2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は今秋のアルゼンチン共和国杯を制したパフォーマプロミスを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

2018有馬記念出走予定馬パフォーマプロミスの戦歴

最高に遅いデビュー

 デビューを迎えたのは3歳9月の秋と、最高の部類の遅いデビュー。7番人気に甘んじたデビュー戦だったが、秘められた素質はここまでなかなか勝てなかった馬たちを嘲笑うかのように花開き、2馬身半の差をつけて圧勝した。続く500万、明け4歳で一息入れて臨んだ1000万と連勝し、順調に勝ち上がっていく。しかし、次走の降級戦となった1000万条件戦、1.6倍の圧倒的1番人気に推されるも、6着と敗れてしまう。

 4歳春になってもソエを痛がっており、レース間隔を空けて使っていたことを考えると、まだまだ競走馬としてまともに走れる身体ではなかったことが窺える。しかし、それは高い将来性の裏返しであったことは言うまでもない。

勝ちきれない5歳時

 明け5歳になり、年明けに復帰したパフォーマプロミスだが、以前勝利した1000万条件をなかなか勝てず、準オープンに上がるまで3戦を要した。その後、準オープンクラスで好走を続けるものの、勝ちきれないレースが続いた。晴れてそこから脱出できたのは、年末のグレイトフルSであった。

 5歳時の彼の走りは、相手なりに走る典型的なステイゴールド産駒を象徴していたように見える。

素質開花の6歳時

 ようやくオープン入りしたパフォーマプロミスは、年明けに日経新春杯へ出走し、重賞初挑戦。6歳の上り馬という身ながら、1番人気に推される。ミルコ騎手を背に迎えた彼は、逃げ粘るロードヴァンドールを捉え、見事重賞初挑戦で初勝利。遅咲きの大器がようやく花を咲かせた。

 休み明けで挑んだ目黒記念は再び1番人気に推されるも、差のない3着。次走は宝塚記念に出走し、G1初挑戦。しかし、後方待機からなかなか差を詰められず、9着と惨敗。一線級相手ではまだまだ力不足であることを露呈した。

 仕切り直しの秋緒戦。選んだのはアルゼンチン共和国杯。3番人気に支持された彼は、超スローペースを上手く折り合い、上がり2位となる32.6秒の末脚で重賞2勝目を飾る。上がりのかかる競馬だけでなく、切れ味勝負でも負けない柔軟性を見せたことは、6歳秋にしてまだまだ成長できる余地を感じさせる。

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬パフォーマプロミスの強味と弱点

晩成ステイゴールドの血

 有馬記念でステイゴールド産駒が強いことは、競馬ファンの間では周知の事実。晩成ステイゴールドの血、3歳秋デビュー、また4歳春までソエを痛がっていた彼の戦歴やプロフィールを鑑みると、6歳という高齢でも侮れない。

とはいえやはり高齢馬

 有馬記念で6歳以上馬は苦戦を強いられている。未だ成長力を感じさせるパフォーマプロミスといえど、このデータは無視できない。宝塚記念の結果を見ると、一線級相手に立ち向かえる程の地力がある点も疑問だ。

 

スポンサーリンク

パフォーマプロミスの馬券のポイント

 年齢のことを考えると、ステイゴールド産駒とはいえ強気にはなれない。連軸のヒモで押さえる程度が妥当だろう。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー