2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は今年の凱旋門賞に挑戦したクリンチャーを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬クリンチャーの戦歴

持久力勝負で無類の強さを誇る

 デビューは年明けの3歳。デビュー戦は後方待機のまま、12着と大敗。続く未勝利戦は最低人気の評価を下されてしまう。しかし、前走から打って変わって逃げを選択したクリンチャーは、3馬身差で圧勝。低評価を覆し、単勝2万馬券の大波乱を演じる。さらに続くすみれSでは、後の菊花賞馬となるキセキが1番人気に推されていたが、ここも先行抜け出しから4馬身差の圧勝劇。クラシックでの好走も期待された。

 その後、トライアルを使うことなく、ぶっつけで皐月賞へ出走。ここも13番人気の低評価だったが、果敢に4角先頭の競馬をして、4着に粘り込む好走。しかし、2冠目のダービーは切れ味勝負に対応できず、13着と大敗。秋の復帰戦となるセントライト記念も同じくスローペースに屈し、9着と結果を残せずに終わる。

 三冠最後の菊花賞に挑むが、ここでも10番人気の低評価。しかし、降りしきる大雨と水の浮く馬場が、彼を大きく後押しした。すみれSで負かしたキセキには突き放されるものの、マクリ気味に上がっていったクリンチャーは、2着に粘り込む。

 3歳時は無類のパワーとスタミナで、クラシック戦線を沸かせた名脇役として活躍した。

適性を見込まれ世界一へ挑戦

 4歳になったクリンチャーは、京都記念へと駒を進める。相手にはダービー馬レイデオロ、皐月賞馬アルアイン、さらにはエリザベス女王杯を勝ったモズカッチャンなど、少頭数ながら好メンバーが名を連ねた。重馬場で迎えたこのレースで、彼は再び輝きを放つ。後方から早めに仕掛けて抜け出しを図ったレイデオロに対し、内からあっという間に差を詰め、リードを広げる。アルアインとレイデオロの壮絶な2着争いを尻目に、クリンチャーは1馬身の差をつけ、重賞初勝利。世代のクラシックホースをも負かす圧倒的なパワーとスタミナは、海外制覇の夢すら膨らませた。

 続く阪神大賞典は圧倒的な1番人気に推されるも、格下のサトノクロニクルにすら先着を許す3着。軽い馬場への対応は同馬の課題として常に付きまとった。それでも続く天皇賞・春では、ジャパンカップを勝ったシュヴァルグランなど強豪相手に3着と、結果を残した。

 規格外のパワーとスタミナが見込まれ、G1未勝利ながら、クリンチャーは世界最高峰として名高い凱旋門賞へ挑戦することとなる。しかし世界の壁は厚く、前哨戦のフォア賞は6着とシンガリ負け。本番の凱旋門賞は19頭中17着と大敗。日本競馬の悲願は、またしても絶たれてしまった。

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬クリンチャーの強味と弱点

日本馬随一のパワーとスタミナ

 再三紹介している通り、驚異的なのパワーとスタミナを持つ。馬場状態と展開よっては、圧勝しても不思議ではない。

切れ味不足

 スローペース症候群などと呼ばれて久しい現代日本競馬において、切れ味に欠けるのは致命的弱点。有馬記念においても上がり勝負になることは珍しくなく、そうなれば同馬のパワーとスタミナは全くあてにならないことになる。

体調面の不安

 海外挑戦という体力的にも精神的にも厳しい過程を踏んできた為、体調面の不安が拭えない。彼本来の実力や適性からすると、パワーを要するフランスの馬場であれだけ負けるのも考えられず、実は春以降、単に調子を落としている可能性も否定できない。

鞍上初コンビ

 福永騎手とは初コンビになるが、手の合っていた藤岡佑介騎手が乗れないのは痛い。馬主との不和があり、阪神大賞典以降、彼が跨ることはなかった。パワー型の同馬だけに、あたりの柔らかさが身上の福永騎手と合っているとは言い難い。

 

スポンサーリンク

クリンチャーの馬券のポイント

 海外での2戦の大敗で、ファンは疑心暗鬼になっていることだろうから、オッズの低下は免れない。数々の波乱を演じてきた彼だけに、連軸のヒモとして拾っておいて損はなかろう。京都記念の内容からすれば条件次第で頭も考えられるので、単勝の押さえでも面白い。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー