偏差値なんかいらない

塾大好き、偏差値大好き日本人

 

偏差値が大好きな日本人。

いつまでこの言葉に踊らされ、騙され続けるのだろうか。

その終わりが見えないことに、ただひたすら嘆く。

 

スポンサーリンク

偏差値に踊らされる日本人

我が家のすぐそこに学習塾がある。そこには子供は制服、親御さんはスーツ姿の正装で身を固める。学校の入学式ならその光景は理解できるが、単なる学習塾に赴くだけでこの仰々しさ。

将来良い大学に入る為にキチンと教育してやるから正装で赴いて来いと、塾側が親に向けた暗に秘めるメッセージなのだろうか。事の真相は不明だが、やはり日本における塾やら私学の優位性は確固たるものがあると窺わせる。

下記にて塾と私学は日本の教育格差を助長していると、拙ながら持論を展開させて頂いている。

 

 

詰め込み教育だのゆとり教育だの、その在り方に対する是非が二転三転する日本の教育だが、そんな偏差値偏重スタイルも一定の効果が見られると評価するのは、かの著名なジャーナリスト池上彰氏。

アメリカでは足し算、引き算、暗算が出来ない人がたくさんいるのに、日本では津々浦々でそれができる学力を有する人がいると、下記にて言及している。

偏差値にとらわれ過ぎ! 教育“後進国”日本の問題点を池上彰さん、増田ユリヤさんに聞いた。

その点において、アメリカに比べて日本は教育の格差が少ないという評価が出来るのかもしれない。アメリカは日本よりも学歴社会が顕著だという話も聞く。

しかし、アメリカをはじめとする先進国では「偏差値」などという概念は、教育の中で全くもって適用されていない。欧米諸国で「その大学の偏差値は?」という問いに対しては鼻で笑われるという。

ここで、諸外国からバカにされ、日本人が大好きな「偏差値」という考え方について、改めて考えてみたいと思う。

 

スポンサーリンク

偏差値のメリットデメリット

偏差値の存在意義について考察を進めてみると、何が嬉しくてそれが存在するのかという点が浮上する。つまり「偏差値のメリットって何?」ということである。

偏差値のメリット

結論「人の優劣を簡単に判断できる」という点に尽きると考える。

頭の良さで国家公務員になれるか、優良企業に入れるかが決まる仕組みにおいて、偏差値という基準は実に利便性が高い。

偏差値のデメリット

しかし、ここでいう「人の優劣」「頭の良さ」とは「勉強が出来るか出来ないか」という狭い視点に限られてしまう。しかもその「勉強」とは「テストでいい点を取れるか否か」とさらに局所化が進む。

日本の教育が目指すものは「国家公務員」という頂に登るため。そこに国力を維持しようなどという大義は存在しない。もし、そのような意義があるのだとすれば、税収をむしり取り、予算を無駄に溢れ出させるような国家になっていないはずである。

テストでいい点を取れる能力に長けた人間だけが、国家を動かす存在になる。国のブレーンとなるべき存在に多様性が欠けている現状では、悪しき風習を絶ち、時代に変化に対応できないことは火を見るよりも明らかである。

 

スポンサーリンク

偏差値はいらない

高度経済成長期からバブル崩壊まで、GDPがうなぎ登りに上がり続け、終身雇用が当たり前だった古き良き時代。そんな国家の方針に従っていれば安心な時代であれば、素直に働く人間こそ重宝されるのは理に適っている。景気が良い時こそ、偏差値偏重の詰め込み教育は十二分に効果を発揮する。

しかし、今の時代はどうか。

某与党の代表は「いざなぎ景気を越える経済成長」などと自国の経済を自慢気に評価していたが、お世辞にも国民の生活レベルで景気が良い時代とは思えない。

国民が再び景気の良さ実感し、真の幸せを実感する世の中を迎える為には、革新的な人間が増えなければならない。悪しき慣習に従順な人間ばかりが増えては、現状は梃でも動かない。

つまり今の時代、偏差値はいらない。というか、偏差値は即していない。

本当の意味で創造性豊かな人材を育て上げるのであれば、テストで良い点を取ることだけを至上とする体制、並びにそれを正確に評価する偏差値はすぐに撤廃すべきである。

画一的な教育が賛美される時代は、とうに終わっている。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー