2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は今年の宝塚記念を制したミッキーロケットを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

2018有馬記念出走予定馬ミッキーロケットの戦歴

下積み時代の3~4歳

 2歳の年末にデビューし、2戦目で勝ち上がる。その後は惜しいレースが続き、抽選で皐月賞への出走を果たすが、13着。マカヒキやサトノダイヤモンドといった世代のトップクラスに実力差を見せつけられてしまう。

 皐月賞後は一息入れ、夏競馬から精力的にレースをこなす。北海道開催で2勝をあげた後、神戸新聞杯へ出走すると、じわじわと蓄えられたその実力は世代のトップを脅かす。ダービー2着のサトノダイヤモンドに最後はねじ伏せられたものの、クビ差2着を確保。本番の菊花賞では4番人気に推されるも5着に終わり、年内の戦いを終える。

 4歳になって早々、日経新春杯へ出走すると、堂々の一番人気に推される。その期待に応え、同期の上がり馬シャケトラをハナ差で破り、重賞初制覇。古馬になって順調な滑り出しを見せるも、その後は苦しい戦いが続き、馬券内にきたのは格下が揃った中日新聞杯の2着のみ。G1で掲示板にすら入ることなく、地力の壁が感じられた。

仕切り直しの5歳

 明け5歳、昨年制した日経新春杯から始動するも4着に敗れる。さらに続く京都記念でも7着に敗れるなど、なかなか思うような走りが出来ない。しかし、その後出走した天皇賞・春で0.2差の4着に好走すると、調子を上げる。その勢いのまま宝塚記念に出走すると、7番人気という低評価を覆し、香港からの刺客ワーザーの追込みをクビ差で振り切り、見事グランプリホースの栄冠を手にした。

 休み明けぶっつけで挑んだ天皇賞・秋は、強い4歳世代の前に屈したものの、5着と健闘。4着の皐月賞馬アルアインとは僅かハナ差で、休み明けを考えれば上々の結果と言える。

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬ミッキーロケットの強味と弱点

勝負根性と器用さ

 今年の宝塚記念のレベルはG2クラスと言っても過言ではないが、決して得意ではない力の要る馬場で、ワーザーの追撃を振り切った勝負根性、インコースから追い上げて抜け出した器用さは、有馬記念でも大いに役に立つ武器だ。

余裕のあるローテ

 消耗の激しいレースとなったジャパンカップを避け、有馬記念に照準を定めたきたことは、有利に働く。

実力に疑問の5歳世代

 正直なところ、現5歳世代の実力に疑問符が付く。世代のクラシックホースであるマカヒキやサトノダイヤモンドが、古馬になって結果を残せていないところを考えると、世代の実力が低いのではと疑わざるを得ない。ただ、その中でもトップの実力があるのは、現状ではこの馬だろう。天皇賞・秋でアルアインと休み明けでハナ差勝負まで食らいついたことは、素直に評価したい。

 

スポンサーリンク

ミッキーロケットの馬券のポイント

 4歳世代のトップであるレイデオロやキセキとの実力差が大きいことは否めないが、近走の状態の良さを考えれば、人気次第では確実に相手として拾っておきたい一頭。キングマンボ系は有馬記念で2~3着の穴をよくあける。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー