2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は一昨年のダービー馬マカヒキを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬マカヒキの戦歴

王道を突き進んだ3歳春

 短距離重賞で2勝したウリウリを姉に持つマカヒキは、デビュー前から評判が高く、新馬戦も圧倒的1番人気に応え、続く若駒Sでも圧勝。勢いそのまま弥生賞に挑むと、朝日杯で激戦を演じ、クラシック候補を目されていたリオンディーズとエアスピネルを破り、3連勝。クラシックの主役へと名乗りを挙げる。

 3番人気で挑んだ皐月賞は、ディーマジェスティに届かず2着に終わる。続く2冠目のダービーも3番人気に推される。後方一気の競馬を続けていた彼だが、前の残りやすいダービーでそれでは勝てないと踏んだ鞍上の川田騎手は、中段のインに付け、最後は内を割る博打に打って出る。それが功を奏し、マカヒキは早々と直線半ばで抜け出す。最後はサトノダイヤモンドの追撃をハナ差で押さえ、ダービー馬の栄冠に輝く。

果敢に挑んだ世界一

 ダービー馬として、日本の代表として、マカヒキは世界最高峰の凱旋門賞への出走を敢行。前哨戦のニエル賞を勝利し、本番と同じ舞台を克服。本番でも大きく期待が膨らんだ。しかし、凱旋門賞では直線で失速し、いいところなく16頭中14着と大敗してしまう。

苦戦の続く古馬戦線

 4歳になり京都記念から始動することになったマカヒキ。しかし、ここから先輩古馬たちの壁にことごとく跳ね返されることになる。京都記念は3着、大阪杯は4着と人気を集めた割には不本意な結果に終わる。秋は毎日王冠、天皇賞・秋、ジャパンカップと古馬の王道を突き進むも、すべて馬券圏外と、結果を残せなかった。賞味期限の早いディープインパクト産駒であり、3歳の時点ですでにピークが過ぎてしまったか。

輝きを取り戻しつつある5歳

 2018年は長期休養を挟み、夏の札幌記念から始動。洋芝の稍重という条件で、マカヒキにとって決して得意とは言えない馬場だったが、後の天皇賞・秋で2着に入るサングレーザーと僅かなハナ差2着と、復活の兆しを見せる。続く天皇賞・秋では3番人気に推されるも7着に終わるが、上がりは3位と地力を示している。

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬マカヒキの強味と弱点

切れ味抜群の末脚

 ダービーを制した切れのある末脚は、国内でもトップクラスのものを持っている。外を回される展開になると苦しいが、ダービーのように上手く内を突ければ、このメンツでも馬券圏内は十分可能性あり。

岩田騎手への乗り替わり

 人気薄のクロコスミアをエリザベス女王杯で2着に持ってくるなど、最近乗れている岩田騎手。5歳を迎えて多少ズブさを見せるマカヒキにとって、彼の剛腕は大きな味方になるだろう。

レベルに疑問の5歳世代

 ダービーで共に接戦を演じたサトノダイヤモンドが古馬になってなかなか結果を残せていないように、この馬も古馬になって苦しい戦いが続いている。この世代の実力には疑問があり、さらにはディープ産駒でピークが早いので、5歳秋でさらに上昇するとは考え辛い。地力不足であっさり負ける可能性が高いことは、否定できない。

 

スポンサーリンク

マカヒキの馬券のポイント

 地力不足の懸念は否めないので、軸や複勝1点買いなど、強気な選択は危険。ただ、切れ味は随一のものを持っているので、スローペースで上手くインを捌ければ、馬券圏内は十分に考えられる。相当な人気薄になっていることは間違いないので、ヒモとしては最適だ。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー