夫と不倫相手の裁判に巻き込まれている後藤真希

 

充実しているなら不倫などしない。

不満があるから不倫に走る。

ママタレとして再ブレークを果たした後藤真希だが、心の疲弊は限界に達していた。

不貞行為は良くないことだが、それに溺れさせるきっかけを与えることは、もっと悪い。

 

スポンサーリンク

後藤真希が不倫騒動で謝罪

2019年3月13日、元モーニング娘。の後藤真希が元恋人との不倫報道について、ブログで謝罪した。

 

「この度は、ファンの皆様、関係者の皆さまに多大なるご迷惑、ご心配をおかけしました事を深くお詫び申し上げます。報じられている通り、昨年、夫とは別の男性と関係がありました。誠に申し訳ございませんでした。私の未熟で軽率な行いにより、生涯を誓った夫を深く傷つけ、妻として母として、またこのような立場にありながら自覚が足りず、信頼を裏切る事となりました。後悔の思いとともに深く反省しております」

 

昨年の1月ごろから後藤さんは元恋人と不倫関係にあり、夫が元恋人を相手取って裁判中であるとのことだ。上記のコメントの通り、彼女も不倫を認めている。

 

後藤真希の心中はいかに

 

文春オンラインの報道では、夫のDV疑惑を伝えている。しかし後藤さんはこのことを否定。

 

「当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやりとりから誤解を招く内容となり、大変反省しております」

 

そのようなコメントを残し、夫との離婚も否定している。

しかし、彼女の犯した不貞行為とは本当に一時的な過ちだったのか。どうにも後藤さんから、この台詞を旦那に言わされてい感が強くにじみ出ているように思えてならない。

女性を不倫に走らせる動機は、そんな甘ったるいものではないはずだ。そこで、後藤さんが夫に受けたDVやら束縛とやらを、ここで詳しく検証してみる。

 

後藤真希が旦那に受けたキツい束縛とは?

後藤さんの夫と不倫相手とされる元カレが、330万円の損害賠償を巡って法廷で対立中。

被告の元カレは、旦那の自己中心的な態度、過度の束縛、性行為の強要に苦しんでいたとのこと。さらに芸能界で仕事をしている彼女は誰にも相談することができず、精神的に追い詰められていた。

元カレは更に後藤さんが夫に対して愛情を全く感じていないことを強調。そして、後藤さんが自身に対して恋愛感情を抱いていることも示唆。

 

身も心も傷だらけだったのか?

 

ここまで聞くと、完全に元カレが正義のような語り口。一方的な主張で信憑性に欠ける感が否めないが、後藤さんが元カレに送ったというLINEのメッセージは、夫の凄惨な束縛ぶりを生々しく表現していた。

 

「電話来なきゃいいけど。出るまでかけてくるからね。ラインも返事しないとスタンプ連続だよ。束縛ひどいよね」

 

どんなスタンプが画面上に連ねられていたのだろうか。考えるだけで身震いがする。

 

「私の行くところ、やる事、前もって一つ一つ話さないと嫌みたい。詰まる(中略)全部自分から一個ずつ伝えておくべきものなの? 点滴で何を入れてるのかとかも成分まで教えなきゃいけないものなの? 金額も教えないといけないの? 私が伝えてないのが悪いの?」

 

点滴の成分?

旦那はいったい彼女の何を知りたいのだろうか。後藤真希に執着するあまり、身体中の成分まで知り尽くさないと気が済まないということか。

 

「あたしさ、会社の人に離婚するって言ったのね。何故ならもともとそうしよう!って話になったから。旦那に会社にも伝えなよって言われたから、だから伝えたのね。人間じゃないだの、狂ってるだの、罵られまくって、だったら人間辞めてやるから待ってなよってなって。あちこちアザできて。もう無理だったのよ」

 

後藤さん自身どうしていいか分からず、リアルに発狂している様子が強く窺える。

 

兎にも角にも、これらが動かぬ証拠と捉えるのならば、旦那は実に酷い生き物である。

この文面からすると、旦那には異様な執着心があり、束縛にひた走る行動心理を持ち合わせていることは容易に想像できる。そして後藤さんの謝罪も、旦那に無理矢理言わされたような気がしてならないわけである。

 

後藤真希の旦那である中谷滋博とは何者?

後藤さんと旦那の出会いは2007年頃という。友人の紹介で知り合い、一度別れたこともあったらしい。しかし、後藤さんの母が亡くなって芸能活動を休止した時、彼はずっと彼女を支えていたとのこと。そこから復縁し、結婚に至ったということだろうか。

 

仲睦まじく見えるが⋯⋯

 

そんな彼女を支えていたと思われる現在の旦那、中谷滋博という男は、後藤さんの弟である祐樹氏の後輩だったらしい。

祐樹氏といえば窃盗で逮捕され、世間を騒がせた人物であることを記憶にとどめる方も多いことだろう。そんな祐樹氏の窃盗犯の片棒を担がされたとも言われる夫だが、真相は闇の中である。

また夫については刺青の噂、元ヤンだったという情報もある。建設関係の会社で働き、解体業をしているという彼だが、ガテン系で働く男には総じてそのような過去がある傾向があり、正直そんな話があっても不思議ではない。

少なくとも、様々な噂を集めて聞いてみると、彼が心底穏やかな性格であるとは言い難い

それにしても、トップアイドルグループの中心として活躍した後藤真希ともあろう者が、ガテン系で生計をなす男を伴侶に選ぶとは、何とも勿体ない気がする。ベンチャー企業のやり手社長をも手中に収められんはずの彼女だが、下町の出身ということで、庶民的な生活が性に合っているのだろうか。

それはそれで彼女の幸せであるならば、外野は黙っておくしかないのだが。

 

後藤真希は旦那の束縛から逃れるべき

男女が不貞に走るきっかけは、どちらか、あるいは互いに不満があることに異論はなかろう。この一件に関しては、完全に後藤さんが大きな不満を募らせていたことに理由がある。

夫の過剰すぎる彼女への思い、そして彼女への束縛。これが全てであろう。

そして、後藤さん自身、誰かに逆らうことができず、優しすぎる性格であるが故の顛末とも捉えられる。弟の逮捕や母の自殺など、多くの不幸を背負ってきた彼女は、何かと他者のワガママを受け入れがちに思えてならない。

 

後藤真希はもっと自分を大切にするべき?

 

もう少し自分自身を大切にしてはどうか。

公的に永遠の契りを結んだ関係とはいえ、執拗な束縛をする夫の支配から逃れることに責められる理由はないだろう。

苦労人・後藤真希が本当の幸せを掴むきっかけは、まずは自分自身の気持ちに素直になり、自分の為の幸せを考えることにある。

 

スポンサーリンク

束縛する男の特徴

結論から言うと、束縛する男は人間として未成熟である。

支配欲が強く、あいつは俺がいないとダメとか勘違いしている実に痛い人間である。

束縛男とされる者の特徴を、以下に挙げていってみることにする。

旦那や彼氏が以下のことに当たる女性は、そのお相手との関係を考え直した方がいいかもしれない。そして自分自身がそれに当たると思った男性は、自身の行動を改めた方がいいかもしれない。

①スケジュールを細かく知りたがる

「今日はどこに行くの?」だけでは済まないのが束縛男。

「何時から何時まで、どこで誰と会うの?」

「どんな理由で、その日にその人と会う必要があるの?」

⋯⋯と、5W1Hを詳細に問い質してくる男だとしたら、要注意。

②携帯を見たがる

お付き合いしているとはいえ、互いに踏み込んではいけない空間があって然り。携帯とは自分だけしか知りえない完全プライベート空間として最たるところ。

そこに入り込もうものなら、もう立派な支配欲の持ち主だ。

③お互いのルールを作りたがる

「朝、起きたら必ずLINEして」

「家に帰る前と着いた後には、必ず電話して」

相手を思っているようで、実は自身の支配欲を満足させるための愚劣極まる行為である。付き合った直後にルール作りを提案してきた男は、要注意。

④男性と話しているだけで怒る

仕事なんだから話すだろ、フツー。

それで済まないのが束縛男。アイツに取られるんじゃないかとか、常に不安に駆り立てられるのが束縛男。つまり己の自信の無さの表れ。

真の男なら、俺が落とした女なら他の男に傾くはずはないと、他の男と話していようがデンと腕を組んで構えるはずだ。

⑤女友達と遊ぶのも嫌がる

まさに論外。

同性同士で語り合い、日頃の鬱憤を晴らすことですら許容できないのは、束縛男の究極。

女友達と会うことですら拒むような男なら、すぐさまその男との交際を考え直そう。

⑥基本的に暇

これな。

自分自身他にやることが無いから、妻や彼女に過剰な要求を強いる。

本当に出来る男なら、休日だろうと常に忙しく駆け回り、それでも何とか交際相手との時間を作るものだ。

 

束縛する男だとわかってしまったら

もし、お付き合いしている方の束縛が酷いと感じたら、すぐにその関係性を正す必要がある。束縛という行為は先に申し上げたように、自信の無さと人としての未熟さ表れであり、その人の欠陥を改めるべき警鐘と捉えるべきだ。

①別れる

これが最良。

そのお相手が若いのならば改善の余地はあるだろうが、ある程度の年齢を重ねているのにも関わらず束縛が強いならば、その人の自信の無さという欠陥を改めるのは至難の業。

相手の気持ちを思える男性は、この世に多く存在することを忘れてはならない。

結婚してしまったのに。

不倫なんて、離婚なんて。

否、相手に明らかな問題があるのならば、人間の作ったルールに従う必要などない。

②無視する

それでも束縛男と一緒にいたいとするならば、その相手を人間的に改める必要がある。それには無視することが極めて効く。

何で俺の話を聞いてくれないんだという理由を、まず本人に分からせてやることが大事。そして相手の諦めがついて束縛が弱くなってきたところに「私が今までされてきたこと教えてあげようか?」的な流れで、今までの束縛ぶりを語ってやり、本人の愚劣さを分からせるのである。

それで相手の成長が見られるのであればしめたものだが、無視を続けて暴力を振るわれるようになったら、その男は人間として末期である。精神病院行き確定と見てよい。

③弱みを見せない

人間は弱みに付け込む生き物である。無駄な優しさを見せることは、相手にいいようにされる隙を見せることに他ならない。

後藤真希さんの話に戻るが、彼女は基本的に他人の不幸を受け入れてしまう優しさというか、お人好しなところがあるように思えてならない。だからこそ、束縛夫に強気に出られてしまう。

人には元々だれかに支配されるなどというルールはないのである。他人に弱みを見せないことは、男女の関係だけでなく、仕事や友達関係でも重要になってくることだ。

人に好かれたいと思うなかれ。少しくらい嫌われるくらいが丁度いい。

 

 

 

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー