エース級の選手が揃ったスタートの1区。

混戦模様を呈した主導権争いを制するのは誰か。

 

2019箱根駅伝区間エントリー

 各選手の10000m、ハーフマラソン、及び10000mとハーフマラソンをプラスした自己ベストタイムを掲載。

 第95回箱根駅伝区間エントリー

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み

2019箱根駅伝区間別自己ベスト順

 10000m自己ベストタイムを、区間別にランキング化。

 第95回箱根駅伝区間別自己ベストランキング

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み

 

2019箱根駅伝1区スタート

 スタート直後からアクシデントが訪れる。大東文化大学の新井が転倒し、足を引きずりながら集団についていく展開を強いられる。

 八つ山橋付近で外国人ランナー・東京国際のタイタスが抜け出しを図るも、先頭集団は慌てることなくその背中を窺う。

 

スポンサーリンク

2019箱根駅伝1区中盤

 蒲田の手前辺りでタイタスが先頭集団に飲み込まれる。集団の後ろに付けていた昨年同区間賞を獲得した東洋の西山が徐々に前目に付け始める。5連覇のかかる青山学院の橋詰は変わらず虎視眈々と前の様子を窺う。

 

スポンサーリンク

2019箱根駅伝1区ラスト

 六郷橋で西山がスパートを仕掛ける。中央大の雑草ランナー中山が食らいつく。青山学院の橋詰は前の二人に遅れを取る。

 西山と中山のデッドヒートはゴールまで続き、西山が1秒差で中山を振り切り、2年連続区間賞に輝く。青山学院の橋詰は3位でフィニッシュも、わずか6秒遅れ。5連覇に向け上々の滑り出しを見せる。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー