第86話 受けるべくは彼女の思い

 目の前に立つ、狂気に囚われるが如く叫ぶ少女は、僕に人差し指を向けた。

 そして、数えるに絶えない光熱線が放たれてきた。

 その光は、常軌を逸した速さで飛んでくる。

 時間を止めるでもしない限り、これを避けることは不可能に近い。

 僕はマナを集中させ、構えた盾にそれを伝わらせ、完全なる防御態勢を取った。

 

『 一ノ瀬さんって、こんなに可愛かったっけ!?』第86話

アルサヒネ歴 八六六年五月一三日
月村蒼一は異世界で再会を果たす

「ぐうううっ!」

 彼女から放たれた光熱線が、僕の盾にヒットすると、激しい爆発が起こった。

 身体に凄まじい衝撃が走る。

--でも、全く耐えられないわけじゃない⋯⋯!

 僕は、ある程度の手応えを感じた。

 もし、これが一ノ瀬さんの全力なら、防御に徹すれば凌ぎ切れる算段が立つ。

「アンタに⋯⋯アンタに何がわかんのよおぉぉぉぉっ!」

 さらなる光熱線の嵐が、僕を襲ってきた。

 僕の目の前で、爆発音が絶え間なく鳴り響いている。

「いいわよねっ! 成績優秀で爽やかスポーツマンのイケメンのアンタには、悩みなんか全くないんだろうねっ!」

 一ノ瀬さんは何か叫び声を上げているようだが、爆発音でよく聞こえない。

 また、爆発によって発生した煙で視界が悪くなっていて、彼女の姿が霞んでいた。

「ぐあっ!」

 さらに強い衝撃が襲った。

 これは、光熱線の類ではない。

 わずかな視界から見えるその先には、球体の光を手に持つ一ノ瀬さんの姿があった。

「私には⋯⋯私には、ただ、大人しくしてることしかできなかった⋯⋯! また、嫌われるのが恐かった⋯⋯!」

 バスケットボール並みの光の球体が、彼女の手から次々と放たれ、僕の構える盾に激突した。超絶的な爆発が次々と起こり、僕の意識を奪っていった。

--これは⋯⋯ヤバイかも。

 一ノ瀬さんの光熱線攻撃は、マナを溜めることなく瞬時に放たれ、放たれた後の速度も尋常でない。

 きっと彼女にとって、その技は牽制にすぎないのであろう。

 今放たれた光の球体は、多少溜めが必要な上、向かってくる速度も、光熱線よりは劣っていたが、その分、威力は格段に上がっている。

 一ノ瀬さんは、再び両手に力を込めている。

「でも⋯⋯アルディン様は⋯⋯私の眠ってた正義感を蘇らせてくれた⋯⋯! この世界に来て、私は生き生きとした自分自身を、取り戻すことができた!」

 再び、夥しい数の光の球体が、僕に向かって放たれてきた。

--無理だ⋯⋯! こいつは耐えられない!

 僕は右方向に向かって飛び込み、何とか球体を避けた。

 無人の地面に叩きつけられた球体は、凄絶な爆発を起こした。

「うおおおおおおっ!」

 僕はその爆風に煽られ、身体が吹き飛ばされていた。

 爆発した方向に目をやると、甚だしく抉られている地面があった。

「げぇっ⋯⋯なんつー威力だよ⋯⋯」

 僕は思わず、感想を漏らしていた。

「だから⋯⋯私はアルディン様の言うことだったら、何でも聞く! アルディン様の言うことが、全ての真実だと信じてる!」

 一ノ瀬さんは、懲りずに両手に力を込めていた。

--くそッ⋯⋯また来る!

 同じように放たれた球体を、僕は這いずり回るように何とか避けた。

「それがたとえ⋯⋯あなたを殺せという命令だとしてもね⋯⋯!」

 よろける僕を他所に、彼女はまた両手にマナを込めると、離していたその手を合わせた。

 彼女の身体からは、溢れんばかりの紅い光が放たれていた。

 彼女の周りから爆風が発生し、僕はそれに煽られる。

「ぐうっ⋯⋯! 今度は何をしようってんだ⋯⋯!?」

 この技は、ハプスさんとの闘いでも見せていない。

 全身全霊を込めた、彼女の秘技だと思われる。

--今、めっちゃ隙だらけだけど⋯⋯これを正面から耐えないと、一ノ瀬さんの思いを受け止めたことにならない気がする⋯⋯!

 僕は気合を入れ直し、短剣と盾をクロスさせ、構えを取る。

 そして大きく息を吸い込み、ありったけのマナを放出する覚悟を決めた。

 一ノ瀬さんの両手がますます大きく輝き始め、今にも想像を絶する何が放たれようとしていた。

「ははっ! バカなの!? これをマトモに受ける気?」

「俺は、君の思いを全部受けると決めた! 君を助ける為に、あらゆる覚悟を決めてきた!」

「はあっ!? わけわかんないし!」

 一ノ瀬さんは首を傾げていたが、僕は関係なくマナを放出し始めた。

「いいから撃ってこいよ! 俺を殺したいんだろっ!? それとも実は、俺が死ぬのを怖がってんのか!?」

 僕は彼女を挑発するが如く、激しく叫んだ。

 それに対し、彼女は動揺しているように映る。

「バ、バカにしないでよっ! いいわよっ! 撃ってやるわよ! これで終わりにしてやるからっっ!」

 一ノ瀬さんは両手を合わせた。

 すると、膨れ上がった光が、徐々に縮小していく。

 それは、勢いが弱まっていることを示しているわけではない。

 今にも放たれんとする勢いが、明白に感じられた。

「あああああああああっ!」

「あああああああああっ!」

 一ノ瀬さんは雄叫びを上げた。

 僕もそれに同調した。

 傍から見れば、僕ら二人は明らかに狂っていることだろう。

 一ノ瀬さんの両手から光が放たれた瞬間、僕の目の前は白く激しい輝きに満ちた。

 

スポンサーリンク

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー