美爆音を轟かす習志野側アルプス

 

せっかくの好ゲームが台無しである。

習志野高校の「美爆音」は従来から有名であるし、相手となるチームもそれを踏まえ、下準備をした上でゲームに挑む。

さらにはサイン盗みの疑いをかけ、試合後にベンチまで駆け込み抗議する姿勢は、好ゲームに泥を塗った。

地元千葉の高校がこのような形で話題になるのは、何とも胸が痛む。

 

 

スポンサーリンク

習志野高校がサイン盗み疑惑

2019年3月28日に実施された第91回選抜高校野球2回戦、今秋のプロ野球ドラフト1位候補の奥川投手を擁する星稜高校(石川)に、夏の甲子園2度の優勝経験のある古豪・習志野高校(千葉)が挑んだ。

1点を争う投手戦を制したのは?

試合は習志野高校が好投手・奥川から、ポテンヒットやエラー絡みの得点ながらも粘り強く3点をもぎ取る。守っては2回途中からマウンドに上がったエース飯塚が、7回1/3を投げ3安打無失点の好投。少ないチャンスをものにした習志野が3-1で勝利した。

 

牽制タッチアウトを奪った習志野・飯塚投手

 

星稜はプロ注目のエース奥川が粘投するも、2回以降は飯塚の前に打線が沈黙した。

 

プロ注目の星稜・奥川投手

 

1点差勝負を目論んでいた習志野高校がそのプラン通り粘り強く奥川投手を攻略し、ロースコアの好ゲームとなった。

しかし、星稜の林監督がサイン盗みで抗議、また習志野高校応援団の楽器演奏がうるさいと抗議が発生するなど、試合外のところでも物議を醸し、好ゲームながら後味の悪い展開となった。

サイン盗みで星稜監督が抗議

窪田審判副委員長と若林審判幹事が、報道陣の質問に答えた。疑惑があった四回2死満塁の場面の詳細について、以下のように語った。

 

「(星稜の)キャッチャーからサイン盗みがあるとアピールがあったので、審判4人で集まって協議した」

「サイン盗みがあったと判断するに至らなかった。(星稜の)キャッチャーにもそう伝えた。(走者には)紛らわしいしぐさはしないように、とは伝えた」

2019.3.28 デイリー

 

結局、サイン盗みがあったと審判団は判断するに至らなかった。これに対し、星稜監督は以下のように主張。

 

4回表、抗議する星稜・林監督

 

「二塁走者が(打者に向けて)サインを出していた。最初から最後までずっと」

「途中、サインを変えたり投手からサインを出すなど対策したが、それもあって浮ついたところが出てしまい、パスボールなどミスが起きてしまった」

2019.3.28 デイリー

 

林監督は試合後も納得がいかず、習志野・小林徹監督と直接話し合う事態に発展。両校インタビュールーム周辺は騒然となった。

 

「フェアじゃない。証拠はありますよ。映像ここで見せてもいいんですよ」

2019.3.28 デイリー

 

怒りの収まらない林監督だが、そんな彼の姿にネットの反応は冷ややかだ。

 

スポンサーリンク

星稜監督に非難殺到?

果たして本当にサイン盗みがあったとしても、好投手・奥川を習志野打線が打ち崩せたかどうかは疑問だ。むしろ4回の急遽実施したサイン変更でパスボールが生じるなど、相手の疑惑に付け込むことに熱が入って自滅した印象が強い。

ネットの声も林監督の采配に疑問の声をあげる。

大会本部が会見 習志野サイン盗み疑惑で「紛らわしいしぐさはしないようにと…」

 

そんなに簡単に盗めるものなのか?
動揺させる行為では?
どちらにしても監督とすれば相手云々より自分達の野球を貫く姿勢をみせなきゃな。監督、自ら浮ついてしまったのが一番のミスだろう。

 

サイン盗みはもちろんいかんが、
それがあったとしても奥川君は抑える実力を持っていた。
実際、ヒット性の当たりはホームランを除いてほとんど無かった。

はっきり言えるのは、敗因はサイン盗みではなくエラーである事。
えらく精彩を欠く守備だとは思っていたが、事情を聴いて納得した。
同情すべき点はあったとしても、雑念に負けたと言わざるを得ない。

 

サイン盗みはアカン。
正当に抗議するのはOK。

でも星稜の林監督さんが感情的になっているのはアウト。
山下元監督だったら勝負よりも人間教育に力を入れていた。
その意味でも必要以上に感情的になったらダメ。

どんな解決が双方の選手のためになるのか。
全国の球児のための対応。
両校・審判団・大会本部も含めて、ここは冷静に解決してほしい。

 

サイン盗みは禁止行為とされているが、野球とは知力の問われるスポーツであり、ルールの目を巧みに掻い潜って勝利をもぎ取るのは、ベンチの腕の見せどころだと思っている。

「夏までには監督の交代を⋯⋯」などという声もちらほら聞こえるが、林監督はエース奥川君の投球をもっと信頼してほしいと思った。彼は夏の甲子園に向け、相手の作戦云々ではなく、選手たちが自発的に士気を上げられるようなタクトを振るうべきだろう。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー