【2018年 日本シリーズ 第二戦】
広島5-1ソフトバンク(マツダスタジアム)

お試しするほどの余裕があったのか。それとも、何とかテコ入れしなければならないくらい追い込まれているのか。

手に取るように予測できた、両者譲らず死力を尽くした後の第二戦。

頂上決戦と銘打つ割には、シーズン中と変わらぬ淡々とした試合展開だった。

スポンサーリンク

日本シリーズ第二戦の戦評

1回裏、カープは先頭田中が二塁打(デスパイネの不味い守備)で出塁すると、2番菊池は手堅く犠打を決め、犠牲フライでも先制の場面を作る。3番丸は三振に倒れるも、続く4番鈴木のボテボテのショートへの当たりは、内野安打になり、1点を先制。【広1-0ソ】

綺麗なタイムリーではなく、内野安打で1点をもぎ取る辺りが、チャンスに弱い今年のカープ打線を象徴していたように思える。

一方のホークスは、カープ先発ジョンソンの前に、3回までパーフェクトに抑えられる。デスパイネと松田宣を先発起用し、攻撃的布陣を敷いた工藤監督の采配が、序盤は完全に鳴りを潜めた。

3回裏、再び1番から打順の戻ったカープは、田中が1打席目に続くヒットで出塁。続く2番菊池の力無い当たりを処理したセカンド川島だったが、2塁への送球が悪送球になり、ノーアウト2・3塁の場面を作ってしまう。

ここまでヒットの無い3番丸が、レフトのフェンスギリギリのファールフライを打ち上げ、デスパイネがこれを捕球。3塁ランナー田中がタッチアップで生還し、追加点。【広2-0ソ】

一気呵成といきたいカープだったが、続く4番鈴木は三振に倒れる。ここで意気消沈かと思われたが、チームで唯一今シーズン得点圏打率3割越えの5番松山が、三遊間をしぶとく破り、さらに得点を追加。【広3-0ソ】

チャンスに弱い丸の犠牲フライ、逆にチャンスに強い松山のタイムリーと、ここもまた今シーズンのカープらしい得点。

4回表、2巡目に入ったホークスは、先頭川島が四球を選び、今日初めての出塁。続く2番今宮はセンターへクリーンヒット。センター丸がファンブルする間、ランナー川島は3塁へ進み、ノーアウト1・3塁のチャンスを作る。

最高の場面でクリーンナップを迎えたホークスだったが、グラシアルはショートライナー、柳田は三振、デスパイネはショートゴロと、無得点。追加点をあげた後を0点で凌いだカープは、ここで流れを引き寄せる。

5回裏、1アウトから2番菊池がレフト前ヒットを放つと、続く3番丸がライト線への2塁打。ようやく放ったシリーズ初安打は、ランナー1塁の場面の長打というのも、いかにも彼らしい。そして、4番鈴木が、バーデンハークの4球目のスライダーをセンターへはじき返し、2点を追加。中押しに成功したカープは、完全に試合の主導権を握る。【広5-0ソ】

7回表、ここまで好投を続けてきたカープ先発ジョンソンだったが、ここへきて球が浮き始める。柳田、デスパイネ、松田と、ホークスの誇る大砲勢にヒットを浴び、1点を失う。ジョンソンに疲れが見えてきたところを、ようやくホークスの攻撃的布陣が捉え始めたが、時すでに遅し。【広5-1ソ】

8回フランスア、9回中崎と繋いだカープは、ホークス打線を抑え、先勝。ホームで是が非でも欲しかった勝ち星を拾った。

日本シリーズ第二戦の勝敗を分けたポイント

両チーム打者2巡目を迎えた、3回裏と4回表の攻防。ここで上位打線がきっちりと結果を残したか、残さなかったかが、勝負の明暗を分けた。

カープは昨日とほぼ同じ布陣で挑んだが、ホークスはかなりメンバーをいじってきた。結果的にはデスパイネが初回から守備に綻びを見せるなど、流れを作れず、攻撃的に組んだ打線は沈黙。逆に上位打線が機能したカープが、攻めあえぐホークスを完全に圧倒したゲームだった。

スポンサーリンク

工藤監督は攻撃的布陣に何を見出したか

冒頭の疑問に戻るが、お試しするほどの余裕があったのか。それとも、何とかテコ入れしなければならないくらい追い込まれているのか。

工藤監督がどういう意図でこの攻撃的布陣を組んだのかが、今後の戦いを左右する。

昨日はビジターで引き分けに持ち込み、勝ちに等しい内容。余裕のある今日のゲームは、ホームに帰る前に主軸となるバッターを使ってみたかった、また、ケガで戦列を離れていた今宮の調子はどうなのかなど、色々と探りを入れたかった試合として挑んだのだとすれば、今日の負けは非常にホークスにとって価値がある。

球が高くなってきたジョンソンを捉えたデスパイネと松田のヒットを見て、工藤監督は頬を緩めたことではないだろうか。大砲達は甘い球をしっかり捉えるだけの状態にあると。あとは打球が上がってくれればと。今宮もヒットを放ち、守備もそれなりにこなしていたところを見ると、今後も起用できる算段がたったのではなかろうか。

ただし、本当に打線に元気が無くて、考えなしに無鉄砲で今日のオーダーを組んだとなると、一気にカープに日本一の座を譲り渡すことになろう。

カープとしては上位打線が機能したことは喜ばしいことであろうが、自慢の足を使った攻撃が、甲斐と高谷の強肩に封じられてしまっていることは、大きな課題だ。

今日のゲームはカープが圧倒したが、まだまだ混沌とした様相になる雰囲気は、多分に含まれている。ホームに戻ったホークスが、次はどんなオーダーを組んでくるのか、見ものである。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー