【2018年 日本シリーズ 第六戦】
広島0-2ソフトバンク(マツダスタジアム)

睨み付けられた赤い流星群に、もはや成す術がなかった。走れども走れども、その右肩から放たれる一閃に、赤い翼は次々に貫かれていく。

そしてその砲撃は球史に記録を刻み、新たな伝説を作り出した。若き努力家のサクセスストーリーは、これからさらに伝説を紡いでいくのだろうか。

スポンサーリンク

甲斐キャノンが日本シリーズ新記録でMVPに

日本シリーズ第六戦、ソフトバンクが広島を下し、4勝1敗1分で2年連続9回目の日本一の座に輝いた。

カープは初回から田中が盗塁を試みるも、失敗。続く2回も安部が走るが、これも失敗。ホークス甲斐は、これで日本シリーズ6連続盗塁阻止と、新記録を樹立。

4回表にホークスは1アウトランナー2、3塁のチャンスを作ると、7番西田がスクイズを決め、1点を先制。その裏のカープの攻撃は、2番から始まる好打順だったが、ホークス先発バンデンハークが三者連続三振。そして5回表のホークスの攻撃で、3番グラシアルが低めの難しい球をすくい上げたホームランで追加点。完全に流れを握る。【広0-2ソ】

その後は両者チャンスを作れず、最後はホークスの守護神・森が三人で締め、ゲームセット。ホークスが勝利し、2年連続の栄冠を取得。

カープは自慢の足を使った攻撃が最後の最後まで封じられ、持ち味を出せずに完敗。初回の菊池のバント失敗も流れをつかみ切れない一因だった。さらには、中軸を担う丸の不調も痛かった。

ホークスは内川が2戦連続でランナー1,2塁の送りバントを決め、スクイズの1点まで持っていくなど、短期決戦に戦い慣れた試合巧者ぶりが際立っていた。

そして何より、甲斐捕手の肩を持つホークス相手に、足を使いたいカープとの相性は最悪だった。

甲斐選手の記録は、1952年の広田順氏、1958年の藤尾茂氏の持っていた4回連続の記録を更新するもので、実に60年振りとなる快挙だった。そんな快挙を成し遂げた彼には、日本シリーズMVPという栄冠までついてきた。

スポンサーリンク

甲斐キャノンに賞賛の嵐

盗塁阻止という面が評価されてMVPを獲得するなど、聞いたことが無い。しかし、それだけ甲斐選手の活躍は誰もが認めるところであった。

ネットでも賞賛の声が止まらない。

「甲斐キャノン、今年の流行語大賞決定」

「マンガ連載も始まりそうな新スターの誕生」

「30年以上野球観てるが肩のみでMVP獲ったのは初めて見た」

「メジャーなら肩だけで10億」

しかし一方で、半分はカープの采配のおかげという声もある。

「素直にすごいが半分緒方のおかげ」

「甲斐で文句なしだけど緒方がアホだったのもツイてたね」

「緒方が盗塁のサイン出さなかったら絶対取れなかった」

カープ首脳陣が盗塁にこだわり過ぎた采配も、甲斐選手の活躍を後押ししたことは間違いない。

実はアニオタだったという裏の顔を持つ彼だが、その端麗な容姿からは似つかないギャップもあり、ますます注目度が上がっていきそうな気配が漂う。

スポンサーリンク

育成も完璧な最強チーム

ソフトバンクは金満球団とされ、パリーグの各チームのファンから嫌煙されることが多いが、たしかに、資金力に物を言わせた選手の補強もしばしば見られるが、若い選手の育成もしっかりしている。

まさに付け入る隙のない完璧なチームだと、改めて実感。

育成ドラフト6位、11巡目で指名された選手だった甲斐選手を、日本シリーズMVPまで育て上げたことは、脱帽の一言。

打倒ソフトバンク。

他の11球団はその目標を掲げ、来期の戦いへ臨むことだろう。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー