【2018年 日本シリーズ 第三戦】
広島8-9ソフトバンク(ヤフオクドーム)

見応えのある乱打戦。

しかし、点差以上に内容は一方的だった。

勝負の世界はミスが勝敗を分ける。

改めてそれを実感した一戦だった。

スポンサーリンク

日本シリーズ第三戦の戦評

1回表、先頭田中が四球で幸先よく出塁も、2番菊池は送れず、何も出来ずに三球三振。続く丸は、ホークス先発ミランダのチェンジアップにまったくタイミング合わず、最後は外高目のストレートを空振り三振。さらにスタートを切っていた田中が刺され、三振ゲッツー。またも甲斐の肩にカープは機動力を封じられる。

1回裏、2番明石に初ヒットが飛び出すも、カープ先発九里は、サード安部の好守にも助けられ、後続をピシャリ。

序盤は静かな立ち上がり。

3回表、先頭野間のファースト強襲ヒット出塁から、1アウト満塁のチャンスを作るも、2番菊池、3番丸と連続三振。

第二戦とうって変わり、カープの上位打線は機能せず、得点圏に弱いところを露呈してしまう。

4回裏、3回、4回とピンチを凌ぎ続けたホークスは、1アウトから4番柳田、5番デスパイネと連続で四球を選び、ランナー1、2塁のチャンスを作る。すると6番中村が一二塁間をしぶとく破り、ホークスが先制。さらに8番今宮も外のスライダーをレフト前へ運び、追加点。ホークス打撃陣は、外中心の配球を上手く読み切った。逆にカープバッテリーは慎重になりすぎた。【広0-2ソ】

5回表、先制されたカープは、1アウトランナー無しから、9番安部が3球目の甘めにきた外のストレートをライトスタンドへ運び、1点を返す。2アウトから2番菊池が出塁するも、3番丸は三振に倒れる。【広1-2ソ】

丸は今日三度目の三振と、完全にブレーキ。

5回裏、先頭の上林が日本シリーズ初ヒットを放つと、明石の送りバント、グラシアルのヒットでランナー1、3塁のチャンスを作る。続く4番柳田が4球目のフォークを何とか当て、一二塁間に転がすと、ゴロを処理したファーストのメヒアが二塁へ悪送球。三塁ランナー上林が生還し、追加点。さらに続くデスパイネの高く跳ねたゴロの間に、グラシアルが生還し、この回2点目。カープは九里からヘルウェグに代え、後続を断つ【広1-4ソ】

ホークスはエラーと内野ゴロの間の得点と、ツキを味方につける。

6回表、先頭の鈴木が3球目高めボール球のストレートを逆方向に飛ばし、ライトスタンドへホームランを放つ。ここでホークスはピッチャーをミランダからルーキー高橋礼にスイッチ。続く5番松山のどん詰まりのフライがセンターへのポテンヒットとなる。6番バティスタは三振に倒れるも、7番野間がレフト前に運び、1,2塁のチャンスを作る。続く8番曾澤が外低めのストレートを逆らわずにライト前へヒットを放ち、さらにもう1点を返す。ホークスは2番手高橋礼をあきらめ、左のモイネロにスイッチ。カープは未だ続くチャンスで、前の打席でホームランを放った9番安部を迎えるが、センター方向のゴロはセカンド明石のミットに収まり、4-4-3のダブルプレー。【広3-4ソ】

カープが4番の一振りをで流れを引き寄せたかに見えたが、ホークスが自慢のリリーフ陣の一角でそれを寸断する。

6回裏、カープは3番手岡田がマウンドに上がる。ホークスは代打松田、1番上林が倒れるも、2番明石がツーアウトからレフトへラッキーなあたりで出塁。続くグラシアルがセンター前ヒット。スタートを切っていたランナー明石は三塁へ。ランナー1、3塁で4番柳田を迎えると、三球目高めストレートを振り切った当たりはショート前へ高く跳ねた内野安打となり、1点を追加。さらに続く5番デスパイネが外高め151kmのストレートを捉え、逆方向に飛んだ打球はライトラッキーゾーンに吸い込まれ、ダメ押しの3ランとなる。【広3-8ソ】

ホークスは2アウトから大量点へ繋ぎ、完全に主導権を握る。

7回表、引き離されたカープは、ホークス4番手武田の前に、1アウトランナー1塁の場面を作り、今日不調の3番丸を迎える。丸は強烈な当たりを放つも、ファーストライナーでゲッツーとハードラック。

カープの悪い流れは止まらない。

7回裏、カープは4番手中田がマウンドにあがる。2アウトランナー無しから代打髙谷が外低めのストレートを引っ張って、ライトラッキーゾーンへ運ぶ。【広3-9ソ】

ホークスは勝利に向け追加点をあげ、万全の体制。

8回表、先頭鈴木が5番手加治屋のど真ん中のストレートを、今度はレフトスタンドへ運び、今日2本目のホームランで1点を返す。続く5番松山は強烈なライトライナーで倒れるも、6番バティスタのヒットを皮切りに、1アウト満塁の場面を作り、迎えるは今日ホームランを放っている9番安部。続けざまに投げ込まれた2球目外低めのカーブは、痛烈なライナー性の当たりで弾き返され、ライトスタンドへ突き刺さる。安部の今日2本目のホームランはグランドスラムに。【広8-9ソ】

2本目の4番のホームランは、再びカープ打線に火を付け、試合を混沌とさせる。

9回表、ホークスはクローザーの森をマウンドに送り、カープのクリーンナップに挑む。鈴木、バティスタがヒットを放ち、2アウトランナー1,3塁の場面を作るも、最後は野間がファーストゴロに倒れ、ゲームセット

スポンサーリンク

日本シリーズ第三戦の勝敗を分けたポイント

カープは序盤に本拠地負けなしのミランダからチャンスを作るも攻め切れなかったこと、中盤エラー絡みで点を与えてしまったこと、これが最後の最後まで響いた。先発の九里が3回まで好投を見せていただけに、序盤で援護できなかったのは痛かった。3回表で先制できていれば、全く違う展開になっていただろう。

ホークスは地の利を生かし、またやり慣れたDH制で、デスパイネの長打力を存分に活かすこともでき、CSファイナルで打ち勝った打線が息を吹き返した。4回裏にカープバッテリーが弱気になっていたところを攻め立て、三戦目で初の先制点をあげたことは、チームにとって非常に大きかった。

スポンサーリンク

接戦はミスが勝敗に影響する

序盤で点を取れなかったカープは焦りからか、4回裏で外スラ中心の配球で連続四球でチャンスを与え、5回裏にはエラーで点を与えた。終盤に驚異的な追い上げを見せるも、立て続けに起こしたミスを取り返せるほど、頂上決戦は甘くなかった。

ホークスは自慢の投手陣が打ち込まれるも、目立ったミスはなく、ソツのない野球を展開していた。

一戦目は両チームとも決定打に欠き引き分け。二戦目はホークスの攻撃的なオーダーがはまらずに自滅。三戦目はカープが守りのミスから自滅。日本一への流れは、まだどちらに傾いているか、まったく判断がつかない。

下馬評通り、やはり最後までもつれるのか。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー