2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は重賞4勝の名牝スマートレイアーを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

2018有馬記念出走予定馬スマートレイアーの戦歴

遅れてきた大物

 デビューは3歳春の未勝利戦と遅れるものの、あっさりと初戦勝利。続く500万条件も連勝。一息入れた夏の1000万条件戦は4着に敗れるが、次走はすぐに巻き返し、3勝目。トライアルは使わず、直行で秋華賞に挑むと、条件馬の身ながら堂々の2番人気に支持される。

 レースは後方に待機し、直線一気の追い込みを披露。オークス馬メイショウマンボに届かず、2着に終わったが、実力のあるところを十二分に見せつけた。年内最後は愛知杯に出走し、1番人気に推されるも、6着に終わる。

 3歳時に重賞制覇はならなかったものの、世代屈指の実力馬として、今後の牝馬戦線の中心になる馬と目され、活躍が期待された。

歯痒いレースが続く

 4歳の緒戦はオープン特別の大阪城Sから始動する。1番人気に支持された彼女は、ここを1分45秒台の好タイムで勝つ。続く阪神牝馬ステークスも1番人気に推され、最後方からの一気の追い込みで重賞初制覇。二度目のGI挑戦となったヴィクトリアマイルも1番人気となるが、8着と惨敗。

 その後は追い込み一手の不器用な面が、彼女を勝ち星から遠ざけた。4、5歳の間は速い上がりを繰り出し続けるものの、重賞では連対までに止まり、G1では馬券に絡むことすら出来なかった。5歳最後のレースとなったエリザベス女王杯も5着に終わるが、前走トライアルとなる府中牝馬ステークスを1番人気で2着と好走を見せて8番人気の低評価。G1では要らない馬と、ファンは評価してしまっていた。

変幻自在の魔女へ

 6歳となっても彼女は現役を続行。6歳緒戦は東京新聞杯を選択し、鞍上は吉田隼人騎手。彼を初めて背にしたスマートレイアーは、驚愕の変貌を遂げる。スタートからハナを切ったのだ。追い込み一手のイメージが先行していたファンは、その姿に驚きを隠せなかった。そしてそのまま逃げ切り、重賞2勝目を果たす。続く阪神牝馬ステークスでも逃げて連勝。このレース2度目の制覇。先行策を覚えた彼女は、ヴィクトリアマイルで待望のG1制覇が期待され、3番人気に推された。しかし、ここも4着と馬券に絡めず、G1の壁が彼女を阻み続けた。

 この年の年末には香港遠征を敢行し、世界の強豪相手に5着と健闘。さらに7歳になっても彼女の勢いは衰えない。牡馬の中距離路線にシフトチェンジし、京都記念に挑む。前年のダービー馬・マカヒキなどがいたが、香港G1を制したサトノクラウンに次ぐ2着と好走。秋の京都大賞典では再び末脚勝負に徹し、牡馬を一蹴し重賞4勝目。

 短距離から長距離まで走り、さらには逃げては追い込むなど、まさに変幻自在の魔女のような走りで、彼女はファンを魅了した。

息長く活躍する人気馬に

 8歳になると大阪杯、天皇賞・春、宝塚記念と、牡馬一線級の王道を走り続ける。しかし、8歳となった彼女の走りには、さすがに陰りが見え始めていた。今秋は比較的レベルの劣る京都大賞典とエリザベス女王杯に出走するが、掲示板を確保できず、見せ場を作ることすら出来なかった。

 それでも懸命に走る続ける彼女の姿に応援し続けるファンは多い。彼らは彼女を「レイアー姐さん」と尊敬の念を込めて呼び、熱い視線を送り続ける。その思いが通じたのか、今年は宝塚記念に続く2度目のグランプリ出走。変幻自在の白い魔女は、有馬でどんな魔法をかけてくれるのか。

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬スマートレイアーの強味と弱点

自在性に富むレースセンス

 8歳まで走り続けた彼女の経験は、逃げ差し関係ない自在性を身に付けさせた。極端な展開になれば、そのレースセンスが功を奏すかもしれない。

衰えは隠せない

 8歳を迎えた今年、さすがに衰えを隠せないようで、掲示板にすら載れない成績。地力不足は否めない。

 

スポンサーリンク

スマートレイアーの馬券のポイント

 本気で稼ごうと思うなら、さすがに彼女にまで手は回らない。ここまで走り続けた敬意を表し、単複の応援馬券が妥当だろう。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー