第70話 強者を示す方法

 どうやら、予想以上に強くなり過ぎてしまったようだ。

 目の前の怒り狂う巨大な悪魔の攻撃も、僕は軽々と避けることが出来た。恐らく、ゴルシさんは本気だろう。でなければ、こんな狂ったような叫び声は出せないはず。

 いや、避けられるだけではない。

 

スポンサーリンク

『 一ノ瀬さんって、こんなに可愛かったっけ!?』第70話

アルサヒネ歴 八六六年三月一五日
月村蒼一は異世界で頂点に挑む

「ぐぅがあああああっ!」

 僕の放つ攻撃は全て、ゴルシさんの堅牢な身体を傷付けていた。その度に、品性のない叫び声が会場に響き渡っていた。

 そんな僕もエンジン全開であるかというと、そうではない。本気の一歩手前、六〇~七〇パーセントといったところであろうか。

 ゴルシさんは酷い怪我を負っていたが、彼の動きは鈍ることがなかった。鉄壁の防御力だけでなく、無尽蔵の体力もまた、彼の強みであることが改めて分かった。

「くそがあぁぁぁっ!」

 彼の攻撃の力強さは、更に増す。

 しかし、単調さもそれに比例する。

 その大振りな攻撃は、僕にカウンターを当てて下さいと、宣言しているようなもの。僕は致命傷を与えんとする攻撃を次々に与え、ゴルシさんの身体にダメージが蓄積していくのは、目に見えて分かった。

 それでも尚、彼は狂ったように僕に向かってくる。

--さすがにしつこいな。こいつで黙らせてやるか。

 ゴルシさんのとりわけ大振りな一撃を躱し、僕は距離を取った。そして、短剣を持つ右手に力を込めた。

「愚劣なる魂、ここに浄化せん!」

 僕はそれらしいことを叫び、本気モードのリスヴァーグを放った。

 青白い輝きを放つ一筋が、ゴルシさんの身体に突き刺さった。

 その巨体は、宙を舞った。

 そして、激しい音共にその身体は地面に墜落し、会場が軽く揺れた。

「あ⋯⋯やべ⋯⋯やり過ぎたかな?」

 僕は急いで、ゴルシさんの下に駆け寄った。

「ぐぅぅぅ⋯⋯」

 大の字になって倒れる彼は、唸り声をあげ、顔を歪ませていた。

「ああ、よかった。さすがに鋼の身体の持ち主⋯⋯って」

 僕がそう言いかけると、ゴルシさんは再び立ち上がった。

「おおおおおおおおっ!」

 彼の目は血走っており、身体のそこら中から激しく流血していた。

「ま、まだやる気ですか?」

 ゴルシさんは僕の問い掛けに応じることなく、再び巨大なハンマーを手にした。

「死ねやああああぁあぁっ!」

 僕に向かって、懲りずにハンマーが振り下ろされた。

 相変わらずの力強さだが、動きは明らかに鈍っていた。それよりも、彼はこのまま動き続けたら、死んでしまうのではないだろうか。

 僕は審判席の方を見た。

 彼らもいつ飛び出して試合を止めようか、見計らっているようだった。

--いや、早く止めようって⋯⋯! この人、死んじゃうって!

 ゴルシさんはフラフラになりながらも、強烈な攻撃を放ち続けてきた。僕は相変わらず躱し続けるが、とにかく、彼の安否が気になる。

「ゴルシさん、もうやめましょう! 死んじゃいますって!」

「うるせえっ⋯⋯! オレが⋯⋯オレが負けるかあっ!」

 僕の提案に、ゴルシさんは全く聞く耳を持たなかった。叫びながらハンマーを振り回すゴルシさんの脚は、ガクガクに震えていた。

 彼を支えているものは、一体何なのか。

--審判団も、ゴルシさんが手を出し続けているから、止めようにも止められないってことか⋯⋯。だからって、これ以上攻撃したら、いくらゴルシさんとはいえ、死ぬかもしれないし⋯⋯。くそ、厄介なことになったな。

 僕が頭を悩ませていると、観客席から歓声が響き渡り始めた。

「ゴルシ! あきらめるな!」

「まだやれるぞ!」

「負けないで! ゴルシ様!」

--これって⋯⋯?

 会場全体が、ゴルシさんを励ます声援に包まれていた。

 その声に後押しされるように、ゴルシさんの攻撃は、また鋭さを取り戻してきたように思えた。

「ゴールーシッ!」

「ゴールーシッ!」

「ゴールーシッ!」

 ゴルシ・コールが天高く響き渡る。

 試合前から僕に味方する声も、半分くらいあったはずだが、その発信源でさえ、ゴルシさんに傾倒してしまっていた。

--何だよ⋯⋯! これじゃ、俺が悪役みたいじゃないかっ!

 心の中で僕は愚痴りながらも、攻撃を躱し続けた。

--諦めずに攻め続けるゴルシさんの姿に、みんなが心打たれてるってわけか。人間ってそういうの好きだもんな⋯⋯。

 歓声を味方につけたゴルシさんの攻撃は、相変わらず続く。

 しかし、その軌道は酷く単調。

「だからって⋯⋯俺も負けてられない!」

 僕は、上空に飛び上がった。

 そして、ゴルシさん目前の地面で短剣を突き刺し、ノブレス・ダイヤモンドを放った。

 地表から発せられた爆発によって、彼の巨体は再び宙を舞った。

 そしてそれは、激しい音と共に落下した。

 その瞬間、響き渡る歓声が止んだ。

--頼む、生きててくれ⋯⋯!

 僕は倒れるゴルシさんに近付き、祈るような目で見つめた。

「ごふっ⋯⋯!」

 ゴルシさんは吐血しながらも、何とか呼吸をしているようだった。

「よかった⋯⋯!」

 僕は思わず声を上げると、審判団の方を見た。

「早く担架を呼んでくださいっ!」

 僕が手招きしながら叫ぶと、数名の人たちが、控え室から飛び出すように走ってきた。

「早くっ!」

 僕の叫び声に応えるように、審判や救護班が、颯爽と到着した。

 彼らがゴルシさんの様子を窺った、その時⋯⋯、

「うおおおおおおおおっ!」

 血塗れの巨体は再び地に足を付け、立ち上がった。

「ひいいいいいいっ!」

 それを見た救護班の人たちが、悲鳴をあげた。

「はあっ⋯⋯はあっ⋯⋯! な、なんだテメエら⋯⋯試合はまだ終わってねえぞ!」

 ゴルシさんは枯らした声で、必死に叫んでいた。

「や、やれるのか? ゴルシ?」

 審判の人は声を震わせながら、ゴルシさんを見上げていた。

「あ、あたりめえだ! こうしてオレは立ってんだろうがっ!」

 ゴルシは興奮した様子で言うと、僕の方を見てきた。

--マジかよ⋯⋯! 何なんだよ、この人!

 僕は再び構えた。

「で、では試合再開っ! 救護班撤収! でも、次倒れたら、今度こそ止めるからな!」

 審判と救護班は、再び控え室に戻っていった。

「いいぞゴルシ! やれーっ!」

「そんなガキに、お前が負けるわけねえんだっ!」

「ゴールーシッ!」

「ゴールーシッ!」

「ゴールーシッ!」

 静まり返った観客が、再び湧き上がった。

 それと共に、ゴルシさんの鈍くも力強い攻撃が、再開された。

--まったく、人ひとり死ぬかもしれないってのに⋯⋯。何て無責任な応援だよ!

 ゴルシさんの攻撃の切れが落ちているのは、明らかである。僕の攻撃は、確実に彼の身体へとダメージを与えている。そして、彼の体が限界に近いことは、間違いない。

「ゴールーシッ!」

「ゴールーシッ!」

 観客の心無い応援は、鳴り止むことがなかった。

--いや、待てよ。そもそも試合に勝つことが、ゴルシさんを超えたことの証明になるのか?

 ゴルシさんは、狂気に満ちた目で僕を睨み、襲ってくる。

 そんな攻撃を躱しながら、僕は考えた。

--倒せる。俺は絶対にゴルシさんを倒せる。もう俺の実力がゴルシさんを上回っているのは、明らかだ。『一番強いことを示す』ためにやるべきことは『一番強い人』を一方的に打ちのめしたり、命を奪うことなのか? 

 僕は、動きを止めた。

「いや、そんなはずはない!」

 僕は叫んで歯を食いしばり、ありったけのマナを集中させた。

 鈍くも恐るべき勢いで振り上げられたハンマーが、僕の側頭部に直撃した。

 その衝撃で、僕の体は吹き飛ばされた。

 僕は浮遊しながら、だんだんと自分の意識が遠のいた。

 そして、目の前が真っ暗になった。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー