オジュウチョウサン中山GJ4連覇の瞬間

 

オジュウチョウサンが前代未聞の大偉業をやってのけた。

J・GI4連覇という目を見張る快挙に、土曜に駆け付けた大観衆は酔いしれた。

次に目指すは再び平地の大舞台。

どの馬よりも観衆を呼べるオジュウチョウサンは、日本競馬の宝である。

 

スポンサーリンク

オジュウチョウサンが中山グランドジャンプ4連覇

2019年4月13日、中山競馬場で第21回中山グランドジャンプ(J・GI)が行われ、圧倒的1番人気に支持されたオジュウチョウサンが、同レース4連覇を達成した。

他の陣営も簡単に勝たせるにはいかないと、オジュウチョウサン包囲網が張り巡らされた。

レース中盤以降、マイネルプロンプト、タイセイドリームらが外からオジュウチョウサンを被せにかかる。

飛越を乱されるオジュウチョウサン

 

オジュウチョウサンは飛越を乱されるも、包囲網が作り出した激流に飲まれることなく、追撃を自然体で迎え撃つ。

4コーナー付近から発生した激流から、タイセイドリームが脱落。直線はオジュウチョウサンとシンキングダンサーとの一騎打ちに。

オジュウチョウサン VS シンキングダンサー

 

最終障害までシンキングダンサーは食らいつくが、スパートをかけたオジュウチョウサンは、その差をあっという間に広げ、最後は2馬身半の差をつけて勝利した。

同一GI4連覇を果たしたオジュウチョウサンの乗り越える壁は、もはや障害にあらずか。

 

スポンサーリンク

オジュウチョウサンの次走は宝塚記念か

グランプリレース制度の穴をついたと言うべきか、見事有馬記念へと出走を果たしたオジュウチョウサン。9着に沈むも、直線坂下で先頭に踊り立とうとするなど、見せ場を作った。

今年もまた、宝塚記念出走を目指しているというオジュウチョウサン。

レース後もケロッとしていたオジュウチョウサン

 

この勝利でファンの心を掴んだ彼は、また多くの票を集め、グランプリ出走を果たすであろう。しかも今度は石神騎手が継続して跨るという話もある。

オジュウチョウサンを知り尽くした名パートナーを背にすることで、平地・障害GI制覇という空想の世界の話がより一層現実味を帯びる。

しかしながら、普通の刺激では物足りない競馬狂は、さらなる夢を想像する。

 

スポンサーリンク

オジュウチョウサンがダービーウィークに登場?

宝塚記念のステップレースと言えば目黒記念。ダービー後の最終レース行われるようになった伝統ある一戦は、頂点の戦いで冷めやらないファンの心をさらに燃え上がらす。

平地では準オープン馬の身であるオジュウチョウサンは、もし登録したとしても除外になる可能性は高い。しかし、スーパースターとしての地位を確立させた彼がダービー後に登場となれば、それこそ最高の演出ではなかろうか。

ダービー後にオジュウチョウサンが登場すれば⋯⋯

 

オジュウチョウサンがダービーウィークに出てくるなどということになれば、その経済効果は計り知れないものになるだろう。JRAも笑いが止まらないはずだ。

むしろ宝塚記念より盛り上がるのではなかろうかと思われるオジュウチョウサンの目黒記念出走。そんな競馬狂の夢が、陣営の頭の中に僅かにでもあることを祈る。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー