吉澤ひとみ容疑者(33歳)が9月6日、飲酒ひき逃げ事件を起こし、過失運転致傷酒気帯び運転、ひき逃げの疑いで警視庁に逮捕された。一児の母であり、弟を交通事故で亡くしている過去もある彼女。守るべきものもあり、苦い過去もあり、安全運転に関する意識は高いはずなのに、引き起こされたこの事故。我々に見えざる彼女の闇があったのだろうか。

◇◆◇プロフィール◇◆◇

1985年4月12日 生まれ 埼玉県入間郡三芳町出身

女性アイドルグループ・モーニング娘。の元メンバー。2000年4月 「モーニング娘。第3回追加オーディション」にて石川梨華、希美、加護亜依と共に合格。

スポンサーリンク

吉澤ひとみの家族 

2007年1月、当時16歳だった弟を交通事故で亡くしている。ファンの間では弟思いで有名であり、言葉が出ないほど憔悴し切っていたという話。

2015年9月、9歳年上の年上IT系経営者との婚約を発表。同年11月、代理人を通じて婚姻届を提出。2016年7月、第一子である男児を出産。

そんな人生の伴侶も得て、守るべきものが出来た矢先に、2017年9月、車で衝突事故を起こす。そして、今回の飲酒事故騒動。想像の域を出ないが、結婚と出産を機に仕事との両立等の難しさを感じ、溜まるものがあったのだろうか。

モーニング娘。OGの不祥事

2006年~2007年にかけて、加護亜依による未成年者喫煙騒動。

2013年、矢口真里の元モデル男性との不倫騒動。俳優の中村昌也との離婚。

そして今回の吉澤ひとみによる本事件。

この事務所の人たちは、何か抱えてるものが多いのではなかろうかと勘ぐってしまう。売り上げも大事だけど、それを支えているのは人なのである。

吉澤ひとみによる飲酒事故の被害者は

被害に遭われた方々は幸いにも軽症で済んだとのこと。吉澤の運転した車にはねられ、飛ばされた女性は歩行中の男性にぶつかり、被害者は2名にも及んだが、双方とも軽症。

この転機をどう活かすか

人生というか、生きていると必ず感じるのは「流れ」である。何をやっても上手くいく時期、何をやっても上手くいかない時期は必ず存在する。所生も彼女より2年ほど長く生きているが、人間自身ではどうあがいても操ることのできない「流れ」というものがある。

例えはあまり良くないが、競馬やら麻雀やらの賭け事、勝負事は運が大きく左右する。そういった類のものはある程度の勝負できる腕を積めば、あとはいかに「運」を引き寄せるかが鍵となる。その勝てる流れ、負ける流れはといったものは、科学的にはどうやっても証明できない神の領域。

彼女は今、間違いなく負の流れの中にいる。この転機をどう乗り越え、どう生きていくのか。再びメディアに露出することは極めて低いことであろうが、何もテレビに出ることが、人生の全てでは無い。彼女がメディアに出なくなったからといって「人生終わった」などと揶揄することは断じて避けるべきである。

人が活きるべく道は多様に用意されている。

それを選ぶ権利が人間にはある。

所生も先日救急搬送され、今は歩けず自宅療養中などといいう転機に見舞われているが、どうにも彼女の現況に重ね合わせてしまうところがある。

辛い時こそ耐え忍び、上昇気流を待つ。

人生も半ばにさしかかろうかという自身が見出した、ひとつの人生の道標である。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー