2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は昨年の札幌記念を制したサクラアンプルールを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

2018有馬記念出走予定馬サクラアンプルールの戦歴

長く険しい下積み時代

 3歳時はクラシック戦線を賑わし、晩年は宝塚記念で2着するなど息の長い活躍をしたサクラメガワンダーの弟である当馬。デビューは3歳春だったが、新馬、未勝利2走とも大敗。その後門別で2勝するなど、変則的なローテをこなす。3歳時はその4戦のみ。

 4歳の年明けに復帰。500万条件で惜しい競馬を続けるも、結局4歳時は1勝もできなかった。しかし5歳なると、年明けにあっさり勝利。続く1000万条件も連勝する。準オープンに上がるとしばらく勝てなかったが、年末の美浦Sで勝利し、晴れてオープン入りを果たす。

 2歳時から重賞を勝って活躍した兄とは違い、オープン入りまで3年と15戦を要すなど、彼は叩き上げの晩成タイプであった。

素質開花の6歳

 オープン入り後、いきなり1月末の白富士Sで2着に入り、地力の高さを見せる。そして重賞初挑戦となった中山記念。彼が長らく磨きをかけていた末脚は、ここで光り輝く。後の香港のG1を制すネオリアリズムが先行抜け出しを図る中、サクラアンプルールは内から鋭い末脚を見せ、3/4差の2着に追いすがる。

 その後、G1初挑戦となった大阪杯は13着、一息入れて挑んだ函館記念は9着と、不本意な結果に終わる。力の要る馬場、持久力勝負になると脆さを見せた。しかし、続く札幌記念では、願ってもないスローペースに落ちつく。内枠を引いた彼は、インコースで足を貯め、直線に入ると力強く抜け出す。人気薄のナリタハリケーンに最後は詰め寄られるが、振り切って重賞初勝利。晩成の血が、ここでようやく花開いた。

 秋になると、天皇賞・秋、有馬記念と、古馬の王道へ果敢へチャレンジ。前者は不良馬場に泣かされ8着。後者は最後の勝負どころで立ち上がるほどの不利を受け、シンガリ負けとツキがなかった。

 

未だ衰えぬ切れ味

 7歳になっても、現役を続行。始動は昨年好走した中山記念から。前半59秒前半と早い流れになり、苦手とする展開となったが4着に入る。持久力勝負でもある程度の結果を示した。続く日経賞では得意のスローペースとなり、3着と馬券圏内を確保。流れ次第では距離をこなせることも示した。

 夏も精力的に走り、昨年と同じく函館記念と札幌記念に出走。函館記念は淀みのない流れの中2着に入り、持久力勝負を完全に克服。荒れ馬場となった札幌記念は6着と敗れ、力の要る馬場への課題を相変わらず示した。しかしハイペースの中、マクリ気味の早仕掛けで押し切りを図っての6着は、評価できる。

 前走は天皇賞・秋に挑戦し、6着。さすがに相手が強かったが、ダービー馬マカヒキに先着したところを見ると、まだまだ切れ味は衰えを感じさせない。

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬サクラアンプルールの強味と弱点

衰え知らずの切れ味

 7歳になっても未だ衰えぬ切れ味鋭い末脚は、魅力十分。兄と同じく息の長い活躍を見せている。今年春には日経賞で3着に入るなど、ペース次第では距離をこなせるようになったこともプラス材料だ。切れ味勝負成った昨年も、不利が無ければ馬券に絡んでいたことは間違いない。

有馬で猛るキングマンボの血

 キングマンボの血は有馬記念で数々の波乱を演じてきた。トゥザヴィクトリーの息子達、エイシンフラッシュ、さらに遡ればアメリカンボスがいる。いずれもスローペースに落ち着いた時に激走している。切れ味が身上の同馬にとって、心強いデータだ。

実力不足

 さすがにこのメンバーでは、地力は一枚劣る。正攻法での好走は厳しい。距離にも不安があるので、内枠が欲しいところ。

 

スポンサーリンク

サクラアンプルールの馬券のポイント

 ある程度ペースが流れると踏んでいるのであれば一銭もいらないが、スローペースになると読んでいるのであれば、最大の惑星馬となり得る。どちらにせよ人気はないだろうから、ヒモで拾っておいて損はない。ただ、軸は無理。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー