第69話 破られた装甲

 キャリダットのナンバーワンクエスターであるゴルシ・ノリウッチは、ここ近年感じたことのない喜びに満ちていた。

 八人のトップクエスターが集結する、キャリダットに於ける代表闘技会。その準決勝で、彼は自分自身を満足させ得る相手と闘っているからだ。

 その相手、ソーイチ・ツキムラは、試合開始から三〇分近くゴルシの相手をしていた。ゴルシが国内で無双の強さを見せるようになって以来、彼がこれだけ長い時間、闘技会で闘っているのは初めてである。

 

スポンサーリンク

『 一ノ瀬さんって、こんなに可愛かったっけ!?』第69話

アルサヒネ歴 八六六年三月一五日
王者は悦楽に浸る

「いいぞ、ソーイチ。ここまでオレとやり合えるとは。期待して待っていた甲斐があったぜ!」

「そいつはどうも⋯⋯」

 満足そうな笑顔で話すゴルシを他所に、ソーイチは睨み付けるような目で彼を見て、開口していた。

「それだけの速さで三〇分近く動き回れるとは、スタミナも相当あるんだな」

「⋯⋯まあ、自分にとっちゃジョギングみたいな速さですからね」

「何⋯⋯?」

 ソーイチの言葉を聞いたゴルシから、笑顔が消えた。

「だってゴルシさん、あなた本気出してないでしょう? ナンバーワンとされる実力、その程度の訳がない。手を抜く相手には、相応の力で臨むのが礼儀ではないかと」

 ソーイチは、淡々と言葉を紡いでいた。

「それとも、あなたの求める刺激とは、ご自身の本気すら出さず、こんなダラダラと退屈な勝負を続けるような、生温いものだったんですか?」

 彼が嘲笑うかのような表情で言い終えると、ゴルシの顔が若干引き攣った。

「ほう⋯⋯言ってくれるな。すぐに試合を終わらせちまうのも面白くねえから、いつも通り手を抜いてたんだが⋯⋯」

 次の瞬間、ゴルシの目付きが変わった。

「いいだろう! そんなにオレとの勝負が退屈だったら、すぐに終わらせてやるよ!」

 高らかに言い放たれた台詞と共に、ゴルシの身体の周りが白く輝きだした。

「ふんっ!」

 彼が良く叫ぶと、彼の周囲から爆風が発せられ、ソーイチはその勢いに煽られた。ゴルシの筋肉は先ほどよりも隆起しており、チラホラと血管が軽く浮き上がっていた。

「おおっ⋯⋯さすがですね。そうこなくては」

 ソーイチは嬉しそうに笑いながら、再び低く構えを取った。

「勢い余って殺しちまったら、許してくれよっ!」

 ゴルシは両手にハンマーを掲げ、ソーイチに向かって次々に振り下ろした。

 ソーイチは飄々とした表情で、軽々とその攻撃を躱し、空を切るハンマーが地面に打ち付けられる度、試合会場に地響きが起こった。

「おおおっ⋯⋯! 揺れてるぜ!」

「あんなゴルシ初めて見るな⋯⋯」

「今まで、本気じゃなかったのか?」

 観客席からは、興奮気味な声が会場に響き渡っていたが、ゴルシのあまりの攻撃の激しさに、恐れ慄く声が目立ち始めていた。

 一方、ゴルシの猛攻を目の前にするソーイチは、落ち着きを払い、それを避け続けていた。

「どうした! 逃げ回ることしかできねえのかよっ!」

 ゴルシは脅しを掛けるような声で叫びながら、巨大なハンマーを振るい続けていた。

「そうですね、攻撃してみますか」

 ソーイチはそっと口にすると、目にも止まらぬ速さでゴルシとの距離を詰め、彼の手元を斬り付けた。

 その軌道は、ゴルシの左手の甲を捉えた。

 そして、鈍い金属音が鳴り響く。

「ううっ!」

 ゴルシは顔を歪め、悶えるような声をあげた。

 彼はハンマーを持っていた左手を離し、腰の辺りでぶらつかせた。

「あれ、どうしました?」

 ソーイチは、小馬鹿にしたような口調で声を発した。

「ぐうっ⋯⋯左手が痺れやがる⋯⋯! てめえ、まさか本当に力を隠して⋯⋯!?」

 ゴルシは鋭い目付きで、ソーイチを見た。

「そんな⋯⋯ウソを言ってどうするんですか。そんなの、ナンバーワンのあなたに失礼ですよ」

 ソーイチは微笑を浮かべながら言うと、再びゴルシとの距離を詰め、今度は脇腹辺りを短剣を横に薙ぎ払った。

「ぐぅおおおおおっ!」

 苦痛に耐えられず、叫ぶゴルシ。

 彼の脇腹付近から、ジワリと血が流れていた。

「ご、ゴルシが流血!?」

「まさかっ、そんなことがっ⋯⋯!」

 会場から、ゴルシの様子を憂慮する声が漏れ始めた。

「イケる、イケるぞ! ソーイチ!」

「そのままのしちまえ! お前が新しいナンバーワンだっ!」

 そして、ソーイチを贔屓する観客からは、興奮する声が力強く発せられていた。

 悲鳴と歓喜。

 会場は二分されたコントラストに包まれた。

「このクソガキが⋯⋯このオレに傷を負わせるとは⋯⋯!」

 怒気を孕むゴルシの言葉に、ソーイチは瞠目して首を傾げた。

「あれ? どうも穏やかじゃないですね。刺激が欲しいって仰っていたから、傷付くくらいの勝負がしたいのかと」

「黙れ! 人を小馬鹿にしやがって! ぶっ殺してやらあ!」

 狂ったように叫び出すゴルシの身体から、さらに眩しい白い光が発せられ、彼の身体はさらに盛り上がり、赤みを帯びてきた。浮き上がっていた血管も、さらに目立っていた。

「ああああああああっ!」

 ゴルシは雄叫びを上げ、ソーイチに襲いかかった。

 全てを亡き者とせん、驚異の一撃。

 しかし、そんな巨人の猛攻は、ソーイチの身体に全く触れることがなかった。

 涼しい顔をしたソーイチの目の前で、ゴルシのハンマーの軌道は、空を切り続けていた。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー