去り行く者の連鎖が止まらない。アイドルグループに欠かせない「お笑い」担当の彼女も、人気絶頂の中、そこから去ることになった。

AKBグループも初期の主要メンバーがほとんど抜け、ライバルグループとして設立された乃木坂も同じような事象に陥っている、

アイドルグループ全盛と言われる昨今、その時代が終わろうとしているのかもしれない。

乃木坂46能條愛未が卒業を発表

乃木坂46の能條愛未(23)がグループからの卒業を発表した。12月15日に卒業予定。その時に行われる握手会が最後の活動という。

能條さんは10月5日の北海道のコンサートにて「この場を借りて、みなさんにお伝えしたいことがあるので、少しだけ私に時間をください」と切り出し「私能條愛未は、乃木坂46を卒業します」と発表した。

この決断をしたのは、1年半前の全国ツアー中です。直感というか、感覚で、『もうそろそろここを出て次のステージに行こう』という気持ちが出てきて、スタッフさんと話し合って、今年いっぱいをめどに活動してきました」と経緯を説明。「16歳の時に乃木坂に入って、7年間、本当にたくさんの経験をしました。

乃木坂に入ってなかったらできなかったこともたくさんさせてもらったし、すばらしい景色もたくさん見せていただきました。でも、つらくて、悔しくて、もどかしくて…自分がいやになって、数え切れないほど涙もたくさんたくさん流しました。

この7年間、私にとって悔いはありません。この先も不安はありません。

大切な同期に出会えて、たくさんの壁を一緒に乗り越えて苦楽をともにして。かわいい後輩も入ってきて、最初は怖がられてたけど仲良くなることができて。3期生も入ってきて、すごくキラキラしていて、この子たちがいたら乃木坂の未来は明るいなって思わせてくれました

私は卒業してしまいますけど、乃木坂にはこんなにたくさん魅力にあふれるメンバーがいます。だからこれからも、乃木坂46の応援、そしてアンダーメンバーの応援、よろしくお願いいたします!
日刊スポーツより

 

スポンサーリンク

乃木坂46能條愛未が卒業公演はいつ?

乃木坂46は、2018年5月には中心的存在であった生駒里奈(22)が卒業。生駒さんは4月22日に卒業コンサートをし、5月6日の握手会で乃木坂46としての活動を卒業した。

さらに、今月1日に同じく1期生の若月佑美(24)11月いっぱいの卒業が発表され、9月には西野七瀬(24)が年内限りでの卒業を発表したばかりで、主要メンバーの卒業が相次いでいる。

若月さんの場合、まだ卒業に向けたパフォーマンスは打ち合わせ中で未定とのこと。そのうち、ファンの方々にはご挨拶をするという。

西野さんの場合、活動は年内いっぱいとこちらも曖昧な表現だが、異例の年明けに卒業コンサートを行うことを発表している。もしかしたら、それに合わせて能條さんも登場したり⋯⋯!?

演出としては面白いと思うのだが、一個人の妄想と思ってもらってほしい。

スポンサーリンク

生き抜くための強烈な個性

本当に申し訳ないが、卒業を決めてから、彼女のことをはじめて知った。ファンに対しては薄っぺらい内容で大変心が痛む。

改めて彼女の映像を見てみると、卒業を決めた理由が分かった気がする。明らかにバラエティ向きな資質を秘め、お笑い芸人との舞台をこなすなど、多様な人間関係を作り出している。

こんなことを何度もここで言っているような気がするが、生き抜くための強烈な個性、彼女はそれを持ち合わせていることは間違いない。

乃木坂46という籠の中は、今や彼女にとっては狭い。籠の中を思い切り飛び出し、悠々とその翼を広げ、活動の幅を広げていくべきであろう。

個性を磨くことの大切さを、改めて彼女から学んだ気がした。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー