結局のところ、こういうオチか。

 某在京球団のアンチとしては実に悔しい限り。やはり人間、財力には敵わないのか。

 「理由はいろいろあるが」と彼は語ったが、真意の程はどこにあるのか。

 兎にも角にも宿敵に回ってしまった以上、セリーグ球団のファンとしては、全力でブーイングを浴びせてやることが、彼に対する最高の敬意となるだろう。

 彼自身、それを受け止める覚悟ができた上での移籍だろうから。

 

スポンサーリンク

広島・丸がFA移籍で巨人入りを表明

 広島から国内FA宣言した丸佳浩外野手(29)が巨人移籍を表明した。

 これに対し、丸選手は以下の通り語った。

「ジャイアンツにお世話になります。理由はいろいろあるが、最終的に野球選手、野球人として環境を変えて一から勝負したいと思った」

 「理由はいろいろあるが」

 数ある葛藤に悩まされていたであろう彼が、巨人入りを決意した決め手は何だったのであろうか。

やはりお金説

 プロとして、お金をもらってプレーをする身である以上、それは多いに越したことは無い。

 年額にして6億なんて、一生かかっても使いきれないのではないかと、そんなに必要なのかと小市民は思うわけだが、額の大きさはステータスに過ぎないのだと想像する。

 古巣が提示していた2億少々の報酬が、彼の活躍に見合わないものであることは明瞭である。

複数年契約重要説

 家族愛に溢れていたことで知られている丸選手。

 特に子供の学校転向等の環境の変化に対し大変憂慮しており、複数年契約は彼にとって大きなウェイトを占めていたとの話も。

 広島は4年17億円、3年12億円などの条件を提示したが、ロッテは6年25億、巨人は5年30億の条件を提示していた。

 結果的に巨人の5年という期間を選択したわけだが、ロッテは6年、広島なら環境を変えずに3~4年という条件だったわけで、この点に関しては一定の譲歩があったと思われる。

ジャイアンツ愛説

 やはり、これが一番大きいのではと思う。

 幼いころからG党で松井信者だったという彼は、少なからず巨人でプレーしたいという思いがあったはずだ。憧れの球団であれば、それなりにモチベーションも上がるはず。

 しかし、それには古巣ファンからの手痛いブーイングに耐えねばならない。

 よりによって来季の巨人の開幕カードは広島との一戦とのこと。

 セリーグファンからの冷たい視線に、彼は耐えることが出来るのであろうか。

 

丸の契約金は5年30億と破格

 丸は千葉経大付から2007年の高校生ドラフト3位で広島入り。入団3年目に1軍デビューを果たすと、翌年からレギュラー獲得。2013年に盗塁王、2017年に最多安打、今季は最高出塁率のタイトルを獲得。さらには2017年~2018年と2年連続でリーグMVPに輝いている。

 素晴らしい成績を収めていることは間違いないが、打撃3部門でタイトルを獲得したことはなく、球界の歴史に名を刻める程の活躍を示しているとは、まだ言い難い。

 5年30億、単年で6億という額は、どれほどの評価なのか。

 日本のプロ野球における年俸歴代1位は大魔神こと佐々木一主氏の6億5000万円。

 次いで2位は松井秀喜氏の6億1000万円。

 3位は黒田博樹氏、阿部慎之助選手の6億円。

 丸選手は歴代3位の選手に肩を並べることになる。

 果たしてそこまで価値のある選手であることは、今のところ正直疑問なところ。来年30歳という節目を迎えるが、まだ伸びしろはあるだろうか。

 

スポンサーリンク

全力のブーイングこそファンの務め

 巨人以外のセリーグ球団を応援する人々は、ほぼアンチ巨人である。

 おそらく、小生と同じように、彼らは丸選手のへ冷ややかな視線を送っていることであろう。

 ただ、それは丸選手の超一流ぶりを示すものに他ならない。

 虎党として、セリーグ球団のファンとして、彼へのブーイングは最高の敬意だと思っている。

 というわけで来季は全力で、彼に対し冷酷な視線をぶつけることにする。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー