復路最長区間の9区。

東海がキャプテン起用で初の総合制覇へひた走るか。

 

2019箱根駅伝区間エントリー

 各選手の10000m、ハーフマラソン、及び10000mとハーフマラソンをプラスした自己ベストタイムを掲載。

 第95回箱根駅伝区間エントリー

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み
 復路選手変更更新済み

2019箱根駅伝区間別自己ベスト順

 10000m自己ベストタイムを、区間別にランキング化。

 第95回箱根駅伝区間別自己ベストランキング

※当日エントリー変更は、随時更新する予定
 往路選手変更更新済み
 復路選手変更更新済み

 

2019箱根駅伝9区スタート

 50秒の差をもらった東海キャプテン湊谷が1km2分40秒で飛び出す。

 権太坂のポイントで、東洋大・中村との差は1分13秒と開く。

 

スポンサーリンク

2019箱根駅伝9区中盤

 横浜駅前で東海大は東洋大との差を2分12秒差とさらに差を広げ、初の総合制覇が見えてきた。

 青山学院の吉田は、東海大の湊谷の記録を30秒上回る区間1位の記録で、前の東洋大を追う。9区10000m自己ベスト1位の実力を見せる。

 

スポンサーリンク

2019箱根駅伝9区ラスト

 東海大と東洋大との差は2分59秒とさらに開く。東洋大の中村は横浜駅前で区間18位と、苦しい走り。青山学院との差も40秒台と詰められてきた。

 逆に追う青山学院の吉田は、区間1位の快走を続ける。東洋の背中も見え、王者の意地を見せる。最終的に東洋と8秒差でタスキを渡した。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー