2018年有馬記念に出走を予定している馬を、独自の目線で評価する。馬券の参考や応援など、より有馬記念を楽しむための一助になれば幸いである。

 今回は名シルバーコレクター・サウンズオブアースを評価する。

 ※有馬記念出走予定馬と予想オッズ
https://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201806050811

 ※有馬記念出走決定順
http://www.jra.go.jp/keiba/tokubetsu/pdf/2018/arima.pdf

 

スポンサーリンク

2018有馬記念出走予定馬サウンズオブアースの戦歴

3歳秋の急成長

 デビューは2歳の秋。単勝1倍台の人気に推されるも、5着。その後も1番人気に支持され続けるが、なかなか勝てず、4戦目でようやく初勝利。初勝利を挙げた後、若葉ステークスに出走し、皐月賞の権利を求めるも3着止まり。仕切り直しの500万条件戦のはなみずき賞では単勝1倍台に支持され、ハナ差で何とか勝利する。しかしそれ以来、未だ彼は勝ち星から遠ざかっている。

 勝てないものの、相手なりに好走を続ける彼の走りは、競馬ファンの間では周知の事実。そんな善戦マンとしてのサクセスストーリーは、京都新聞杯で2着に入り、ダービーの権利を取った時から始まる。ダービーこそ11着と大敗するも、秋に急成長を遂げ、神戸新聞杯はダービー馬ワンアンドオンリーの2着。本番の菊花賞はレコード決着の2着。世代のトップに躍り出た彼は、古馬になってからの活躍が期待された。

最強の2勝馬へ

 4歳緒戦は日経賞を選択。1番人気に推されるも、4着に終わる。その後も京都大賞典2着など歯痒いレースが続く。ジャパンカップを0.3差の5着で終え、有馬記念に出走すると、菊花賞で負かしたゴールドアクターにクビ差及ばなかったものの、堂々2着。

 5歳になっても同じように、勝てないものの重賞レースで上位に入る走りを見せる。特に2度目の挑戦となったジャパンカップでは、キタサンブラックが作り出したスローペースの中、2着と好走。

 上がりのかかるスローペースでは絶大な強さを見せ、2勝馬ながらG1で2着が3回と、大レースの常連として輝きを放ち続けた。

衰えは隠せない

 6歳以降も現役を続けるが、今回まで一度も馬券圏内に入れず、苦しい戦いが続いている。特にレコード決着となった前走はシンガリ負けと、高速馬場への対応が厳しくなってきており、衰えは隠せない。

 4度目の有馬記念挑戦となるが、これまでの経験を活かし、再び善戦マンとしての嘶きを大地に響かせることができるだろうか。

 

2018有馬記念出走予定馬サウンズオブアースの強味と弱点

上がりのかかるスローペースで本領発揮

 切れ味で勝負する馬であることに間違いないが、33秒を切るような軽い馬場での切れ味勝負には向かない。若干力の要る馬場における切れ味勝負で力を発揮する。暮れの中山2500メートルは、彼にとってベスト条件であることは間違いない。

ピークは過ぎたか

 6歳以降馬券に絡めていないところを見ると、ピークが過ぎていること、そして地力が足りないことは否めない。

 

スポンサーリンク

サウンズオブアースの馬券のポイント

 超スローペースで折り合いが鍵になるような展開になれば、この馬の経験が活き、好走できるチャンスはあるかもしれない。いずれにせよ、どの馬から流しても来れば万馬券だろうから、100円だけヒモで押さえておいて損はなかろう。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー