平成最後という言葉はもう聞き飽きたか。

 いや、それでも使いたくなるこの言葉。

 なぜなら、今年の有馬は異例の出来事が既に起こっている。

 ファン投票だからこそ成し得た異例の挑戦。

 我々が目の当たりにするのはファンの祈りが通じた「奇跡」か。

 それとも、その名の通りの「奇跡」か。

 

有馬記念過去10年の注目傾向は8つ!

ここからデータをダウンロードできるので、是非、参考にしてほしい。
まとめだけ欲しい面倒くさがり屋の方はこちらから。

注目すべき点をピックアップしていこう

①関西騎手、関西馬が圧倒的

関西馬、関西騎手から狙うのが基本。

②頭から狙うなら乗り替わりは無し

勝ち馬を狙うなら乗り替りが無い馬を狙った方が良い。2~3着狙いなら乗り替りは気にしなくても良い。

③年齢

3~5歳でほぼ決まる。6歳以上馬は2着1回、3着が2回だけと、苦しい。

④前走着順

前走3着以内の馬が優秀。軸は前走好走馬で決まり。

⑤前走着差

前走1秒以上負けていた馬は苦しい。

⑥前走人気

前走1番人気の馬が優秀。穴ならぜひ狙いたい。

⑦人気

1番人気の馬が優秀。無理に逆らわない方が無難か。

⑧配当傾向

ヒモ荒れの傾向が強い。人気馬同士の決着を期待するのは避けた方が無難か。

 

スポンサーリンク

有馬記念出走全16頭評価

オジュウチョウサン

【△相手まで】
ステイゴールド産駒なので押さえ

クリンチャー

【△相手まで】
ペースが早くなれば侮れない

③モズカッチャン

【○相手筆頭】
前走1番人気の3着以内

④マカヒキ

【▲穴候補】
内枠、2頭出し人気の無い方

⑤パフォーマプロミス

【△相手まで】
ステイゴールド産駒なので押さえ

サトノダイヤモンド

【×消し】
前走1秒以上負け

⑦サウンズオブアース

【×消し】
前走1秒以上負け

⑧ブラストワンピース

【×消し】
クラシック連対歴の無い3歳馬

⑨リッジマン

【×消し】
前走ステイヤーズS組は苦戦

⑩ミッキースワロー

【△相手まで】
前走1秒以上負けも、レベルの高い世代なので

⑪ミッキーロケット

【△相手まで】
消せる要素は特に無い

⑫レイデオロ

【◎軸候補】
1番人気候補、前走1着

⑬スマートレイアー

【×消し】
6歳以上馬

⑭キセキ

【☆危険な人気馬】
前走の反動

⑮シュヴァルグラン

【△相手まで】
6歳以上も地力は高いので

⑯サクラアンプルール

【×消し】
6歳以上馬

 

スポンサーリンク

有馬記念で買いたい馬

軸候補

1番人気が強いレースなので、軸候補はレイデオロとしたい。キングカメハメハ産駒がこのレースを勝ったことがない点は気になるが、それ以外はデータ的にも実力的にも満点。

レイデオロ

相手筆頭

前走1番人気で好走したモズカッチャンは多少人気になっても買わざるを得ない。ミルコ騎手もルヴァンスレーヴで勝って以降、復調気配。

モズカッチャン

穴候補

世代のレベルには疑問だが、内枠に入った友道厩舎2頭出しの人気薄のマカヒキは要注意。

マカヒキ

有馬記念で買いたくない馬

危険な人気馬

実力は認めるも、前走の反動が気になるキセキは軽視したい。

キセキ

 

シュヴァルグランもまた前走の反動が気になるところで、昨年ほどの勢いはない。

※12月22日追記
枠順のせいか、前日時点で単勝10番人気と、かなり嫌われている。ただし複勝の売れ行きは好調で、3着狙いのファンが多い模様。馬連はあまり売れていないので、連軸ヒモであれば押さえていいかもしれない。

シュヴァルグラン

 

世代のレベルに疑問があるブラストワンピースも、人気するようならあまり手を出したくない。

ブラストワンピース

 

スポンサーリンク

有馬記念の買い方

まず前提として、今回の有馬記念である程度の利益を求めるなら、以下4つの買い方に大別されると考える。

①レイデオロ軸でキセキを切る。またはレイデオロの単勝。
②キセキ軸でレイデオロを切る。またはキセキの単勝。
③レイデオロ-キセキの一点勝負。
④レイデオロ、キセキを切って多点買いの穴狙い。

レイデオロとキセキ共に不安な点があり、③に手を出す勇気は無い。だからと言ってどちらとも優秀なデータを持っているので、④もなかなか選べない。

となるとダービー馬か菊花賞馬か、この二者択一を迫られることとなる。

やはりローテにも余裕があり、1番人気確実のレイデオロの軸が無難であろうか。血統的にスタミナが不安ではあるが、切れ味勝負になると踏み、勝負するならダービー馬を選択したい。キセキは前走の反動が気になるし、今回は人気を背負うのでマークもきつくなり、簡単な逃げにはならないと見る。

つまり答えは①で、レイデオロから馬連で穴っぽいところへ多めに流す。これが買い方としては無難だろうか。

兎にも角にも今年は難解なので、大勝負は避けたい。オジュウチョウサンの単勝を勝って、応援に励むことが最も賢い選択なのかもしれない。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー