2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は昨年のセントライト記念を制したミッキースワローを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬ミッキースワローの戦歴

デビューは遅れる

 デビューを迎えたのは明け3歳の2月末とやや遅め。デビュー戦は5着に終わるも、翌月の未勝利戦で勝ち上がり、続く条件特別戦も連勝。ダービートライアルの京都新聞杯に挑戦するが5着に終わり、春のクラシック出走は叶わなかった。

 その後、夏の福島で1走した後、休み明けでセントライト記念に挑む。圧倒的1番人気は皐月賞馬アルアイン。2勝馬ながら、ミッキースワローはそれに次ぐ2番人気だった。レースは早々と先行逃げ切りを図るアルアインを、ミッキースワローが鋭い末脚で捉えにかかる。切れ味に勝る彼の末脚は、皐月賞馬をあっという間に突き放し、最後は1馬身半以上の差をつけ勝利。一躍、菊花賞の有力候補になった。

 菊花賞は3番人気に支持されるミッキースワロー。しかし、切れ味を身上とする彼にとって、水が浮くほどの泥んこ馬場が大きな壁として立ちはだかった。4コーナーからマクリ気味に上がっていき、早めに勝負をしかけるも最後は失速して6着。G1制覇の夢は来年以降に持ち越しとなった。

課題を残す4歳

 明け4歳の緒戦は、自らが制したセントライト記念と同じ舞台のAJCCで、堂々の1番人気に推される。しかし、緩やかな流れの中で先行策を取った同期のダンビュライトに突き放され、2着に終わる。一息入れた年明け2戦目には大阪杯に出走し、2度目のG1挑戦。上がり2位の脚で追い込むが、5着に終わる。夏場には札幌記念に出走するも、菊花賞と同じく力の要る馬場に苦戦し、13着と大敗。

 間を空けて挑んだジャパンカップは、前の止まらない展開の中、最速の上がりで5着に追い込み、地力の高さを見せる。しかし、自らレースを作れない追い込み一手の不器用さ、力の要る馬場への対応と、グランプリ制覇に向け、課題は多く残されている。

 

2018有馬記念出走予定馬ミッキースワローの強味と弱点

世代トップの末脚

 切れ味鋭い末脚は、レベルの高い4歳世代でも随一。レイデオロに勝るとも劣らないものを持っていると言っても過言ではない。展開次第では上位を脅かすだけの力はある。

不器用な脚質

 展開の助けが必要な脚質であることは間違いない。好走には展開や枠順、あるいは馬場状態など、ある程度の条件が重ならないと厳しい。

前走の反動と体質の弱さ

 休み明けでレコード決着の前走を好走した反動も気になる。間を空けて使われていることも、調整に難があり、体質の弱さがあることを匂わせてならない。

 

ミッキースワローの馬券のポイント

 前走の内容からすると、ここでも通用する地力があって不思議ではない。懸念点も多くあり、軸はさすがに厳しいが、連軸で押さえておきたい。鞍上は内を捌くことに定評があるので、枠順次第で投資金額の調整を図るのが賢い選択だ。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー