2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は昨年のジャパンカップを制したシュヴァルグランを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬シュヴァルグランの戦歴

遅咲きの大器

 2歳秋にデビューし、2戦目で勝ち上がったものの、3歳春は重賞やトライアルで結果を残すことができず、クラシックに出走することは叶わなかった。しかし、3歳秋から500万、1000万、1600万条件と3連勝し、年明けの日経新春杯では2着に入る。続く阪神大賞典で重賞初勝利を飾ると、G1初挑戦となった天皇賞・春では3着と健闘。そこからG1レースの常連となる。

充実の5歳

 5歳になると、彼の走りはさらに輝きを増す。再び挑戦した天皇賞・春では、キタサンブラック、サトノダイヤモンド2強の下馬評を覆し、その間に割って入る2着を確保した。続く宝塚記念は時計の掛かる馬場と逃げを打ったことが裏目に出て惨敗、さらに秋初戦となった京都大賞典では、格下相手に取りこぼしての3着。

 秋の大目標となるジャパンカップは、その年の世界ナンバーワン騎手ボウマンを背に迎えることになったが、前2走の成績が嫌煙され、5番人気に止まる。しかし、その低評価をあざ笑うかのように、先行して直線半ばで抜け出すと、ダービー馬レイデオロ、当時現役最強馬キタサンブラックを負かし、G1初制覇。この年の最後のレースとなる有馬記念でも3着を確保した。

衰えを隠せない6歳

 6歳を迎えたシュヴァルグランの初戦は、大阪杯。ただ、休み明けや合わないスローペースに戸惑ったのか、13着に敗退。それでも次走、3度目の挑戦となった天皇賞・春では2着に入り、意地を見せる。秋は昨年と同じく京都大賞典から始動し、ジャパンカップ連覇に挑むも、両方とも4着に終わる。

 

2018有馬記念出走予定馬シュヴァルグランの強味と弱点

最強馬を負かした実力

 昨年のジャパンカップで、レベルの高い世代のダービー馬レイデオロ、歴代最高賞金獲得馬キタサンブラックを寄せ付けなかった実力は、やはり素晴らしく、無視できないものがある。

切れ味勝負は苦手

 スローペースになると、途端に脆さを出してしまう。上位に入るならば、ある程度ペースは流れて欲しいところ。

高齢と前走の反動

 6歳にしてよく走っているが、さすがにピークを過ぎた感じは否めない。有馬記念に出走した6歳以上馬は、かなりの苦戦を強いられている。前走のレコードタイムで4着した反動も気になるところだ。

スポンサーリンク

シュヴァルグランの馬券のポイント

 競走馬としてのピークが過ぎているのは、誰もが感じるところであろう。軸で買うような馬では無い。さほど人気にはならず、連軸の押さえとしては買っておいても良さそうだが、高配当を狙うなら、思い切って切ってしまうのも手だ。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー