第83話 らしからぬ振る舞い

 僕はハプスさんの肩を持ち、控え室まで彼女を連れて行った。ハプスさんをベンチに座らせると、彼女はふうっと息を吐いた。

「ありがとう。もう大丈夫よ」

「まったく無理しすぎですよ⋯⋯」

 心配そうに顔を顰める僕に対し、ハプスさんは穏やかに笑っていた。

「あのコを怒らせて、本気を出させたとは思うけど、君の知らない引き出しを見せられたかしら?」

「ええ、十分に! だいぶ闘い易くなりましたよ」

「そう⋯⋯良かった⋯⋯」

 ハプスさんは今までにない笑顔を見せたかと思うと、 彼女は目を瞑り、隣に座っていた僕にもたれかかるように倒れてきた。

「ハプスさんっ!?」

 

『 一ノ瀬さんって、こんなに可愛かったっけ!?』第83話

アルサヒネ歴 八六六年五月一三日
月村蒼一は異世界で再会を果たす

 倒れかかってきたハプスさんは、急に激しく息を切らしていた。

 そして彼女の額から、大量の汗が吹き出し始めていた。

「はあっ⋯⋯はあっ⋯⋯⋯⋯。ごめん、ちょっと⋯⋯疲れちゃったかな⋯⋯」

「大丈夫ですか!?」

「あ、あのコと闘ってる間は、ずっとフルスロットルで⋯⋯しかもテレパシーで話し続けてたから⋯⋯」

「えっ!?」

 ハプスさんが一ノ瀬さんと闘っていたのは、およそ一五分くらいだろうか? その間、ずっと一〇〇パーセントのマナを放出していたなんて、あり得ないことだ。

 クエスターの闘いで本気を出すということは、マナを八割ほど放出することがそれに当たる。マナを一〇〇パーセント解放するのは、勝負どころの一瞬に限られる。ハプスさんがしていたことは、全力のダッシュを一五分間続けていたということに等しい。

 しかもその間、テレパシーで話し続けていたなんて、彼女はどれだけ身体を酷使していたのだろう。

「俺の為に⋯⋯そんなバカなこと⋯⋯」

 若干、僕の涙腺が緩みはじめた。

「コラ⋯⋯⋯⋯まだ⋯⋯泣くとこじゃないでしょ?」

 ハプスさんは僕の胸元に寄りかかりながら顔を上げ、笑いながら見つめていた。

「わかってると思うけど⋯⋯ソーイチ⋯⋯あのコを⋯⋯クレアを助けてあげて⋯⋯」

 真剣な表情に一変したハプスさんを、僕もそれに応えるような目で見つめた。

「あのコ、すごく苦しんでる⋯⋯君への憎悪と⋯⋯愛情との⋯⋯葛藤で⋯⋯⋯⋯」

 ハプスさんは一ノ瀬さんとの心の会話の中で、彼女の複雑な思いを読み解いたのだろう。その言葉の内容は、僕が一ヶ月前にサフィーさんから教えてもらったことと、同義であった。

 精霊の意図することに言われずとも追いつくハプスさんに対し、僕は改めてその器の大きさを感じた。

「わかってます」

 僕は毅然とした口調で答えた。

 それを見たハプスさんは、再び目を瞑った。

「ハプスさんっ!?」

「心配しないで⋯⋯ちょっと疲れただけ」

 ハプスさんは安心した表情で、僕の胸元に寄りかかっていた。

「ソーイチの胸元って⋯⋯いつの間にやらこんなに⋯⋯頼りがいのあるものになってたのね」

 僕はその言葉に、一瞬体を震わせた。

「いいなあ⋯⋯クレアは。この胸元を、独り占めできるのかもしれないなんて⋯⋯」

「何⋯⋯言ってるんですか⋯⋯」

 ハプスさんは柄でもなく、女らしさを見せ始めた。

 本気なのか、冗談なのか。

 読めない彼女の言動に、僕は大いに戸惑った。

「ホラ⋯⋯早く行きなさい。私の心配なんかしてる場合じゃないでしょ?」

「わかりました。ハプスさん、本当にありがとうございます」

 僕が快くお礼を言うと、ハプスさんは柔らかに微笑んだ。

 僕は静かに彼女をベンチに寝かせると、彼女はすぐに息を立て、眠りについた。

「っしゃあ! 行くか!」

 僕は気合を入れ、闘技場から溢れ出す光に向かって歩き出した。

 

スポンサーリンク

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー