湘南の風を受けて走る3区。

5連覇をかけた青山学院はキャプテン起用で追い上げなるか。

 

2019箱根駅伝区間エントリー

 各選手の10000m、ハーフマラソン、及び10000mとハーフマラソンをプラスした自己ベストタイムを掲載。

 第95回箱根駅伝区間エントリー

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み

2019箱根駅伝区間別自己ベスト順

 10000m自己ベストタイムを、区間別にランキング化。

 第95回箱根駅伝区間別自己ベストランキング

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み

 

2019箱根駅伝3区スタート

 出雲で区間賞を獲得した東洋大の吉川が、スタートから国士舘大の多喜端を置き去りにする。

 遊行寺坂でのトップタイムは明治大の阿部。10000m27分台の実力を如何なく発揮。青山学院のキャプテン森田は区間5位の走りで、東洋大との差を56秒に縮める。

スポンサーリンク

2019箱根駅伝3区中盤

 茅ヶ崎で東洋大がトップで通過するも、徐々にその差が詰まってくる。森田が区間2位の走りで、東洋大との差を21秒に詰める。

 明治大の阿部は変わらずの快走で4人抜き。森田を上回るトップタイムで通過。

 

スポンサーリンク

2019箱根駅伝3区ラスト

 残り3km地点で森田が吉川を捉え、最後はデッドヒート。

 ラスト1kmで森田が抜け出す。結局は区間賞+区間新記録の8人抜きでトップのタスキリレー。東洋大に8秒の差をつけた。

 明治大の阿部は区間2位の5人抜き。驚くべきは帝京大1年生の遠藤。3区の10000m自己ベスト2位、1年生選手の中ではトップタイムのスーパールーキーは、8人抜き区間3位の走りを見せた。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー