スポンサーリンク

習志野高校は準優勝に終わる

2019年4月3日、習志野高校は決勝で東邦(愛知)との大一番を迎えた。

結果は0-6の3安打完封負けで、初のセンバツ優勝を逃した。この日は自慢の機動力が活かせず、3併殺を喫するなど攻撃の面で非常に淡白だった。

決勝もまた初回から失点する展開となった。ただし、先発・山内の球は決して悪くはなかった。低めを丁寧についていたが、それを打ち砕いたのが東邦のエース・石川。

 

山内のスライダーを弾き返す石川

 

低めをついていたものの、真ん中寄りに入ってきたスライダーを石川は見逃さなかった。打球は甲子園の深いバックスクリーンに吸い込まれていく、先制の2ラン。東邦はその後も、7番吉納の3塁打などで1点を加えて3点をリードする。

逆転に次ぐ逆転で勝ち上がってきた習志野は、ここから粘って反撃したいところだったが、先頭打者を出した直後に併殺に終わるパターンが続き、波に乗れない。

さらに、今日は東邦の先発・石川の球が冴えに冴えていた。球速はそこそこも球威のあるストレートは、狙いすましたかのように四角をつく。コントロールも抜群だった石川のピッチングに、習志野打線は凡打の山を築き上げられた。

5回にはエース・飯塚がマウンドに上がるが、ここでも石川の打棒は止まらない。初球のスライダーをおっつけて、ライトスタンドまで運ぶ。

 

甲子園で右打者が右翼席にホームランを放つのは至難の業

 

相手エースに2本のホームランを打たれ、完璧なピッチングをされては成す術もない。完全に「ゾーン」に入っていた石川の前に、習志野は屈する他なかった。

ここまで完璧に負けると、むしろ清々しい。素直に東邦ナインたちの強さを讃えたい。

 

県民を湧き立たせた球児達に感謝

「サイン盗み」で変に話題を呼んでしまった習志野ナインだが、その後はそれを払拭する見事な活躍だった。千葉県勢が甲子園で決勝に進むのは、2000年夏の甲子園で東海大浦安が果たして以来19年振りと、実に久しい。

高校野球・千葉県 歴代甲子園出場校成績(1915年~)

県民の心を熱くした習志野高校の球児たちに、改めて称賛の声を送りたい。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー