反社会的勢力の被害者

二人の涙に潜む本当の闇とは?

 

吉本闇営業問題で世間は揺れている。

反社会的勢力との金銭授受が発覚し、晒し者にされる売れっ子の二人。

二人を不遇な運命に巡らされたと同情するなら、根本的な解決へ筋道をたてるべきだ。

その手立てとなるのは「貧困問題」にあると、拙ながら意見する。

 

スポンサーリンク

反社会的勢力の被害者二人

2019年7月20日、闇営業問題の渦中で揺れる雨上がり決死隊・宮迫博之さんとロンドンブーツ1号2号・田村亮さんが会見を開いた。

二人は現金授受について虚偽をしていたこと、詐欺被害者へ不快な思いをさせたことに対し、涙ながらに謝罪の弁を述べたが、同時に所属している吉本興業への不信感も露わにした。

ネットの反応も二人への同情も見られれば、批判する声もある。謝罪に対する是非への捉え方は多様を極めているようだ。

 

宮迫さんの亮さんの会見 見てていろいろ複雑な気持ち 自分のした事の重大さに気づいた時 責任とかどう対応するのが正しかったのか迷うよなと。 そんな時に事務所の社長からあんなこと言われたらそりゃ覚悟も決まるよな。

twitter@VFjeDqhSCWkn5Ny

 

詐欺被害にあった人たちへの謝罪の会見なら分かるんだけど、吉本会社批判に終始して、会社からこんなひどい扱い受けて、同情して欲しい会見を支持してる人の、頭の構造がわかりません。吉本批判は、別にSNSで発信すればいいだけ。自分達の保身のための会見。 わざわざ泣く演技が、嘘くさい

twitter@takayamakirai01

 

二人の世間における知名度の高さは疑いようはなく、世間の注目を集めることは至極納得できる事案。吉本興業におけるパワハラ・ブラック体質の露見など、社会問題として解決すべき闇が多岐に渡って存在していることも異論はないだろうが、ここでは「二人がなぜこのような謝罪をしなければならなかったのか」という点を掘り下げてみる。

 

スポンサーリンク

反社会的勢力と繋がる芸人

宮迫さんと亮さんが闇営業問題に翻弄される発端となったのは、カラテカ・入江慎也氏の紹介であることは周知の事実と存ずる。

反社会的勢力と繋がる芸人

事の発端となる入江慎也氏

 

入江氏も会見に呼ぶべきとする下記のような声。それが大変的を得ていると評価するのは、小生のみでないはず。

 

記者の質問攻撃エグいなぁ…。もう完全に晒し者だな。宮迫も亮もただでさえやつれていて今にも泣きそう。そもそもが入江がこの事態を招いた諸悪の根源なんだから正直入江にも会見に参加して欲しいわ。

twitter@kassy0923

 

実に多様な人脈を持つことで知られる入江氏。彼の人脈を主体にした某番組の「人脈サッカー」企画は未だに記憶に残っている。

『水曜日のダウンタウン』ミックスルール対決“人脈×サッカー”入江vs水内

上記のような企画も今となってはタダの笑い話で終われなくなってしまったが、入江氏のような多様な業界への人脈形成能力が批判の的になってしまうのは、根本的な問題解決には全くの関りを示していないように思える。

問題は「反社会的勢力そのものの存在」に視線が向けられるべきである。

 

スポンサーリンク

反社会的勢力はなぜなくならないのか

反社会的勢力、所謂「暴力団」や「ヤクザ」と呼ばれる組織がなぜ存在できるのかという疑問は、多くの人が持っていると思われる。

その疑問に対し、下記の記事が的確な見解を示していると存ずるので、紹介しておく。

神戸山口組も指定暴力団へ そもそも、なぜヤクザの存在は法律違反ではないのか?

ヤクザを排除しても「より悪いものしか出てこない」理由

両記事の意見をまとめてみると、ヤクザは表社会に出てはならない存在であるものの、社会と持ちつ持たれつの関係があり、古くから必要悪とされてきた。しかし、法整備が進んで取り締まりが厳しくなると、ヤクザは犯罪に手を染めて生きる他なくなり、単なる「悪」に変容した。

そして、不遇な家庭に生まれ育ち、まともな社会進出を果たせない人が今の世には少なからずいる。彼らは反社会的勢力とよばれる組織に属するしか生きる術がないというものだ。

格差と貧困が諸悪の根源か

法の下で生きられないなら、法に反するしかない。つまり、犯罪に手を染めるしか生きる術がない。そうならざるを得ない人は、生まれてから貧困に苛まれていることに論は待たないだろう。

見捨てられた貧困層がある限り、反社会的勢力はなくならない

誰もが安心して法の下で生きられる世の中にならない限り、反社会的勢力はなくならない

宮迫さんと亮さんが見せた涙の裏には、こうした日本の深い闇が潜んでいることを、世間は認識すべきと強く思う。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー