第51話 手駒に過ぎない存在

「まだ生きてたの? ここまでくると、感心を通り越して呆れてきたわ」

 ハプスさんは苦笑いしながら、心を通じて意思疎通をするのを止め、僕に吐き捨てるように口を開いてきた。

 彼女は右手の掌を、僕の方に見せるように掲げてきた。

 トドメの一撃を放つつもりだろうか?

 

スポンサーリンク

『 一ノ瀬さんって、こんなに可愛かったっけ!?』第51話

アルサヒネ歴 八六六年二月六日
月村蒼一は異世界で頂点に挑む

 身動きの取れない僕は、まさに絶体絶命と言う他ない。

「こんな形でソーイチとお別れになるとは、思ってなかったわ。君には期待してたのに、本当に残念」

 そう言う彼女だが、その顔から悲しさが全く感じられない。

「精霊の使いだか何だか知らないけど、クエスターとしてはあまりに心が未熟すぎた。サフィローネ様には悪いけど、仕方ないわよね。こんな出来損ない、生かしておくのは実に憚られる。それにしても、君が死ぬかもしれない緊急時に姿を現さないってことは、彼女、きっと君のことを見放したのかもね」

 酷い罵声を浴びせられている気がするが、僕の耳にはほとんど入ってこなかった。

「ソーイチ、君は所詮、駒にすぎなかったのよ」

「⋯⋯お、俺が⋯⋯こま⋯⋯?」

 僕は、声を絞り出すように発した。

「そう、君は私の手駒。私の言う通りにしか働けないお子様。すごい早さで出世したけど、結局、それは私の指示通りの仕事をこなしたからこその芸当。今まで君がやってきた仕事に、君自身の意思はない」

 そう言われ、薄れゆく意識の中で、僕はこの世界に来てからのことを回想していた。確かに、自分の意思でこれをやりたいと思った仕事は、一度もなかった。

 ただそれは、一番にならなければという思いに駆られ、言う通りに動くことが、それを達成する近道だと思ったからである。

「友達の故郷を救いたい、なんて思いも、中途半端だったってことよね。結局、君は友達に嫌われたくなかっただけ。若しくは、強くなった自分を友達に見せつけたかっただけ。その程度の自分勝手な思いに過ぎない。友達を助けたいだなんて、これっぽっちも思っちゃいない」

「ち⋯⋯違う⋯⋯! 俺は⋯⋯!」

 僕は必死で声をあげた。

 死んでも、この点だけは絶対に譲れなかった。

「ふーん。まあ、どうでもいいけど。どっちにしろ、君は言われたことしか出来ないただのお子様で、私の手駒。言うことの聞けない手駒は、捨てられるだけ」

 ハプスさんの掌が、白く輝き出した。

 無情な一撃は、いつ放たれてもおかしくない。

--言われたことしかできない⋯⋯そんなこと⋯⋯そんなこと⋯⋯。

 僕は瞬時に、頭の中を様々な記憶で複雑に絡ませた。

「⋯⋯あるな」

「ん?」

 僕の呟いた一言に、ハプスさんは不思議そうな目で反応していた。

 そんな非情な彼女はともかく、僕は自身の過去を振り返っていた。

 ハプスさんに言われた通り、僕は今まで自分の意思で何かをこなしたいと、思ったことはない気がする。全ては周りの期待に応える為、やってきた。

 生まれつき脚が速くて、僕が速く走れば周りの大人が褒めてくれた。僕が陸上を続けた原動力は、それだったのかもしれない。今更ながら、僕自身が試合で勝ちたいだなんて、思ったことがない気がした。周りの喜ぶ顔が見たいから、試合に勝ちたかった。そして、周りに失望されたくないから、試合に勝ち続けるしかなかった。

 この世界に来てからも、僕の意思はなかった。アルサヒネで一番になる、世界を救うなんていうのも、全てサフィーさんに言われてやっていることだ。きっと僕は、サフィーさんに褒められるのを待っているだけなのであろう。

 ただ、生きてさえいればいい。

 欲が無いのが理想。

 そんな考え方も、周囲の顔色を窺うことが全てである自分自身が、投影された結果なんだと思う。

「俺の⋯⋯本当にやりたいことって⋯⋯」

 何故か自然と、僕は言葉を口ずさんでいた。

「どうしたの急に? ぶつぶつと言い出して。命乞いかしら?」

 ハプスさんの声が何となく聞こえていたが、ほとんど耳に入ってこなかった。ひたすら上空を見上げ、物思いに耽っていた。

 僕はこのまま殺されてしまって、いいのだろうか。

 僕はハプスさんの言う通り、価値の無い人間なのであろうか。

 僕がこの世から消えて沢山の人が幸せになるのであれば、喜んで受け入れるが、どうもそれは道理にあっていない気がする。

 この世界に来て、世の均衡を保つクエスターとして活躍し、それなりの数の人達の期待に応えてきた。僕自身も楽しかったし、役に立っている実感があった。

 それに、この世界で一生を終えるとは考えていない。出来ることであれば、元の世界に戻りたい。家族や友達にも何の断りも無くここへ来てしまったし、決して多からずだが、僕のことを心配してくれる人がいるはずだ。

 このままじゃ殺される。

 それも、この世界で信頼していた人の一人に。

 しかも、困っている友達を助けたいという思いを抱いているだけなのに、殺される筋合いがあるのだろうか。

 ラクティがどれだけ恐ろしい力を持った組織であることを、僕は全く知らない。僕自身の勝手な思いの為、無謀な戦いを挑み、ハプス派の同志たちに迷惑をかけてしまうのかもしれない。

 なぜ今、バリーの期待に応えることに拘っているのか?

 大口を叩いた手前、後には引けないと思っているだけか?

 いや、そんな理由であれば、今は無理だったと謝ればいいだけ。

 僕の力は、まだ伸びる可能性がある。ラクティですら問題ない力を身に付ける可能性が。ハプスさんはそれを伝えたいのだろうか? よく考えれば、まだ成長途上の僕が、ラクティ殲滅の命を受けるのは、合理的でない。

 それでもやはり、譲れない何かがある。

 僕は今ここで、自分自身が大きく変わらなくてはと、思っている。

「ハプスさん、違うよ」

「は?」

「俺は、あなたの手駒じゃない!」

 自然と口から言葉が出てくると、急に身体が火照りだした。

「きゃっ!」

 ハプスさんの柄に無い女性らしい悲鳴が聞こえるのと同時に、僕の周りから爆風が吹き荒れた。ハプスさんは、それによって吹き飛ばされていた。

 僕は傷付きながらも立ち上がった。痛みは感じるが、それ以上に、いつでも浮き上がるのではないかと思うくらい、羽が生えたような身軽な感覚を得ていた。

「す⋯⋯凄いマナ⋯⋯。まさかこれ程までとは⋯⋯」

 尻餅を付いていたハプスさんは、表情を一変させ、目を大きく見開いて僕の方を見ていた。

 いや、彼女がどんな顔をしていようが、今はどうでもいい。

 とにかく、彼女を倒さないことには、先には進めない。

「何と言われようと、俺はバリーの力になりたいんです! 彼の本当の笑顔を見ることが、俺の幸せなんです!」

 僕は力強くそう叫び、短剣を握り締め、ハプスさんの懐に向かっていった。

「なっ⋯⋯! はやっ⋯⋯!」

 僕はハプスさんとの間合いを詰めると、彼女が驚愕の声を上げるのを聞いた。

 ハプスさんは直ぐに僕から距離を置いたが、僕はその姿を完全に視界に捉え、再び彼女との距離を詰めた。

「うっ⋯⋯!」

 僕は短剣を横に薙ぎ払い、ハプスさんの腹部の辺りを斬り裂いた。

 その直後、僕は再び距離を取り、短剣を持つ手に力を込めた。

「バリーは暗い過去を隠していた。それを押し殺して、いつも明るい笑顔を見せてくれていた! 彼をそんな辛い思いから解放してあげることの⋯⋯」

 蹲っていたハプスさんは、腹部を手で押さえたまま顔を上げ、僕の方を見た。

「何が悪いって言うんですかっ!」

 僕はリスヴァーグを放った。

 ハプスさんへと一直線に向かっていった光の筋は、彼女にそのまま直撃した。

 ハプスさんの小さな身体が後方へと吹き飛び、そのまま地面に叩きつけられた。

 僕はこの機を逃すまいと、倒れるハプスさんの下へと接近し、彼女に短剣を突き立てた。

「機械になれだなんていうあなたの考え、誰かついていけますかっ!」

 僕が叫び声をあげ、ハプスさんの胸元に短剣を突き刺そうと思った瞬間であった。

「おっと、この辺にしとこうか」

「え!?」

 僕は、短剣を持っていた右腕を掴まれた。

 横を見ると、笑顔を浮かべるリチャードさんがいた。

「それ以上やったら、ウチのリーダーが死んじまうな」

「え⋯⋯あっ⋯⋯!」

 僕は我に帰り、仰向けに倒れるハプスさんの方を見た。

「うううっ⋯⋯」

 彼女は目を瞑り、顔を酷く歪ませていた。

「全くハプス⋯⋯お前って奴は。コイツの力を引き出す為とはいえ、随分と手荒なことをするもんだな」

「え⋯⋯俺の?」

 僕は再び、リチャードさんの方を見た。

「し⋯⋯仕方ないじゃない。ソーイチをみすみす死なすわけにはいかないし⋯⋯。それに、いつかはやらないとって、思ってたし」

 ハプスさんは苦しげな表情を見せ、声を発していた。

「とにかく、勝負はここまでということで。今後のことは、アジトに帰って決めるとしようか」

 二人は僕に対し、共謀していたのだろうか?

 僕の頭の中には、ひたすら疑問符が彷徨いていた。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー