第90話 見上げた空に映るもの

--わかってた。言われなくても、わかってたのよ。自分に嘘をついてることくらい。

 私は真っ白になった空間で、過去を振り返っていた。

 

スポンサーリンク

『 一ノ瀬さんって、こんなに可愛かったっけ!?』第90話

アルサヒネ歴 八六六年五月一三日
一ノ瀬紅彩は異世界で再会を果たす

『いいか、クレア。キャリダットとフィレスが争うようになったのは、キャリダットを治める精霊、サフィローネが元凶だ』

 フィレスのクエスターとして実績を上げ始めた時、アルディン様は私にこのようなことを仰った。

『サフィローネは利益優先の社会を容認し、キャリダット国内に欲に塗れたクエスターを次々と排出し始めた。そして、その流れは我がフィレスをも飲み込んだ。やがて両国は争うようになり、互いの治安を悪くしていった』

『そうなんですかっ!? キャリダットの精霊、サフィローネ様が⋯⋯?』

『あんな奴に『様』を付ける必要はないぞ。おかげで、我がフィレスもキャリダットに対抗する為、ただ強いだけのクエスターを容認せざるを得なかった』

『そんな⋯⋯』

『奴は悪だ。生粋の悪魔だ。フィレスだけではない。我らを屈服させた後、世界中をも自らの手中に収めんと企んでいる』

『許せない⋯⋯!』

『クレア、お前が最終的にやるべきことは、そんな邪悪なる精霊の側近を倒すことだ』

『側近⋯⋯とは?』

『お前がこの世界に来る直前、サフィローネと共にいた少年がいただろう?』

『!?』

--やっぱり、月村くんもこの世界のどこかにいるんだと、私は何だか嬉しくなった。その瞬間だけは。

『そのガキ⋯⋯ソーイチこそ、お前が倒すべき存在だ』

『え⋯⋯?』

--そうなるよね。そんなことだろうと思った。

『ソーイチは悪魔に魂を売った。今はサフィローネの悪しき野望を叶えんとする、欲に踊らせた卑劣なる外道。奴を倒さん限り、この世に平和は訪れぬ』

『⋯⋯⋯⋯』

--何も言えないし。そんなこと言われても。どうしたらいいのよ、私⋯⋯。

『ソーイチはとてつもない力を持ってしまった。しかし、俺は精霊。直接人間に手を出すことは出来ん。そんな奴を倒すことが出来るのは、同じく精霊の使いであるクレア、お前だけだ』

『私⋯⋯だけ⋯⋯』

『迷うなクレア! 悪を滅する為に、今こそお前の正義を燃やす時なのだ!』

『!?』

--そう、そんなアルディン様の目を見た瞬間⋯⋯、月村くんへの憎悪が込み上げてきたのよね。

『月村⋯⋯蒼一! 悪魔に魂を売った⋯⋯憎むべき存在⋯⋯!』

『そうだ! クレア、お前はそんな悪を滅す為、まだまだ精進せねばならぬ。厳しい修行は続くが、ついてきてくれるか?』

『勿論ですわ! アルディン様!』

ーーって、言っちゃったのよね⋯⋯私。でも私、月村くんへの思いも同時に忘れられれば、それで楽になるのかなって、ちょっと期待してた。でも⋯⋯やっぱり忘れられなくて。憎い⋯⋯憎いんだけど、やっぱり気になる存在⋯⋯。それ以来ずっと、私は自分に嘘をついて生きてきた。

 自分に嘘をつき続けた私。

 そのツケが、この月村君から受けた一撃なんだと、今、改めて思った。

 真っ白な空間から段々と朧気に、青々と晴れた景色に変わっていくのがわかった。私は仰向けになって倒れていて、上空を見上げていた。

 お腹の辺りが、すごく痛い。

 月村君から受けた一撃は、色んな意味で痛い。でも、その痛みも、何だか心地良い様に思える。よくわからないけど、涙がじんわりと出てきた。

 傷が痛むから?

 今までのことを否定されたから?

 それとも、重い何かから解放されたから?

 ぼんやりと空を見上げていると、私の顔を眺めてくる男の子の姿が現れた。

 彼の顔は、とても申し訳なさそうな表情をしていた。

「ゴメン⋯⋯大丈夫? 痛かった?」

 何を言い出すかと思えば。

 私の瞳に映るその人は、私のことを心配するように、突然そんなことを言い出した。

--何よ⋯⋯それ。そんなの反則だし。ずるいよ、月村君⋯⋯。

 そんな彼の表情や言動を見て、私は脳内でぼやいた。

 私の瞳から、涙が一人でに溢れ出した。

 それを止められる気は、全くしなかった。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー