花の2区には例年通り大学トップクラスのランナーが顔を揃えた。

タスキの重みだけでなく、個人としての記録争いにも注目が集まる。

 

2019箱根駅伝区間エントリー

 各選手の10000m、ハーフマラソン、及び10000mとハーフマラソンをプラスした自己ベストタイムを掲載。

 第95回箱根駅伝区間エントリー

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み

2019箱根駅伝区間別自己ベスト順

 10000m自己ベストタイムを、区間別にランキング化。

 第95回箱根駅伝区間別自己ベストランキング

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み

 

スポンサーリンク

2019箱根駅伝2区スタート

 東洋の山本、中央の堀尾が序盤から後続を引き離す。

 日大のワンブイがトップのタイムで横浜駅前を通過。青山学院の梶谷はトップと25秒差の4位で通過。

 

2019箱根駅伝2区中盤

 権太坂に入っても東洋と中央のトップ争いが続く。青山学院は42秒差の9位と離される。

 ワンブイはここでもトップのタイムで通過し、7人抜き。リオ五輪に出場した順天大の塩尻も負けじと区間2位のタイムで駆け抜け、5人抜き。

 

スポンサーリンク

2019箱根駅伝2区ラスト

 権太坂の下りを終えた辺りで、山本が抜け出す。

 最後の坂で国士舘大のヴィンセントが堀尾と山本を捉え、突き放す。そのまま5秒差をつけてトップでタスキリレー。

 ワンブイが13人抜きの区間賞。関東インカレを制した実力を見せつけた。2位には最後の箱根となる塩尻が10人抜き。箱根では苦汁を飲まされ続けたオリンピアンが、最後の最後で意地を見せた。

 青山学院は1分5秒離されての8位。5連覇に向け、暗雲が漂う。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー