2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は一昨年の有馬記念を制したサトノダイヤモンドを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

2018有馬記念出走予定馬サトノダイヤモンドの戦歴

エリート街道まっしぐらの3歳時

 2歳秋にデビューすると、圧倒的な1番人気に応え、初戦から圧勝劇を演じる。続く条件戦も圧勝すると、重賞初挑戦となったきさらぎ賞でも他馬を寄せ付けない圧倒的な強さで勝利。

 トライアルは使わず、ぶっつけで皐月賞に挑むも1番人気に支持される。しかし、2歳王者リオンディーズが引っ張るハイペースを早めに追いかけたことが仇となり、後方で待機していたディーマジェスティ、マカヒキに交わされ、3着に終わる。2冠目のダービーは皐月賞を勝ったディーマジェスティに次ぐ2番人気に支持される。レースは最後の直線、皐月賞2着馬マカヒキとの一騎打ちとなり、激しい追い比べに。ほんの僅かのハナ差で敗れ、春は無冠に終わる。

 ひと夏越した秋初戦となった神戸新聞杯では、上り馬のミッキーロケットをねじ伏せ、順調なスタート。続く本番の菊花賞では皐月賞ディーマジェスティとの2強ムードとなるが、終わってみれば2馬身半差の圧勝で、最後の一冠を獲得。年末には有馬記念への出走を決め、古馬へ挑戦。最後の直線は古馬最強と目されていたキタサンブラックと、前年の有馬記念の覇者ゴールドアクターと、壮絶な追い比べに。サトノダイヤモンドは坂の途中で2頭に突き放されるが、残り100m付近で再びエンジンがかかる。ゴール直前でキタサンブラックを交わし、見事G12連勝。

 華々しいクラシックの王道を突き進み、古馬の一線級も負かして世代トップの名を欲しいままにした。翌年は海外挑戦を明言するなど、競馬ファンに大きな夢を託された。

 まさに、スターホースとして駆け抜けた3歳時であった。

苦しい戦いが続いた4歳

 無限の可能性が広がっていたサトノダイヤモンドだったが、古馬になってからは苦戦が強いられた。

 4歳緒戦の阪神大賞典こそ、実力馬シュヴァルグランを楽々負かし、上々の立ち上がり。続く天皇賞・春では、キタサンブラックとの完全な2強ムード。有馬の再戦とファンは沸いていたが、結果はキタサンブラックを捕まえることが出来ず、さらには前走軽々負かしたはずのシュヴァルグランにも先着を許し、3着に終わる。

 凱旋門賞挑戦を前に不穏な空気が流れていたが、その悪い流れを引きづったまま、フランスでも苦しい戦いが続いた。前哨戦のフォア賞は6頭中4着、本番の凱旋門賞は18頭中15着と、ファンの期待を裏切る結果となってしまった。

 海外の時計のかかる馬場は合わなかったのか。兎にも角にも、彼は現役を続行し、来季は国内で仕切り直すこととなった。

輝きは未だ戻らずの5歳

 5歳となったサトノダイヤモンドが復帰初戦に選んだレースは金鯱賞。前年のダービー2着馬スワーヴリチャードがいるなど相手に不足は無かったが、同僚のサトノノブレスにも先着を許す3着に終わる。続いて大阪杯、宝塚記念とG1に続けて挑むが、7着、6着と掲示板にすら入れず、3歳時に見せた活躍は未だに戻らない。

 秋初戦の京都大賞典はシュヴァルグランなどがいたが、基本的には格下が揃ったメンバーで負けられないレース。2番人気に支持された彼は、牝馬レッドジェノヴァの追撃を振り切り、約1年半ぶりの勝利。次走のジャパンカップに向け、弾みをつけた。迎えたジャパンカップは最強牝馬アーモンドアイ、巻き返しに燃えるスワーヴリチャードに続く3番人気に支持される。しかし、一昨年の有馬記念で見せた走りとは程遠い走りで、アーモンドアイから1秒以上も離される6着に終わる。

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬サトノダイヤモンドの強味と弱点

キタサンブラックを負かした切れ味

 好位から競馬ができるレースセンスと切れ味が、最大の持ち味。何より、3歳時には有馬記念でキタサンブラックを負かすほどの地力は忘れてはならない。

消耗戦のジャパンカップ

 照準を合わせていたジャパンカップ。更にはそこをレコードタイムで駆け抜け、消耗してしまった感は否めない。上積みは疑問。

ピークの早いディープ産駒

 基本的にディープインパクト産駒の賞味期限は3歳秋まで。古馬になってからの不調は、単にピークが過ぎてしまっただけかもしれない。

 

スポンサーリンク

サトノダイヤモンドの馬券のポイント

 ジャパンカップの負け方から、見切りを付けるファンも多くなかろう。それほど人気はしないと思われるので、相手としては拾いやすい。ただ、競走馬として完全にピークを過ぎており、強いメンツが揃ったここも苦戦は必至。厚めに買うことは推奨できない。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー