クズ過ぎてどうにもならない夫

当ブログはクズ夫のブログではありません

 

どうにも理解し難い事象が起こっている。

仮にも育メンを自称する本ブログであるが、このようなワードが検索でヒットされては、商売あがったりである。

念を押して申し上げておこう。

「これはクズ過ぎてどうにもならない夫のブログではないですから!」

 

スポンサーリンク

クズ過ぎてどうにもならない夫のブログではない

恐れながら、本ブログはGoogle先生による広告収入にて、ある程度家計の足しにさせて頂いている。

上記画像にある通り、Eテレの人気番組である「おかあさんといっしょ」及び「いないいないばあっ!」等々に関連するキーワードが中心に検索され、読者方の貴重な足を止めさせるに至っている。

 

 

そんな中、異様なキーワードが検索表示の上位に名を連ねている。

 

「クズ過ぎてどうにもならない夫」

 

幸いにも実際にクリックされることは少ないので、Google先生が勘違いされているものと思われるが、検索結果に上位に掲載されてしまうと、いかにも小生がクズ夫なのではと思われて仕方ならない。

恐らく、以下の記事が関連して検索にヒットされているものと思われるが。

 

 

兎にも角にも、小生自身は不倫だか浮気などとは無縁の男であることだけは、声高に主張したい。

 

スポンサーリンク

クズ過ぎてどうにもならない夫のブログとは

実際に「クズ過ぎてどうにもならない夫」でGoogle先生を尋ねてみたところ、以下のようなブログが検索結果の最上位に表示された。

クズ過ぎてどうにもならない夫との戦い

アメブロを使って書かれているということは、完全なる非営利目的であり、ご自身の心中を素直に吐露したい意図が垣間見える。お小遣い稼ぎで駄文を連ねる本ブログとは一線を画す存在だ。

簡単に内容を紹介すると、結婚した男性がバツイチ子持ち。その連れ子が難病持ちで、夫は結婚する前から妻以外に本命の女性がいるという話。

いかにも小説やらドラマのネタになりそうな話だが、ブログという媒体の特性、及び文章の単調さも相まってか、創作とは違ったリアリティを十二分に感じることができ、コンテンツとしてはなかなか秀逸である。

まだ序盤のあたりまでしか読んでいないが、通勤の時間を弄ぶ玩具がひとつ増えたことは、これ幸いである。

 

スポンサーリンク

クズ過ぎてどうにもならない夫は口が達者

言わずもがな、この世は広く、様々な人間が存在する。「クズ」と称される男が世に蔓延ることも珍しくはない。

あおり運転を繰り返し、暴力するに至って逮捕された渦中の男は、最たる存在であることは論を待たない。

クズ過ぎてどうにもならない

クズ男の代表格

 

他人を貶めるクズと呼ばれる存在に共通することがひとつある。

それは「口が達者」ということだ。喋りの上手さは、ウソを真実に変える力があり、喋りの上手い人間は総じて第一印象が良く、多くの人はその裏の顔に騙される。

喋りの上手さがこの世を生き抜くうえで大きな武器になることは間違いないが、その喋りの上手さの裏に潜む闇を見抜く洞察力もまた重要な能力のひとつであると、近ごろの世の動向を見て思う次第。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー