第13話 早めの登校

 朝の目覚めは悪くはなかった。

 負荷をかけた練習の後でも筋肉痛はそれほどなく、だるさを感じずに起き上がることができた。

 昨日の夜にあった不思議な出来事が頭から離れず、夢だったのか、現実だったのか、未だに判断がつかないでいた。

 とはいえ、あの女性は外見といい、行動といい、あまりに現実を逸脱していた。ゲームのやり過ぎに加え、欲求不満な若い童貞男子が見る、ちょっとリアルな夢だったと結論づけるのが妥当だろう。

 あれは悪夢?

 いや、むしろ良い夢だった。

 

『 一ノ瀬さんって、こんなに可愛かったっけ!?』第13話

グレゴリオ暦 二〇XX年七月四日
月村蒼一は異世界に飛ばされる

 最後は良心が勝って彼女を振りほどいたが、絶世の美女に誘惑されて、嬉しく無いわけがない。十代後半でオタク気質の男子の僕にとって、それは夢の中でも無いと体験できない、憧れの出来事である。しかも『異世界転移をしないか』などという勧誘は、廃人文化に染まりつつある僕にとって、都合の良すぎる話だ。

 そんな『良い夢』だったからこそ、練習を抜け出し、気まずい思いをしたことからも解放され、悪くない目覚めを呼び起こしたのかもしれない。

『それにしても硬いお腹⋯⋯さすがスポーツマン⋯⋯』

『もう、やーね⋯⋯こっちまでこんなに硬くなってどうするのよ?』

 僕を誘惑してきたあの人の台詞が、思い起こされる。

--あの時、振りほどかなかったから、どうなっていたんだろう。

 僕は脳内でくだらない妄想を次々と浮かべる。

『ちょっと見せてごらんなさいよ。ふふ、元気ね。若いっていいわ』

『毎日、自分で出すのもむなしいでしょ? 今日は私がどうにかしてあげる。どうする? 手でも口でもいいし、よければ胸ではさんであげてもいいわよ?』

「そ・れ・と・も⋯⋯、童貞クン、卒業しちゃう?』

 僕の股間が熱くなっているのは、寝起きだからか、この妄想のせいなのか、最早わからない。

 僕はおもむろに自分の右手を、スウェットの股間に突っ込ませた。

「蒼くん! 起きてる!?」

 下のリビングから、母のモーニングコール代わりの声が聞こえてきた。

「!?」

 僕はハッと我に返り、右手を元に戻した。

「はーい! 今、降りる!」

 僕は現実を思い返し、リビングへと向かった。

--俺もそろそろ病気かな⋯⋯。やっぱり本気で彼女、作らないとダメかな?

 リビングには、食事の用意をする母と、朝刊を黙々と読む父、そして、いつも僕の座るソファの位置に、姉が寝転んでいた。

「ミオ姉、そこ俺の⋯⋯」

 だらしなく寝そべる姉を力付くでどかそうと近づいた瞬間、姉がなぜか僕を引き寄せるように抱きしめてきた。

「やぁーだぁーっ! すぐるーっ! まだ行きたくないーっ!」

 姉は僕の顔を胸に沈めるように、抱きかかえてきた。

「もうちょっといっしょにいてよぉ~!」

「はぁ!? 何なんだよ⋯⋯ってか、放せよーっ!」

 僕は姉を必死で振りほどいた。

 昨日の夜は、されるがままにされたい思いもあったが、今のこれは本気でイヤだった。この年になって自分の姉に抱きつかれるなど、気持ち悪くて仕方がない。

「ちょっと、美緒! いつまで寝ぼけてるの!? それ、蒼くん!」

「はあっ!?」

 母の一言に姉は反応し、乱暴に僕を解放した。

 すると、姉は焦点の合わない目でこちらを見てきた。

「わ、うざっ。何あんた」

 心ない姉の一言に、僕は思わず反応する。

「うざっ、じゃねーよ! こっちの台詞! そっちこそいきなり何なんだよ!」

「いろいろあんのよ、大人には。あんたみたいな童貞のガキんちょにはわかんないでしょうけど」

「はあっ!? わけわかんねーし!」

 理解不能な姉の言動に声を荒げ、僕の目は完全に覚めた。

 全く誰も彼も、僕のことを童貞、童貞としつこいように言う。

 いい加減ウンザリである。

「朝からうるさいわね、アンタ達は! お父さん、新聞読むのジャマになるでしょ!?」

 母は僕らを怒鳴りつつ、朝食をテーブルに並べた。僕に全く非はないように思えるが、ここは喧嘩両成敗。素直に大人しく、ソファに腰かけた。

「あぁ~、ねむ⋯⋯」

 一方、姉は重そうに腰をあげた。

「美緒、今日、学校は?」

「午後から。だからそれまで寝る」

「まったく⋯⋯あなた、最近ちょっとダラダラしすぎじゃない?」

「いいの、アタシにはスグルがいるし。アタシは彼のために生きてればいいの」

「何を言ってるのやら⋯⋯、ホントにこのコは」

 スグル⋯⋯?

 聞かない名前だ。僕は味噌汁を吸いつつ、一応、聞いてみることにする。

「だれ? スグルって?」

「最近できた彼氏ですって」

 説明する母の顔は冷め切っている。

 すると、ここぞとばかりに、姉は僕の方に振り返って口を開く。

「ヘヘーん、どうよ? このイケメンっぷり!」

 姉は自慢気にスマホを見せてきた。

 そこに映し出される男は、確かに整った顔立ちをしている。全体的に爽やかにも、少しチャラくも見える。

「アンタもがんばってスグルくらいになるのよ。まあ、アンタみたいなオタク野郎には無理だろうけど」

「うっさい、余計なお世話。早く寝ろ、色ボケブス」

「は? チョーうざ。蒼、アンタ覚えときなさいよ」

 姉はそう言うと、自分の部屋に戻って行ったようだ。ようやく落ち着いて朝食が取れる。

 普段、僕は汚い口の聞き方はしないよう心掛けているが、迷惑極まりない姉の前では別である。

 朝食を食べ終え、時計の針は七時半の辺りを刺していた。学校の始業は八時半で、自転車通学の僕は、八時に家を出れば余裕で間に合う。

 出発まであと三〇分で、着替えも終わっている。それまで、僕はスマホを弄って過ごすことに決めた。

『とりあえず、明日の朝の八時五分、あなたの学校の剣道場の裏に来て。そうしたら、異世界に連れて行ってあげる』

「!?」

 僕はふと、昨日の夢のことを思い出した。

 そういえば、夢の中の美しい女性から、今日の八時五分に剣道場へ裏に来るように言われていた。

 それにしても、夢に出てきた言葉を正確に記憶しているなんて、なかなかあるものではない。

 よっぽど印象に残るものだったのであろう。確かに、これまでの人生で見た夢の中では、最も印象強いものだったと言えるかもしれない。

--まさかとは思うけど⋯⋯一応行ってみるか。

 僕は早めに家を出ることにした。

 歯を磨き終え、カバンの中身を確認した。

 時間は七時四〇分前。

 自転車を飛ばせば一五分もかからず学校に着くので、指定の八時五分には、まだ間に合うはず。

「じゃあ俺、もう学校いくね!」

 洗面所にいる母に聞こえるよう、僕は声を張って言った。

「あら? 今日は早いのね」

「うん、ちょっとね。じゃあ行ってきます!」

「忘れ物ない? 気をつけるのよ」

「はーい」

 僕は颯爽と玄関まで足を運び、ドアを開けた。

 

スポンサーリンク

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー