スピードランナー集う4区。

青山学院はこのままトップを駆け抜けるのか。東洋大はスーパーエースで追い上げなるか。

 

2019箱根駅伝区間エントリー

 各選手の10000m、ハーフマラソン、及び10000mとハーフマラソンをプラスした自己ベストタイムを掲載。

 第95回箱根駅伝区間エントリー

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み

2019箱根駅伝区間別自己ベスト順

 10000m自己ベストタイムを、区間別にランキング化。

 第95回箱根駅伝区間別自己ベストランキング

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み

スポンサーリンク

2019箱根駅伝4区スタート

 スタートから4区10000m自己ベストトップの東洋大・相澤が、青山学院の岩見を突き放し、リードを広げる。

 二宮で相澤は区間記録を上回る快走で、岩見との差を1分1秒に広げる。岩見は区間11位と苦しい走り。

 

2019箱根駅伝4区中盤

 残り3km小田原本町に入っても相澤の快走は止まらない。区間記録を1分半以上も上回る驚異的なペースで走り続ける。

 区間2位で走るは東海大の館澤。日本選手権1500mを連覇したスピードは、青山学院・岩見を捉え、2位へと躍り出る。

 苦しい走りが続いていた早稲田大だったが、キャプテン清水が区間3位で4人抜きと奮闘する。

2019箱根駅伝4区ラスト

 東洋大相澤がトップでタスキリレー。区間記録を1分半以上縮める1時間0分台の驚愕の区間新を達成。2位東海大との差は2分48秒。3位青山学院とは3分30秒の差をつけた。東海大の館澤は区間2位と実力を示したが、相澤の背中は遠かった。

 4区10000m自己ベスト2位の帝京大・横井も区間3位と存在感を示した。また、エントリー変更で4区に抜擢された大東文化大の奈良が5位で順位を上げ、繰り上げスタートとなったチームを鼓舞した。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー