昨年の波乱の立役者・コズミックフォース

 

3強?

それがどうした。

大衆が堅いと思っているところに、大波乱は存在する。常人には理解し難い心中を持つ天邪鬼、それが競馬の穴党という存在。そして彼らは大衆の冷ややかな視線を心地よく感じ、さらには生き甲斐にする。

何より高配当、万馬券というものは競馬の魅力を支える要素のひとつである。ロマン溢れる結果を待ち望むアウトロー達のため、令和元年ダービーの穴馬候補を探ってゆく。

 

スポンサーリンク

2019ダービー波乱の可能性

令和を迎えて初めて施行されるダービーには、早くも新時代の怪物と名高いサートゥルナーリアが、人気を集めそうな様相を呈している。

サートゥルナーリア

 

そして、彼を皐月賞で苦しめたヴェロックスとダノンキングリー。その2頭を加えた3強の構図になることが、大方の見解である。

ヴェロックス

ダノンキングリー

 

皐月賞と同じく、ダービーもこの3頭で決まってしまい、穴党は指をくわえて見ているしかないのだろうか。

否、実は3強の中で凡走の危険高い馬がいる。それはヴェロックスである。

 

 

詳しくは上記を参照願いたいが、ヴェロックスは皐月賞に特化した適性を持つ馬で、ダービーの適性からは大きく外れた馬であるという見解を示させて頂いた。

人気を集めたヴェロックスが馬券圏外に飛び、サートゥルナーリアとダノンキングリーの首位争いを尻目に、第三の穴馬が3着に入ってくるだろうというのが、小生の見立てだ。

以下、穴馬の候補となる馬たちを、挙げていってみようと思う。

特に重視したのは前走。

前走使ったレースとその結果、またはそこに至る過程で、ダービーというレースの好走馬は絞られてくる。詳しくは下記を参照いただきたい。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー