海風に乗って街へと向かう8区。

東洋と東海の熾烈なトップ争いの明暗を分けるのは。

 

2019箱根駅伝区間エントリー

 各選手の10000m、ハーフマラソン、及び10000mとハーフマラソンをプラスした自己ベストタイムを掲載。

 第95回箱根駅伝区間エントリー

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み
 復路選手変更更新済み

2019箱根駅伝区間別自己ベスト順

 10000m自己ベストタイムを、区間別にランキング化。

 第95回箱根駅伝区間別自己ベストランキング

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み
 復路選手変更更新済み

 

スポンサーリンク

2019箱根駅伝8区スタート

 スタート直後、東海大の小松が前を行く東洋大の1年生鈴木の後ろへすぐさま取りつく。互いに牽制しあい、熾烈なトップ争いを予感させる。

 青山学院1年生の飯田が、区間1位と素晴らしい出だしで前を追う。

 

2019箱根駅伝8区中盤

 鈴木と小松の併走が続く。鈴木は格上の飯田を背にし、プレッシャーを受けながらの走りを続けるも、区間4位のタイムで応戦する。

 青学飯田の快走は続き、茅ヶ崎のポイントで区間1位。ハーフ62分台の記録を持つ駒沢大の伊勢が区間2位で続く。

 

スポンサーリンク

2019箱根駅伝8区ラスト

 14km地点で小松が仕掛ける。鈴木も必死で食らいつくも付いて行けず、差が開く。遊行寺坂の手前で9秒の差がつく。

 小松は最終的に区間新記録をマーク。22年間破られなかった記録を破る大激走。東洋大に50秒差をつけてタスキリレーを果たした。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー