2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は今年の秋の天皇賞を制したレイデオロを評価する。

 

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

2018有馬記念出走予定馬レイデオロの戦歴

2017年のダービー馬

 昨年のダービー馬であるレイデオロ。ダービーを制した後も菊花賞トライアルである神戸新聞杯を制した後、ジャパンカップへ向かい一線級古馬に挑戦。シュヴァルグランに屈したものの、当時現役最強と言われたキタサンブラックを交わし、2着を確保。3歳時充実ぶりから、今年の活躍は確約されたように思われた。

春先の海外挑戦

 しかし、春先は試練を強いられた。今年緒戦の京都記念では、同期の菊花賞2着馬クリンチャー、皐月賞馬アルアインに遅れを取る3着に屈する。さらにその後のドバイ挑戦も4着に終わった。京都記念は重馬場、ドバイシーマクラシックも2分29秒台と時計がかかっており、スタミナ、パワー勝負に弱いところを見せてしまう。

充実の4歳秋

 仕切り直しの秋の国内緒戦。中山2200mが舞台のオールカマーを選んだレイデオロ陣営は、春の鬱憤を晴らすかのようなレースぶりを見せる。京都記念では先着を許した同期の皐月賞馬アルアインを、ゴール前クビ差で捉えて雪辱。続く天皇賞・秋では上がり2位となる33.6秒の末脚を発揮し、1馬身1/4差を付け完勝。天皇賞は1~4着は全て4歳馬であり、世代のレベルの高さが窺えた。その中で勝利を収めたレイデオロは、間違いなく現役最強の一頭と言えるだろう。

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬レイデオロの強味と弱点

国内屈指のスピードと切れ味

 3歳春までは追い込み一手の不器用な馬だったが、精神的に成長した3歳秋からは好位からの競馬も出来るようになり、ある程度の自在性も得た。前残りの展開でも差して届かずといった心配もなくなった。抜群の切れ味と好位で折り合える精神力。6つのコーナーを回るトリッキーなコースを走ることになる有馬記念でも、その2つの強味は大きな武器となるだろう。

持久力とパワーの不足

 キングカメハメハ産駒らしい切れ味を持つ当馬だが、逆にそれは持久力とパワーの不足が懸念される。春先で負けた2戦は、まさにそれを象徴していた。有馬記念は切れ味勝負になることもあれば、持久力勝負になることもある。スタミナが問われるような展開を作り出す逃げ馬がいると、ゴール前の坂でパッタリと止まる可能性もある。

 

スポンサーリンク

レイデオロの馬券のポイント

 1番人気になることは確実のレイデオロ。多くの人がこの馬を軸に馬券を組み立てることになるだろうが、この馬の持久力不足は2度の坂越えを強いられる中山2500mの舞台においては、大きな懸念となる。ペースが落ち着けばあっさり勝ってしまうことは容易に考えられるが、ハイペースの持久力勝負、または時計のかかる馬場になるようだと、掲示板すら危うい状況も考えられる。

 この馬を軸にするということは、当然相手も絞らなくては馬券的妙味は少なくなる。ヒモ荒れを狙って多点買いをしても、この馬が飛んでしまう可能性も十分ある。この馬の1番人気は確実であるが、絶対的な存在とは言えない点が、今年の有馬を難しくする。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー