質問「阿武咲武井咲の違いは何ですか?」

答え(ベストアンサー)「阿武咲は力士で武井咲は女優です。ナンセンスな質問ですね」

質問者の補足「名前似てて知り合いとかだと思いました」

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12139911632

質問者の頭の中がどれだけ空っぽなのか、その中をかち割って見てみたい気もするが、あながち世間との感覚と大きくズレているわけではないらしい。

性別も体格も全く異なるご両人だが、付けられた名前の繋がりに妙な関心を寄せる声が散見している。

 

阿武咲と武井咲がまぎらわしいとの声が続出?

それを聞いた時、くだらぬネタだと鼻で笑っていたが、Twitterで「阿武咲 武井咲」を検索してみると、意外にも両者の名が似ていると関心を寄せるつぶやきが多くみられた。

 

 

 

 

大衆の関心はどこにあるのかと、掴みどころの分からないその心中を察するのは難しいと、改めて感じた次第。

さて、その名前のまぎらわしいとされるお二人だが、今後世間の注目を浴びる存在としてスポットライトが当たりそうな風潮が感じられる。

改めて、彼らの足跡やその名の由来を追ってみることにする。

 

スポンサーリンク

阿武咲(おうのしょう)とは

阿武咲 奎也(おうのしょう ふみや)は幕内力士であり、2017年九州場所では小結まで昇進している。1996年生まれ、2019年1月時点で22歳とまだ若く、将来が有望視されている注目株である。

横綱日馬富士を破り、インタビューを受ける阿武咲関

 

阿武咲(おうのしょう)の名前の由来

阿武松(おうのまつ)部屋の出身であり、頭二文字は師匠である阿武松親方から取ったことは容易に想像できる。そして後ろに付けられた「咲」という字には「土俵上で花が咲くように」との願いが込められているとのことだ。

そもそも「阿武」を「おう」と読むことはあるのか。

山口県萩市に阿武町(あぶちょう)という町がある。その昔、そこには「阿武の松原(あぶのまつばら)」という景勝地があったらしい。その阿武の松原は、古くから和歌で親しまれていて「あふのまつばら」と読まれ「あふ」は現在における「おう」という発音に似通っているという。

そして、江戸時代に活躍したとされる第6代目横綱の阿武松緑之助(おうのまつ みどりのすけ)は、その四股名を阿武の松原から取ったとされている。

つまり「阿武」を「おう」と読むことは古来からの慣習からすれば、何の差支えもなく、むしろ古き良き時代の風情を感じる発音とも言える。

ただし末尾に「咲」という言葉は、激しい突き押し相撲を得手とする彼のスタイルからすれば、少し優しすぎる感があり、名は体を表すとは称し難いと言わざるを得ない。

 

スポンサーリンク

武井咲(たけいえみ)とは

武井 咲(たけい えみ)はオスカープロモーション所属の女優であり、2017年9月1日にEXILEのTAKAHIROと結婚し、大きな話題を集めた。同年10月に産休に入り、2018年3月に女児を出産。同年10月のCM出演で仕事復帰。母になった直後、高級クラブのママというこれまでのイメージを一新する役を演じる。女優としての幅を広げようと試みる彼女の意識の高さから、今後も活躍が期待される。

武井咲(たけいえみ)の名前の由来

「咲という名前は、花が咲くように笑みの絶えない子にと付けてもらった」

引用元
https://news.mynavi.jp/article/20111109-a032/

 

自身の名前について上記のように語る彼女だが、果たして「咲」を「えみ」と読むことは日本語として差し支えないのだろうか。

どうやら「咲」とは「笑」と同義の意味であるという。さらに「咲」は「笑」の古語だということだ。

つまり「咲」を「えみ」と読むことは、日本語的にも大変由緒が深く、当て字で無理やり読ませたなどと非難することは、言語道断と言えそうだ。

笑顔の映える彼女にとって、その名は大変適合しており、まさに名は体を表すと称して過言ではなかろう。

 

共通点はヤンチャだったことくらいか

高校生の頃はヤンキーとまで呼ばれていたがどうかは不明だが、風貌からすると、なかなかヤンチャであったと想像できる打越奎也こと、後の阿武咲関。

聴いている音楽は湘南乃風と答える若かりし阿武咲関

 

こちらも有名な話だが、学生時代はヤンキー仲間とつるんでいたとされる武井咲さん。彼女の場合、13歳で美少女グランプリを獲得した後、妬みからいじめられるようになり、それから自身を守るために、ヤンキーとされるグループにつるむ他なかったとか。

派手目な女子に囲まれる武井咲さん

 

似たような名前ではあるが、接点は全くない異色の二人。

いずれにせよ、その道で一線の活躍を見せる彼らは、高い志を持って自身の仕事に臨んでいることは間違いない。そんな彼らを見習いつつ、陰で見守っていきたいと思った次第。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー