第93話 精霊を束ねる者

「ソーちゃん!」

 僕を呼ぶ叫び声が耳に入ってくると、僕はサフィーさんに介抱されていることに気付いた。

「げふっ、げふっ!」

 僕は激しく噎せた。

 そして徐々に、霞んでいた視界が、次第に明るくなっていった。

 

スポンサーリンク

『 一ノ瀬さんって、こんなに可愛かったっけ!?』第93話

アルサヒネ歴 八六六年五月一三日
月村蒼一は異世界で再会を果たす

「大丈夫!? 平気?」

 サフィーさんは必死で僕に声を掛け、僕の肩をゆすっていた。

「は、はい⋯⋯何とか⋯⋯」

「よかった⋯⋯!」

「むぐぅ⋯⋯!」

 サフィーさんは胸元で僕を抱きしめ、僕は変な声を出した。

 顔に柔らかな感触が襲った。

 羞恥心は無かった。

 最早、彼女がわざとやっているかどうかなど、どうでもよかった。

 この事態が収束するなら、何でも良かった。

 出来ることなら、僕はこの胸元でずっと、赤子のように甘えていたかった。何もかもを捨てて安堵したいと思うくらい、僕の精神は極限まで擦り減らされていた。

「あれ? 抵抗しないの?」

 サフィーさんは、不思議そうな目で僕を見た。

「もう⋯⋯疲れました。どうでもいいっす⋯⋯。出来ることなら、ずっとこうしてたいです⋯⋯⋯⋯」

 僕は完全に脱力した声で、彼女に喋りかけた。

「ははっ⋯⋯珍しく素直ね」

 彼女は瞳を潤わせ、ニコリと笑っていた。

「ところでサフィーさん⋯⋯」

「ん?」

「あそこにいる、何かとんでもないオーラを放つ方は⋯⋯?」

 僕は、何やら神々しい雰囲気を醸し出す男がいることに気付き、彼の方を指差した。

 彼は、アルディンさんと一ノ瀬さんの前に立っていた。

「ああ、あの人は⋯⋯」

 サフィーさんは、神妙な目をして呟いた。

「とにかく、あの人のところに行きましょう。肩貸してあげるから」

 僕はそう言われ、少し間を置いた。

「もうちょっと、こうしていたいんですけど」

「こら、調子にのるなっ」

 彼女は笑いながら、僕の頭を軽く叩いた。

「すいません⋯⋯」

 僕はサフィーさんに支えられながら、男の立つ下へ歩き出した。

「いやな、気持ちはわかるんだわ」

「ははーっ⋯⋯!」

 神々しい雰囲気を醸し出す男の前で、アルディンさんが深々と頭を下げていた。一ノ瀬さんは、アルディンさんの側で横になっていた。

「おう、サフィー、お疲れ」

 男は僕らのことに気がつくと、精霊であるサフィーさんに、軽々しい声で挨拶した。

「お疲れ様です」

 サフィーさんはいつものような軽快なノリは見せず、少し恐縮しているような態度で男に挨拶を返した。

「おおー、生きてたか、そいつ」

「はい、何とか」

「よかったよかった、危うく貴重な人材が一人減るところだったぜ」

 相変わらず軽妙な口調で語られた男の言葉に、サフィーさんは、少し考え込んだ。

「一人減る?」

「ああー、まあ結論から言うとだな、お前ら二人とも、合格ということで」

「はいっ!?」

 サフィーさんは、男の言葉に驚愕していた。

「管理者は変わらず、七人のままということで」

「大丈夫なんですか? 人員削減はクライアントの強い意向だって、言ってたじゃないですか」

 異世界ファンタジーに迷い込んだ筈なのに、二人の会話には妙に現実味を感じ、僕は強い違和感を覚えた。

「アトミカリアンで規格外のマナを持つなんて希少な存在、無視するわけにいかんだろ? しかも二人。さっきの闘いぶりを見てたが、想像以上の逸材だったんだな、これが」

「はあ⋯⋯そうすか」

「で、クライアントを説得するだけの材料には充分ってわけ。だから、その子供ら二人をアンチ・ヌクリナーとして招き入れ、お前ら二人も変わらず、保守のPLを頑張りなってこと」

「まあ⋯⋯そういうことなら、それで構わないんですけど⋯⋯」

 サフィーさんは、何となく不服そうだった。

 一方の僕は、聞き覚えの無い横文字が並ぶ会話に、全くついていけなかった。

「まあ、そんな顔するなや。だから今、アルディンを説教してやってんだろ?」

 男は、アルディンさんの方を見た。アルディンさんは、相変わらず頭を下げたままである。サフィーさんも、アルディンさんの弱気な姿を見ていた。

「⋯⋯ですか。ではきっちり、お灸を据えてやってください」

 サフィーさんは細々と言った。

「だとよ。まあ、俺としてはその娘の精神的フォローをしっかりやって、キッチリ戦士として使い物になるようにしてくれりゃ、それでいいんだが」

「はっ⋯⋯! 承知しておりますっ!」

 アルディンさんは、異様な低姿勢を見せた。

 さっきまでの威勢の良さは完全に失い、まるで別人のように思えた。

「それも出来ないとなったら⋯⋯、どうなるかわかってんな?」

「ははっ! 勿論でございます!」

 脅しをかけるような男の台詞に、アルディンさんは従順に返答し、少し震えているようにも見えた。

 兎にも角にも、この男の人はいったい何者なのであろうか。

 二人の精霊が低姿勢で接しているので、それを超えた存在であることは、容易に察しが付くところだが。

「あの⋯⋯サフィーさん。この方は⋯⋯?」

 僕は、サフィーさんにこっそりと問い掛けた。

「ん? ああ⋯⋯そうよね。この人は⋯⋯」

 やや言葉に詰まるサフィーさんの方に、例の男は顔を向けた。

「まあ、今はまだ、当たり障りのない感じで」

 サフィーさんも、男の目を見た。

「わかりました」

 サフィーさんは淡々と返事をすると、改めて僕の方を見た。

「この人はね、私たち七人の精霊を束ねる、言わば『精霊王』と呼ばれる存在」

「せ、精霊王⋯⋯!?」

 何となく、僕は驚いてみた。

「そう。精霊王・クラスティス様よ」

「精霊王⋯⋯クラスティス様⋯⋯!」

 僕は恐れ多い表情を見せ、精霊王とされる男の顔に目をやった。

「よろしく」

 彼はドヤ顔を見せ、僕に挨拶してくれた。

「ただ⋯⋯それもあれですよね? 『便宜上』ってやつ?」

 僕は軽いノリで言うと、精霊王・クラスティス様は、目を丸くした。

「こらっ⋯⋯! ソーちゃん!」

「え⋯⋯?」

 サフィーさんは、ボロボロになった僕の服を引っ張った。

「ははははははっ!」

 クラスティス様は、高らかに笑い出した。

「面白えことを言う小僧だな。なかなか気に入ったぞ」

 彼は、僕の顔を凝視してきた。

「お前には、世界の真実ってもんを見せてやるよ。楽しみにしてな」

「は、はい⋯⋯」

 僕はクラスティス様の勢いに圧倒され、小声で返事を漏らす他なかった。

「さて、ここまで来るのに、色んなことを捻じ曲げてきちまったな。この地域の後処理、しっかり頼むぜ、二人とも」

「はいはい、わかってますよ」

「ははっ! 承知しましたっ!」

 サフィーさんとアルディンさんは、クラスティス様の言葉に対し、承諾の姿勢を示していた。

 すると、クラスティス様は、何の前触れもなく姿を消した。

「さて、私達は後片付けをしなきゃ。ソーちゃんは疲れたでしょ? 帰るなり、そこの控え室で休むなり、体力の回復に努めてちょうだい」

 サフィーさんは、僕の肩をポンと叩いた。

「あ⋯⋯ハイ。わかりました⋯⋯。だけど⋯⋯」

 僕は、横たわる一ノ瀬さんのことが気になっていた。

「ああ〜、クレアちゃんが心配? まあ、今はあなたの顔を見ても、余計混乱するだろうからさ。気持ちは分かるけど、しばらくは、あのバカに任せてあげて」

「フンっ⋯⋯!」

 不機嫌そうに鼻息を荒くするアルディンさんが、一ノ瀬さんを抱きかかえ、フィレス側の控え室へと歩いて行った。

「そのうち、クレアちゃんが自分を取り戻す為に、あなたを必要とする時がやってくるだろうから。その時はよろしくね」

「そう⋯⋯ですか」

 僕は、遠くなっていくアルディンさんの背中を見つめていた。

「あらあら? さみしい? クレアちゃんに会えなくなって」

「え!?」

 僕は揶揄うサフィーさんの方を、思わず振り返った。

「な、何言ってるんですかっ⋯⋯! しばらくあの恐い顔を見なくてもいいんだと思うと、安心してますよっ!」

「ははっ。もう〜、強がっちゃって。かわいい」

 彼女の笑顔は、少し憎たらしく感じた。

「じゃあ、またね。これからあなたには、お願いしたいことが山ほどあるの。準備ができたら、また会いに行くから」

「はい、待ってます」

 僕は晴れやかな返事をして振り返り、キャリダット側の控え室へと歩いて行った。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー