2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は昨年エリザベス女王杯を制したモズカッチャンを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

2018有馬記念出走予定馬モズカッチャンの戦歴

2017年エリザベス女王杯を制覇

 デビュー3戦目で初勝利を挙げると、そこから3連勝でフローラSを勝利。オークスの出走権を得る。フローラSは12番人気での勝利だった為か、オークスでは6番人気に止まる。しかし、その低評価を覆し、ソウルスターリングの2着に健闘し、春のクラシック戦線を終える。

 秋の初戦となったローズSでは7着に敗れるも、叩き2戦目で臨んだ秋華賞は3着と馬券圏内を確保。続くエリザベス女王杯では、逃げ粘るクロコスミアをゴール直前で捉え、怒涛の末脚を繰り出す2冠牝馬ミッキークイーンの追撃を退け、見事、古馬を一蹴して戴冠を果たした。

2018年は勝ち星がないものの

 明け4歳となった始動は、京都記念から。昨年のダービー馬レイデオロ、皐月賞馬アルアイン、菊花賞2着馬クリンチャーと一線級が揃ったが、3着レイデオロにハナ差の4着と健闘。一流の牡馬と混じっても遜色ない実力があることを示した。その後、ドバイに挑戦するも6着。春はこの2戦のみで終えた。

 夏の札幌記念に出走すると、後の天皇賞2着となるサングレーザーと差の無い3着と健闘。連覇のかかったエリザベス女王杯は1番人気に推されたが、2着に離されての3着に終わった。

 2018年は今のところ勝ち星がないものの、悪くない内容で堅実に結果を残している。

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬モズカッチャンの強味と弱点

大崩れしない走り

 札幌記念では後方から追込み、エリザベス女王杯では好位から競馬をするなど、自在性に富み、大崩れしない競馬ができることが特徴だ。この辺は実にノーザンダンサー系らしい。

レベルの高い世代

 4歳世代は非常にレベルが高いとされているが、それは牝馬においても同じことが言える。ディアドラがドバイで3着、リスグラシューが香港で2着するなど、同期の活躍馬は海外で結果を残している。

勝ち切れない詰めの甘さ

 大崩れしないことは、勝ち切れないことの裏返しともいえる。一線級牡馬相手にも好走できる力はあるが、勝ち切るまでの決め手に欠けることは否めない。

スポンサーリンク

モズカッチャンの馬券のポイント

 元々休み明けは走らない馬なので、前走は度外視しても問題ない。叩かれた今回の上積みは必至。スワーヴリチャード回避でミルコ騎手が変わらずに跨ってくれるのも心強い。勝ち切れないタイプなので単勝や頭から買うのはご法度だが、連軸の相手として買うなら積極的に狙っていきたい一頭だ。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー