スポンサーリンク

そもそもサイン盗みはなぜ悪い?

サインなんて盗まれる方が悪いんじゃないか? そんな声も聞こえてくることだろうし、小生もそれに多少なりとも賛同するところがある。

以前は当たり前のように行われていたサイン盗みだが、ある事件をきっかけにそれが禁止されるようになったそうだ。

事の発端は1998年。ダイエー時代のホークスの球団職員が、アルバイト学生に金銭を渡し、相手キャッチャーのサインを応援バットの動きで選手に教えさせていたという疑惑が持ち上がった。疑惑を持たれた選手は、吉永幸一郎・大道典良・柳田聖人の三選手だが、本拠地での成績が目立って良くなっていたわけではなく、証拠不十分で事の真相は迷宮入りとなっている。

 

大道典良選手

 

プレーの外にいる観客とグルになる可能性の芽を摘み、公平性を保つ為にサイン盗みは禁止となったということだが、知力の問われる野球の面白さを損なうような事象で、如何とも納得し難い。

 

サイン盗みと美爆音非難で好ゲーム台無し

物議は試合中の不正行為に止まらず「外野の応援」にまで飛び火した。

習志野高校の応援は、相手チームにも脅威となるほどの大音量「美爆音」として、地元だけでなく甲子園のファンにもおなじみとなっているが、この日は「『うるさい』などという苦情が数件あった」と、大会本部は試合後に明かしている。

 

若者の青春を奪うなかれ

 

ネット上はこの「美爆音」に対しては寛容な声が散見しているが、どうやら問題は別のところにあるようだ。

 

問題は音より、星稜攻撃中のうるささ。相手が攻撃の時は静かにするべき

 

あの応援歌を楽しみに球場に足を運んでる甲子園ファンも沢山いると聞いたことがあります。
なので静かにしろとは言わないけど、相手が攻撃中くらいは大人しくしてほしいよね。今日の星稜戦なんか攻撃も守備もずっとうるさかったぞ。

 

初戦の時アルプスで美爆音聞いてたけど、うるさくはない。ただ相手の攻撃時は静かにしようよ。

今日はテレビで観戦してたけど、気になったのはアナウンサーがやたら美爆音美爆音を連呼すること。「美爆音で相手を威圧します」とか、あくまで野球なのに、なんか違うんじゃない?と思った。

 

どうやら、星稜攻撃中も習志野アルプスは湧き上がっていたようだ。

たしかに野球の応援において、ファンが相手の攻撃中はその様子を静かに見守るのは、常態化した光景である。

それは基本的に、相手の攻撃の場面には「興味がない」から静かにしていることが実態だと思うのだが、果たしてそれが共通の「マナー」なのかどうかは甚だ疑問である。ピンチを背負った投手に声援を送ることも、応援であることに変わりはない。

兎にも角にも、「音量」にせよ「相手攻撃中」にせよ、外野の応援を規制するものが無い以上、習志野高校ブラスバンド部を「マナー」という言葉で縛り上げる道理はない。彼らは自分たちの今しかない青春を、ルールの中で謳歌しているのだから。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー