栄光のゴールに向かう最終10区。

東海大が大きなリードを持って、初制覇へひた走る。王者青学は、最後に意地を見せられるか。

 

2019箱根駅伝区間エントリー

 各選手の10000m、ハーフマラソン、及び10000mとハーフマラソンをプラスした自己ベストタイムを掲載。

 第95回箱根駅伝区間エントリー

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み
 復路選手変更更新済み

2019箱根駅伝区間別自己ベスト順

 10000m自己ベストタイムを、区間別にランキング化。

 第95回箱根駅伝区間別自己ベストランキング

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み
 復路選手変更更新済み

 

2019箱根駅伝10区スタート

 東海大の郡司は、3分35秒差でタスキをもらい、盤石の態勢で栄光のゴールへ向かう。

 追う東洋と青山。青山の鈴木が早くも東洋の大澤を捉え、前に出る。

 

スポンサーリンク

2019箱根駅伝10区中盤

 蒲田を過ぎ、鈴木は区間新ペースで郡司を追うが、まだ差は3分と背中が遠い。郡司は区間5位のタイムで落ち着いたラップを刻み、優勝を向け一歩一歩突き進んでゆく。

 シード権争いも熾烈を極める。早稲田の小澤が区間4位、中央の川崎が区間3位の走りで、前を追う。逆に力のある明治の坂口が区間22位と大苦戦。10位拓殖と追い上げる12位早稲田の差は、55秒と迫る。

 東海の郡司は新八つ山橋で区間3位と、初の栄冠へ向けペースアップ。

 

スポンサーリンク

2019箱根駅伝10区ラスト

 馬場先門で、郡司の通過が鈴木のタイムを上回る。優勝へ向け、死角は完全に無くなった。

 速いだけでは無い姿を見せつけ、東海大が箱根駅伝レコードで初の総合優勝を成し遂げた。

 シード権争いは、拓殖大の松岡が終盤にペースを上げ、中央学院大を交わし9位へ浮上。拓殖、中央学院共に2年連続シード権獲得。名門早稲田、古豪中央はシードに届かなかった。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー