第54話 芽生えつつある感情

「あ⋯⋯グラシュー、おはよう」

「え、なになに? 何話してたの?」

 グラシューは目を丸くし、キョロキョロと僕らを見回しながら言った。

「お前は精霊と同類だってよ」

「は?」

 

スポンサーリンク

『 一ノ瀬さんって、こんなに可愛かったっけ!?』第54話

アルサヒネ歴 八六六年二月九日
月村蒼一は異世界で頂点に挑む

 グラシューが疑問の声を溢れ落とすと、僕はすぐさまリチャードさんの方を振り向いた。

「もう、リチャードさん! また誤解を招くようなことを言わないでくださいよ! しかもそれは、オフレコ中のオフレコです!」

「ははっ! 悪かった悪かった!」

「じゃあグラシュー、練習いくよ!」

 僕は、グラシューの手を掴んだ。

「え!? ええっ?」

 グラシューはその場の雰囲気について行けない感じで、慌てた声を漏らすしか出来ないでいた。

「お二人とも、もう話はいいですよね!?」

「ええ、いいわよ。いってらっしゃい」

「よし、じゃあ行くよ!」

「お、おう! 何か今日は元気いいな、ソーイチ」

 僕はいつもとは逆に、グラシューを引っ張るように駆け出した。

 信頼していた大人に少しでも疑いをかけられ、少し気が滅入っていた僕は、この場を早く離れたかった。

「え!? そんなこと言われたの?」

 アジト周辺のだだっ広い芝生の上に座り、トレーニング中の休憩に入っていた僕とグラシューは、先ほどハプスさんとリチャードさんに問い質された一連のやり取りを共有していた。

「ひっでぇな〜、ゴルシ派のスパイだなんて疑われて。アタシだったらグレてるよ」

「⋯⋯まあ、気持ちはわかるんだけどね。たしかに俺って、ハプス派にとっちゃ爆弾みたいなものだし」

 僕がしんみりとした口調で言うと、グラシューは深妙な瞳で僕を見つめてきた。

「ど、どうしたの?」

 その視線に、僕は狼狽した。

「アタシは、何があってもソーイチを信じてるから。ソーイチはウチらを裏切るようなヤツじゃない。これまでずっとコンビを組んできたアタシが、だれよりもソーイチのことをわかってるアタシが言うんだ。間違いない」

「あ、ありがとう」

 僕は言葉に詰まりながらお礼を言ったが、グラシューは目を離そうとしない。

「⋯⋯グラシュー? どうしたの?」

 上目遣いで見つめてくる彼女の視線が、僕の両目に痛いくらいに突き刺さってきていた。

「それにしても⋯⋯アタシの手を急に握るなんて、ソーイチも変わったな」

「へ⋯⋯?」

「しょうがないなぁ⋯⋯まあ、辛い時に支えになってやるのも、師匠の役目だ」

 次の瞬間、グラシューは僕に抱きついてきた。

「え!? ち、ちょっと⋯⋯!」

「いいぞ、今日は特別だ。アタシが甘えさせてやる」

 二の腕の辺りに、グラシューの柔らかな胸の感触を得た。お転婆で破天荒な振る舞いの絶えない彼女だが、その身体は女性そのものであった。僕の体温は急激に上昇した。
 
 正直、異性としてみるには程遠い存在だったグラシューが、急にその距離を詰めてきたのは目に見えて分かる。そういえば最近、僕の体をやたらと触ってくる彼女の行動が目立っていた。グラシューは僕との仕事仲間、師弟関係という間柄を打破しようとしているのか。

 グラシューは僕とは違う人種だが、見た目は可愛いらしいと思う。魔人族特有かわからないが、吸血鬼のように少し突き出た八重歯も愛嬌がある。ただ、彼女の女子らしからぬ元気の良さ、男勝りの勝気な性格が、異性としての視線を遠ざけていた。

 グラシューは目を瞑り、仄かに笑顔を浮かべながら、僕の肩に顔を寄せて抱きついていた。彼女の今まで見せたことのない女らしさに、僕の本能は大いに刺激された。

 そんな彼女の行動に意識を奪われつつあったが、グラシューと男女の関係になるのは何か違うと、なるにしてもまだ早いのではと、僕の中に潜む防衛本能らしきものが急に働き出した。

「や、やめろって!」

「うわっ!」

 僕は抱きついていたグラシューを、咄嗟に両手で突き飛ばし、立ち上がった。

 彼女は尻餅をついていた。

「ご、ごめん!」

 すぐさま倒れたグラシューに、僕は歩み寄った。

「あ⋯⋯いや⋯⋯こっちこそゴメン。ソーイチを元気付けようと思ったんだけど、さすがにベタベタしすぎだよね」

 グラシューは申し訳なさそうに笑っていたが、何となく残念そうな気概が窺えた。

「そっか⋯⋯こういうの⋯⋯あまり免疫がなくて。ホントにごめん、せっかく元気付けてくれたのに」

「いいのいいの! アタシが調子に乗っただけっ! それにしてもこんな華麗な淑女に対して、なかなか手荒い真似をしてくれるではないか!」

 グラシューは僕に指を差して言った。

 僕はそれに対し何を言うべきか、脳内を活性化させた。

「え? 淑女⋯⋯?」

 僕はキョロキョロと周りを見渡す仕草を見せた。

「どこにそんな人いる?」

「なにぃ!?」

 グラシューは、叫びながら立ち上がった。

「この出来損ないの弟子めっ! その余計な減らず口、二度と叩けないようにしてやるっ!」

 彼女は短剣を引き抜き、臨戦態勢を整えた。

「ようし! 出来るものならやってみろ!」

 僕もそれに同調するように、構えを取ると、その後は再びグラシューと激しく剣を交えた。

 少し僕はホッとしていた。僕は彼女との師弟関係を崩したくはなかった。この微妙な距離感がある関係が、心地よかった。僕がグラシューを突き倒したことで、彼女にも何となくその意図が伝わったのだろう。

 僕とグラシューの剣の交わる金属音が、爽快に周囲一帯へと響き渡っていた。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー