼の適性は明らかにマイル以下。春先は適性外の中距離路線で苦戦しただけと見ている。中長距離で活躍したワグネリアンやエタリオウと同じく、この馬が今後も古馬になって活躍するかは疑問符がつく。

 

スポンサーリンク

ブラストワンピースの馬券のポイント

 恐らく単勝オッズ10倍付近の人気を集めると思われ、取捨に悩むところ。ただ前述の通り、個人的には今年の3歳牡馬のレベルは高くないと思っているので、彼を軽視した買い目になることだろう。

 

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー