後藤真希不倫擁護で批判浴びる小島瑠璃子

 

小島瑠璃子が後藤真希を擁護するような発言に、ネットは大いに荒れた。

それは確かに、後藤真希のファンを公言する小島瑠璃子の個人的な感情がにじみ出た発言であり、テレビを通して語る言葉としては、公平性が大いに欠けるものだったと評価せざるを得ない。

しかしながら「不倫=悪」と単純に結びつける国民の思考回路にも、甚だ疑問符を投げ掛けざるを得ない

 

スポンサーリンク

小島瑠璃子が後藤真希不倫擁護発言

タレントの小島瑠璃子が、2019年3月17日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、元モーニング娘の後藤真希不倫報道に対し言及した。

 

ワイドナショーでの発言が毎度波紋を呼ぶ小島瑠璃子

 

「モーニング娘。が大好きで、後藤真希さんが一番好きで小学校の時にトレーディングカードをお小遣い全部つぎ込んで買ってたんですよ。後藤真希さんが出た友達と交換して⋯⋯」

マイナビニュース 2019.3.17

 

小さい頃から後藤さんのファンであることを語った小島さん。

後藤さんは週刊誌で不倫を報じられたことを受け、自身のブログで不倫を認め謝罪。夫婦間で関係修復に励むことを誓ったものの、後藤さんの夫は不倫相手を提訴し、法廷で争っている。

そんな泥沼化した関係に小島さんが言及した内容はこうだ。

 

「旦那さんが後藤さんと結婚する時に……どんなに家庭で大変なことがあっても、絶対に夫婦だからいろんなことがあると思うんですけど、最後の最後で『芸能人・後藤真希を守る』という覚悟をして結婚してほしかったなと思いました」

「そこが悲しくて心が痛い。どうにか家庭の中で収められなかったかなと」

 

旦那だから妻を最後まで守るべきという主旨の発言に、ネット上では小島さんに対するバッシングで大炎上した。

 

スポンサーリンク

小島瑠璃子の発言がネットで炎上

小島さんの発言は度々炎上するが、今回もまたなかなかの燃えっぷりだ。

 

「ご主人には芸能人としての後藤真希も守る覚悟を持って欲しかった」 は?こじるり何言ってんの? 不倫したゴマキが悪いんだから、裁判沙汰になったって仕方ないよね? 芸能人だから不倫しても守られる…そんなわけあるかよ。バカなんじゃないの?

twitter(女性)

 

こじるり
旦那は黙って後藤真希を守れ発言
めっちゃ腹立つわ

twitter(男性)

 

うっさい黙れって思ってしまう。
なにがトレーディングカードかw

twitter(男性)

 

女性に嫌われがちの小島さんだが、今回の件では男性からの厳しい声も目立つ。

男性をも敵に回してしまったか?

 

以下のような「こじるり擁護」も見られたが、少数派だ。

 

後藤真希の不倫、元々不倫ぐらいしそうなイメージで、不倫がなくてもとっくに芸能生命終わっていて、何の影響がない。それに引き換え、本当は当事者の問題でどうでもいい思っていて、番組で仕方なくコメントしただけなのに、ネットで袋叩きに遭うこじるり。何か理不尽さを感じる。

twitter(男性)

 

毎度毎度苦しい状況に追い込まれる彼女だが、そんな世間のバッシングなど、そよ風の如く受け流す強さを持つのが小島瑠璃子という存在。

 

 

恐らく、今回の炎上も彼女にとっては気にも留めるべきでない出来事として、記憶の彼方に消し去ることだろう。

 

スポンサーリンク

不倫は悪と決めつける思考回路の単純さ

小島さんの発言そのものは、彼女があまり考えずに発したものであり、失言の類であることは容易に想像できる。内容の薄い意図の発言をしたという側面からすれば、小島さんは批判されて然りであろう。

しかし、個人的に気になったのは「不倫が悪い」と一括りに決めつけるバッシング。

確かに、己の性欲に溺れる等々の不倫は叩かれて然りだが、後藤真希さんが夫からキツいDVやら束縛を受けていた疑いは全く晴れてはいない。

「私が嘘ついてましたと、自分から謝ってたじゃん」

後藤さんがDVを受けていたという意見に対しては、上記のような反論も少なからず出ることだろう。では、それに対し、小生も勝手ながら反論させていただく。

「じゃあ、DVを受けていない証拠はあるのか」と。

後藤さんの謝罪したことが動かぬ証拠と論理を振りかざす者も出てくることであろうが、その謝罪も旦那に言わされた感が強く、それに対しては客観的な証拠など何一つ出ていない。

つまり、不十分な証拠の元に憶測だけで物事を判断するなといいたい。

 

別にこの人を意識したわけではない

 

後藤さんの旦那が裁判で負け、実はDVが本当だったとなれば、事の様相は一変する。後藤さんの不倫は元恋人に助けを求めざるを得ないくらい追い込まれていたと判断する要素が十分に生まれる。

「不倫」という言葉の表面だけを切り取り、後藤さんがなぜそれに走ってしまったのかという議論をまるでせず、彼女がひたすら悪だという結論に至る危険な考えを持つ人が世間に多いことに対し、個人としては大変危惧している。

勿論、小生は単純に後藤さんを擁護しているわけではない。彼女の夫がただ不遇に見捨てられたという可能性もあるわけだし、事実関係がはっきりしない以上、誰が悪いと決めつけるのは時期尚早と言いたいのである。

もっと多くの人が多角的に物事を考え、独りよがりにならない建設的な議論が成されることを強く望む。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー