第64話 祝いの席の乱入者

 ハプス派クエスターが、ラクティ壊滅とフェーム奪還を果たした、五日後。

 僕はヌヴォレのバーにいた。

 目の前には、グラシューとバリーがいる。

 僕ら三人は、飲み物が注がれたグラスを持っていた。

 

『 一ノ瀬さんって、こんなに可愛かったっけ!?』第64話

アルサヒネ歴 八六六年二月一七日
月村蒼一は異世界で頂点に挑む

「そ、それでは、フェーム奪還を祝して⋯⋯」

「かーんぱーい!」

 僕の辿々たどたどしい掛け声の後に、グラシューが大きな声で言うと、僕らは飲み物の入ったグラスをち合わせた。

 その後、三人同時に飲み物を口にした。

「うげぇ⋯⋯アタシ、やっぱり酒はムリかも⋯⋯」

 グラシューは気持ち悪そうに言うと下を向き、グラスを置いた。

「だから無理するなってのに⋯⋯」

「だってさー、こういう時くらいお酒飲めないと、何となく寂しいじゃん? せっかくの祝勝会なんだからさぁ〜!」

 慣れない行動をする彼女の威勢は収まるどころか、むしろ増していた。

 一方のバリーは、何か申し訳なさそうな顔で、こちらを見ている。

「ん? バリー、どうしたの? 何かさっきから大人しいけど」

「え⋯⋯ああ⋯⋯」

 僕は、柄になく縮こまっているバリーに声を掛けた。

「何かさ⋯⋯ホントにこれって現実なのかなって」

「えっ? 現実?」

 僕は目を大きく見開きながら彼の顔を見て、グラスを口にしていた。

「いや、お前達が同い年の友達なのは間違いないと思うんだけど⋯⋯この国のトップクエスターでもあるんだよな? オレなんかがお前達の友達で、本当にいいのかなって⋯⋯。夢でも見てるんじゃないかって」

 力無く喋るバリーの側にあるグラスの中の飲み物は、なかなか減る気配がなかった。

「なーにシケタこと言ってんの! カンケーないでしょ、そんなこと!」

 グラシューが、溌剌とした声を発した。

「アタシ達は同い年の繋がりで、それ以上でもそれ以下でもないっ! 出身とか身分とか、そんなものはカンケーないしっ! 単純に気が合うから、こうしていつもの通りバカ騒ぎしようってワケでしょ?」

 僕はグラシューの方を一瞥した後、バリーの方に目をやった。

「そうだよ、あまり深く考えないで欲しいな。君の故郷に平和が戻ったことを、素直に喜んでもらいたい。じゃないと、俺たちもやった甲斐がないからさ」

「⋯⋯だよな! 悪りぃ!」

 バリーはグラスを口に持っていき、勢いよく中の飲み物を減らした。

「おおっ、いい飲みっぷりじゃん! そうだ〜、もっと飲んじゃってよ! 今日はウチらのおごりだ! 気にせずいっちゃって! ねえねえ〜、ジャスタさん、お肉まだ〜!?」

 グラシューは、カウンターの方を向いて叫んでいた。その奥の方からジャスタさんが出てきて、料理の盛り付けられた皿を持ち、こちらに向かってきた。

「まったくオメエら、昼間っから飲んだくれやがって」

 彼は呆れ顔で笑いながら、香ばしい匂いのする肉料理を、僕らの席に持ってきてくれた。

「いいじゃないっすか〜、こんな日くらい。わぁ〜、チョーいい匂い!」

「まあ、ほどほどにしとけよ」

 ジャスタさんは、呆れ顔で笑いながら僕らを軽く注意し、カウンターへと戻っていった。

 その時であった。

 バーの入り口に、重装備を身に付けた武骨な集団が入ってきた。

「え、何、あの人達?」

「さあ⋯⋯」

 グラシューから溢れ出したような疑問符に、僕は弱々しく呟いて答えるしかなく、せわしなく入ってくる集団を見ていた。

 彼らはジャスタさんを見つけるやいなや、彼の下に歩み寄って行った。

「おう? 王宮の兵士様たちが、ここに何の用でえ?」

「ソーイチという少年はいないか?」

「ソーイチ? アイツならあそこにいるが」

 ジャスタさんは武骨な集団の先頭に立つ男に問われると、僕の方を向いて指差した。

「ご協力感謝する」

 先頭の男がジャスタさんに謝辞を述べると、集団は僕らの三人の席の方に歩いてきた。

「な、なんだアンタ達はっ!?」

 集団を見たグラシューは、慌てた様子で叫んでいた。

「ソーイチとは御主のことか?」

「は、はい。そうですけど⋯⋯」

 集団の先頭に立つ男に、僕は歯切れの悪い返事で答えた。

「我が国の王が、御主とお会いになりたいとのことである。今すぐ御同行願いたい」

 真剣な眼差しで頼まれた僕は、目を丸くして彼の顔を見た。

「え⋯⋯? 王が俺に?」

 僕は意図せず呟くと、グラシューとバリーの表情を確認し、再び男の顔を見た。

「それは⋯⋯断れない感じですか?」

「王の招集は、絶対的な法的効力を持つ。それに応じないことは、重罪である」

 厳しい口調で言われた僕は、再び、二人の顔を見た。

「⋯⋯ごめん、何かそういうことみたい。俺抜きでも大丈夫?」

 僕が申し訳なく言うと、二人は、互いに顔を見つめ合った。

「行ってこいよ。王様に呼ばれるなんて、滅多なことじゃないぜ?」

 バリーは僕の方を振り向き、笑顔を見せながら明るく言ってくれた。

 ただ、グラシューは何か浮かない顔をしていた。

「帰ってきたら、また土産話聞かせてくれよ! なあ、グラシュー、別にいいよな?」

 バリーは、グラシューの方を見て問いかけた。

「えっ⋯⋯ああ、まあ⋯⋯仕方ねっか」

 グラシューは、言葉に詰まりながら答えていた。

「ごめん⋯⋯! すぐ戻るからさ!」

 僕は、二人に向かって手を合わせながら立ち上がり、集団の方を向いた。

「じゃあ、行きますんで。よろしくお願いします」

「承知した。では、我々について参れ」

 物騒な金属音をたてながら歩き始めた集団の後に、僕はついて行った。

 

スポンサーリンク

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー