皐月賞はぶっつけで挑むサートゥルナーリア

 

サートゥルナーリアが強すぎてお手上げという声が止まない。

日米オークスを制したシーザリオを母に持ち、さらには菊花賞とジャパンカップを制したエピファネイアを兄とする。血統的な背景は申し分なく、まさに貴公子と呼べる存在。

そしてデビュー以来ムチを入れられることなく勝利を収め、楽々と2歳王者に輝く。そして年明け初戦で皐月賞を制すという前代未聞の快挙。

二冠達成はサートゥルナーリアにとって、壁にすらならないのかもしれない。

 

スポンサーリンク

サートゥルナーリアがぶっつけで皐月賞に出走

2018年末、中山競馬場で実施されたホープフルS(GⅠ)をノーステッキで楽勝したサートゥルナーリアは、トライアルを使うことなく、年明け初戦ぶっつけで皐月賞に挑む。

グレード制導入以降、皐月賞を年明け初戦で迎えた馬の成績は以下の通り。

皐月賞を年明け初戦で迎えた馬の成績

 

サンプルが少ないが、馬券に絡んだ馬は皆無。そもそもこの例の少なさは、ぶっつけ本番で皐月賞に挑んで好走することが、今までの競馬会の常識としてあり得ないことの裏付けだろう。

後にダービーと天皇賞・秋を制したレイデオロも、皐月賞は5着に終わった。レイデオロの場合は状態面に不安があり、ぶっつけにならざるを得なかったという背景があった。レイデオロ陣営もトライアルを使って挑みたかったというのが本音だろう。

後のダービー馬でさえも、ぶっつけ皐月賞は厳しかった。

 

しかし、サートゥルナーリアはぶっつけ皐月賞は「予定通り」だという。トライアルを使わずとも楽勝できると、陣営は余裕の態度で構える。皐月賞は云々、ダービーでさえも、この馬にとっては通過点に過ぎないのか。

関係者の声を聞くと、彼が如何に規格外であるかを感じさせる。

 

スポンサーリンク

サートゥルナーリアが強すぎるとの関係者の声

「今年は強い馬が一頭いる」との声が競馬サークル内で続出し、サートゥルナーリア陣営以外、今年のクラシック路線は既に終戦モードな雰囲気を醸し出している。

戸崎騎手(ダノンキングリー)

(デビューからずっと乗ってきた馬でクラシック挑戦は)幸せな気分ですね。有力な馬ですし、その幸せを噛み締めながら結果を出したいです。最後は弾けてくれるように、気持ちよく走らせてあげたいと考えています。3戦3勝で臨めますし、もう1頭負けていない馬(サートゥルナーリア)もいますから、ぜひ楽しんで頂ければと思っています。僕自身も(去年のエポカドーロに続いて)連覇を目指していますし、ぜひ応援よろしくお願いします。

2019.4.10 ラジオNIKKEI

 

川田騎手(ヴェロックス)

ある程度いろいろな競馬に対応できるタイプだと思っていますので、この中山の2000mというコース形態に関しては特に問題ないと思っています。出た枠でやるだけなので、(枠に関して)特にはありません。

(サートゥルナーリアを)ライバルというのも失礼かなと思いますけどね。1頭抜けていると思いますから、あれだけ素晴らしい馬がいるので、そこにチャレンジしていく立場です。何とか良い競馬ができると良いなと思います。

無事に皐月賞の舞台まで辿り着きましたし、素晴らしい馬が1頭いるので、そこに立ち向かっていくのは簡単なことではありません。何とか精一杯ヴェロックスの競馬をして、頑張ってくれると思うので、当日を無事に迎えたいと思います。

2019.4.10 ラジオNIKKEI

 

 友道康夫調教師(アドマイヤマーズ)

今回はGIですし、もう少しペースは上がると思いますので、本来の競馬にはなると思います。そんなに(馬体重の)大きな増減はないと思います。また若干プラスではないかと思いますが、それも成長分だと思っています。この馬の持ち味は並んだ時の勝負根性なので、競馬場とかコース形態は関係ないと思っています。

力があるような馬体をしていますので、少々渋っても馬場は大丈夫だと思っています。

(サートゥルナーリアとは)直接一緒に走ったことはないのですが、ずっとテレビなどで見ています。正直やはり強いですよね。アドマイヤマーズと違って、追い出してからの反応と言いますか、トップスピードに入る時の一瞬のスピードはやはり他の馬とは違うなというところがあると思います。

まだそこまでデムーロ騎手と話していませんが、これから前日、当日と話して作戦を立てます。

春の第一歩の目標で皐月賞2000mですが、ここまで順調に来ています。あとは皆さんの応援よろしくお願いいたします。

2019.4.10 ラジオNIKKEI

 

デムーロ騎手(アドマイヤマーズ)

今回も初めてのコースとコーナー4つになります。距離は1ハロン延びても大丈夫だと思います。2000mまでは問題ないと思います。どんな枠順でどんな展開になるかが問題だと思います。(枠は)真ん中ぐらいが一番欲しいです。

GIですから皆がライバルですね。(サートゥルナーリアには)何回も乗っています。すごく良い馬です。サートゥルナーリアだけでなくいっぱい良い馬が出てきます。楽しみにしています。

(皐月賞は)もう1回勝ちたいです。中山コースは結構難しいです。今まで結構良い馬に乗っていましたが、何回も失敗しました。勝ちたいです。頑張ります。

2019.4.10 ラジオNIKKEI

 

某関係者

歴代の名馬を管理してきた角居厩舎のスタッフも『エピファネイアやリオンディーズも制御できないくらいのエンジンを備えていましたが、この馬の搭載エンジンは規格外。それでいて兄弟ほど気性面の危うさがなく落ち着き払っているし、順調にいけば歴史に名前を残す馬になると思います。距離とか場所とかそういう次元の馬ではない』とのこと。エンジンは兄たち以上、その上兄たちと違って気性も安定⋯⋯これではお手上げです(笑)

2019.4.11 ギャンブルジャーナル

 

他陣営は指をくわえて見ているしかないと言っても過言ではない状況。彼らが白旗を上げるこれらの声は、サートゥルナーリアにとって、年明け初戦という壁は全く問題にならず、彼が前代未聞の歴史を築き上げていく名馬になっていくことを大いに予感させる。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー