2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は今月初めに行われたステイヤーズSを制したリッジマンを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬リッジマンの戦歴

道営デビューから中央移籍

 日本最長距離の重賞を勝つことになる同馬のデビュー戦は、門別のダート1000mと真逆の条件だった。しかし、彼はそこで勝利をあげる。その後の門別での2戦は冴えなかったが、中央初参戦のクローバー賞で、最低人気ながら2着に逃げ粘る。その後、秋には栗東の庄野厩舎に移籍。マイル以下のの短い距離を使われ続けるも、なかなか2勝目をあげることができなかった。

 待望の2勝目が訪れたのは、地元北海道開催の芝1800m戦だった。やはり北の大地の空気がこの馬には合うのだろうか。4歳時はその1勝のみに終わった。

ステイヤーの道へ

 明け4歳になったリッジマンは、芝の中距離を中心に使われるも、掲示板にすら載ることができず、なかなか結果を残せない。再び迎えた夏の北海道開催。ここで彼は函館の芝2600m戦と、初めて長い距離へ挑戦する。そこで4着に入ると、続いても札幌の同条件のレースに挑むと、あっさり3勝目をあげる。その後2戦も同じく2600m戦を使われ、2着→1着といずれも好走。長距離への適性を示し始めた。

 5歳になると、準オープン馬の身ながら、OP特別の長距離戦である万葉Sに挑戦。そこで2着に入る。さらには重賞初挑戦となったダイヤモンドSでも2着に入り、ステイヤーへの道を着々と歩み始めた。春の東京開催では、メトロポリタンSと目黒記念に出走するも、スローペースに泣き大敗。スピード不足はこの馬にとって大きな課題となった。

 夏は再び同郷に戻り、得意の札幌芝2600m戦のOP特別に出走。5番人気の評価ながらも勝利。北海道の長距離戦においては、この馬にとって負けられない条件だった。そして師走に入り、日本最長レースであるステイヤーズSに挑戦。同レース3連覇中のアルバートが出走を回避したことも功を奏したか、1番人気に推された彼は、驚異のスタミナを発揮し、重賞初勝利をあげる。有馬記念への切符を手にした。

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬リッジマンの強味と弱点

驚異的なスタミナ

 3000m以上ではパーフェクト連対、そしてステイヤーズSを制したスタミナが最大の武器。時計のかかる展開になれば、好走も可能か。スゥエプトオーヴァーボード産駒はダート、芝、短距離、長距離問わず排出するので、非常に特異で面白い種牡馬だと実感。

スピード不足

 今年の東京の2戦でまったく勝負にならなかったように、切れ味とスピード不足は否めない。有馬記念はスタミナだけで押し切れる程、簡単なレースではない。前走ステイヤーズS組が散々な結果に終わっているのも、気になるところだ。

 

スポンサーリンク

リッジマンの馬券のポイント

 人気はまったくないだろうから、押さえてもおいても損はないが、好走するイメージは浮かばない。良くても3連複、3連単の押さえくらいしか価値が見いだせない。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー